書籍版評点

【お知らせ】書籍版なんでも評点『世界のありえな〜い100選』が2月1日、宙出版より刊行!
■ブログ本の常識を破る『ありえな〜い100選』の7つの特長
  1. 読みやすい縦書き2段組
  2. ブログ記事をそのまま収録せず、さらに面白くなるようにブラッシュアップして収録
  3. ネタとしての珍奇さと、読み物としての面白さのバランスが取れた記事100本を厳選 ― 読んで楽しんだ後は、仲間との話のネタが100本も増えます
  4. ブログでは原則廃止した「評点」が3つ1セットの五段階評価方式で復活
  5. イラストレータ西山カルロスさとしさんによるユーモラスな挿絵を随所に挿入
  6. 書き下ろしコラムも収録
  7. カバーには、臆面もなく著者近影付き

(評)ありえる度

2008年05月13日

巨大ダムが四川省地震を誘発した可能性も皆無ではない?

5月12日午後2時半(日本時間3時半)ごろ発生した中国・四川省地震に関しては、“ダム誘発地震”の可能性も考えられるところである。ダムに貯水された膨大な水の重みがエネルギーの貯まった断層を刺激して地震を誘発することは決して珍しくないとされている。その可能性が濃厚な事例が世界中で報告されている(それらの事例については、のちほどリストアップする)。続きを読む

miccckey at 02:42|PermalinkComments(10)TrackBack(6)clip!

2008年04月24日

ポジティブな固定観念なら思いっきり囚われたほうがよい。そうすれば、あなたの能力が見違えるほど向上する。

芸術であれ、ビジネスであれ、スポーツであれ、一個人の生き方であれ、“固定観念”にとらわれていると新しいものを何一つ生むことができない。固定観念は悪であり、極力打破しなければならない。――そう信じられてきた。だが、固定観念を持つことは本当に常に有害なのか?続きを読む

miccckey at 02:32|PermalinkComments(16)clip!

2008年01月04日

25歳の女性が広大な海に落とした鼻ピアスがその3日後、彼氏の釣り上げた魚の腹の中から見つかる

オーストラリア・タスマニア州の州都ホバートの東、タスマン半島の沖に広がる美しい海。12月28日のこと、その広大な海の中に、直径1ミリ、長さ1センチほどの実に小さな装身具が沈んで行った。クリスティ・ブリテンさんという25歳の女性がクリスマスの1週間ほど前から鼻に入れていたスタッド・ピアスだった。続きを読む

miccckey at 17:18|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

2007年04月26日

116歳の童貞男性、やはり童貞を守り続けてきたことが長寿の秘訣と話す

非公認ではあるものの、現時点で世界最高齢の男性は、ウクライナのグリゴリー・ネストルさんだという。彼が3月15日に116歳になったことは、ロイター通信などを経由して日本でも報じられた。その際、彼の長生きの秘訣は「独身を続けてきたこと」などと、当たり障りなく触れられていた。続きを読む

miccckey at 19:40|PermalinkComments(136)TrackBack(4)clip!

2007年04月18日

若い女性スタッフとの本番を含む性セラピーが医療行為として提供され、高い効果を上げている?

女性と話すのが苦手で、女性の手を握ったことすらほとんどない。あるいは、インターネットの画像や動画に中毒になってしまっていて、生身の女性との接し方がわからない。ましてや、女性とお互い素肌で抱き合うようなシチュエーションになろうものなら、緊張しすぎて何もできないか、興奮しすぎて先に果ててしまいそう。続きを読む

miccckey at 18:30|PermalinkComments(26)TrackBack(0)clip!

2007年04月06日

人間の生死をコンピュータに決定させる研究が進む ― 米国国立衛生研究所

米国国立衛生研究所(NIH:National Institutes of Health)臨床生命倫理部のデイビッド・ウェンドラー氏らは、医療現場における極めて重大な判断をコンピュータ・プログラムに任せてはどうかと提案している。多少語弊のある言い方をすれば、人の生死をコンピュータが決定することになる。続きを読む

miccckey at 17:56|PermalinkComments(19)TrackBack(1)clip!

2007年03月23日

若い女性は裸に近い姿になると思考能力が著しく低下することが実験により判明

自分を客観的に見るのは、良いことのように思える。とりわけ、近頃の若い世代は自己を客観視する能力に欠けているなどという苦言もあちこちで聞かれる。しかし、こと“外見”や“容姿”に関しては、今の若い世代の方が旧世代より、はるかに自己を客観視できている。だが、これはあまり良いことではないらしい。続きを読む

miccckey at 18:40|PermalinkComments(16)TrackBack(8)clip!

2007年03月04日

入眠姿勢で性格分類 ― 胎児、丸太、切望、兵士、自由落下、ヒトデの6つのポーズ

仰向けに眠るか、うつ伏せで眠るか、それとも横向きに眠るか。手は体に沿わせるか、枕の方に投げ出すか。自分はいつも眠りに就くときの姿勢が決まっていて、ほかの姿勢では寝付けない。そういう人が多いはずである。続きを読む

miccckey at 16:33|PermalinkComments(9)TrackBack(1)clip!

2007年02月03日

脳に電極を埋め込んで着実に体重を減らす医療技術の臨床実験が開始される

ポーランドの研究者たちが画期的な減量方法の実用化を進めている。最近では、世界各国で胃バイパス手術が絶大な効果を上げているが、実は死に至るリスクもある(少なくとも1パーセントはあるらしい)。脂肪吸引術にもリスクはあり、急激なダイエットに至っては、健康を害したり、結局リバウンドしてしまうなど、さまざまな問題が付随する。続きを読む

miccckey at 02:51|PermalinkComments(18)TrackBack(3)clip!

2007年01月24日

世界各国の110万人を対象とした不快音ランキング調査で“げろ吐き音”が第1位に

嫌な音、耳障りな音、耳を塞ぎたくなる音。英国ソルフォード大学音響研究センターのトレイバー・コックス教授率いる研究チームが世界各国総勢110万人以上の被験者を得て、不快音のランク付け調査を実施した。続きを読む

miccckey at 17:09|PermalinkComments(6)TrackBack(1)clip!