なんでも評点:(評)まぎらわしさ

(評)まぎらわしさ

2021年08月25日

日本語でも英語でも通じるのはどんな名前?

日本語でも英語でも通じる名前に関心のある人は少なくないだろう。英語圏でも、アニメの影響だろうが、そういう名前が話題になることがよくある。英語Webには、多数の関連記事が見当たるが、ここでは、日本(関西)に数年滞在したことのあるマシュー・コスレットという人物が書いたBaby Names That Work in Japanese and Englishという記事を参照しながら、このテーマについて書いてみる。

名前が我が子にぴったりだと思ったら満足する親もいれば、我が子が一生背負っていく名前を決めるのに何か月もかける親もいる。このコロナ禍の最中にも、新しい命を授かった人がたくさんいる。世界中が苦難を迎えているこの時期だからこそ、世界で通じる名前を我が子につけたいと思う親がいるだろう。
続きを読む

miccckey at 16:28|PermalinkComments(0)clip!

2021年08月17日

米国では博士号合取得者ほど、コロナワクチン接種に消極的と判明

カーネギーメロン大学とピッツバーグ大学の研究者が発表した論文によると、博士号(PHD)取得者ほど、Covid-19ワクチンの接種に消極的であることがわかった。この論文は、Covidワクチンを接種する意欲と教育レベルの間に驚くべきU字型の相関関係があることを示している。続きを読む

miccckey at 17:10|PermalinkComments(0)clip!

2014年03月04日

裏側に体内挿入用の突起 ― リオのダンサーの下腹部を覆う貝殻形装身具のひみつ

リオのカーニバルといえば、全裸と見まがうほど露出の高い衣装をまとった女性ダンサーをまず思い浮かべる人が多いはず。上半身はほぼトップレスのダンサーが普通にいるし、下半身も「前張り」しか付けていないダンサーが多く見られる。
続きを読む

miccckey at 16:03|PermalinkComments(20)TrackBack(0)clip!

2014年02月28日

佐村河内守氏もびっくり ― 10歳になるか、もしくは結婚すると必ず耳が聞こえなくなる一族

2月初めから世間を騒がせている自称作曲家の佐村河内守氏は、35歳のときに医療検査機関から「感音性難聴による両耳全聾」および「両耳鼓膜欠落」と診断され、全聴力を失ったということになっている(同氏の自伝による)。これに関連するといえば大いに関連しそうな話題を8年前に当ブログで取り上げていたことを今頃になって思い出した。
続きを読む

miccckey at 16:39|PermalinkComments(23)TrackBack(0)clip!

2010年08月09日

一卵性双生児の片方が殺人を犯した場合、どちらが犯人かを警察が断定できなくなるという実例が米国で発生

いきなりまぎらわしい話で始めよう。川の西側と東側に市街地があり、どちらにも同じ都市名が付いている。しかし、川の西側と東側は同じ都市ではなく、互いに独立した2つの都市である。そんなまぎらわしいエリアが実際に地球上に存在することをご存じだろうか。続きを読む

miccckey at 23:33|PermalinkComments(18)TrackBack(0)clip!

2010年05月16日

重力に逆らってボールが坂を上っていく仕組みが日本人によって開発され、米国のコンテストで優勝 ― 「反重力四方向すべり台」

英語圏のNew Scientistサイトで、おもしろい動画を見つけたので簡単に紹介しておこう。木で出来たボールがまるで磁石に吸い寄せられているかのように滑り台を“上っていく”。滑り台といっても、木か紙で作られた小さなもの。続きを読む

miccckey at 23:19|PermalinkComments(20)TrackBack(3)clip!

2010年03月21日

オフィスに侵入、周囲のサラリーマンと同化、誰にも気づかれずに堂々と盗みを働く謎の男 ― 監視カメラ映像から存在が判明

フロリダ州タンパで、3月1日、インターナショナルプラザ近傍にある8階建ての雑居オフィスビルで、テナント各社のオフィスからコンピューター用品やスーツが盗まれるという盗難事件が発生した。しかし、入り口のドアが外部から破られた形跡もなければ、怪しい人物を目撃した人もいない。続きを読む

miccckey at 00:41|PermalinkComments(8)TrackBack(1)clip!

2009年09月03日

誰か(異性でもOK)と体が入れ替わるボディ・スワップ・イリュージョンが現実化・・・もとい仮想現実化

被験者を人形や女性に乗り移らせる実験

何かの拍子に誰かと体が入れ替わってしまうという筋書きのフィクションは決して珍しくない。むさくるしい中年男と美少女、あまり意思疎通のできなかった親子同士、赤の他人同士など、さまざまなペアの人物の体が入れ替わってしまう。これと似た現象を人工的に引き起こす実験がスウェーデンで行われている。ストックホルムのカロリンスカ研究所に所属するヴァレリア・ペトコヴァ女史とヘンリック・アーソン氏は、この実験がもたらす疑似体験を"ボディ・スワップ(身体交換)イリュージョン"と呼んでいる。
続きを読む

miccckey at 02:31|PermalinkComments(18)TrackBack(0)clip!

2009年08月23日

双子の兄の彼女といとも簡単にベッドインした弟 ― ばれても行為をやめようとせず第一級性的暴行の疑いで起訴される

愛する人の体に備わっているはずのものが備わっていないことに気づくと誰でもびっくりする。とりわけベッドの中ではそうである。米国コネティカット州ミルフォードで暮らしている25歳の女性Aさんの場合は、今まさに熱く交わり合っている恋人ジョーの左の尻にカウボーイのタトゥーが存在しないことに気づいた。
続きを読む

miccckey at 03:02|PermalinkComments(26)TrackBack(1)clip!

2009年04月24日

ネット用語の「炎上」は英語で何と表現するのか? ― “バーニング(Burning)”ではなく

最近(とりわけネットのあちこちを見ていると)、炎上の英語訳は“バーニング(Burning)”だと単純に考えている人が多いように見受けられる。もちろん“Burning”でも燃えていることに違いはない。しかし、「炎上」という日本語は、何かが炎を上げて燃えさかっているさまを表現するために使われる。“Burning”だと「炎」のイメージが湧きにくい。


ビル炎上中?


続きを読む

miccckey at 02:27|PermalinkComments(9)TrackBack(0)clip!