なんでも評点:(評)まぎらわしさ

(評)まぎらわしさ

2022年09月08日

血糖値を急上昇させず、空腹感や飲酒欲求を減らす天然甘味料パラチノースはダイエット革命を起こす?

今、甘味料のパラチノース(Palatinose)のことがとても気になってる。とてもポジティブな意味で。

ネガティブな意味で気になった甘味料と言えば、アセスルファムKだ。気になり過ぎて2021年に次の記事を書いた。

糖質オフビールの秘密:アセスルファムKは有害なのか
続きを読む

miccckey at 20:55|PermalinkComments(0)clip!

2022年07月08日

台風4号が関東の東沖に残した亡霊雲は安部さん銃撃事件が起きた奈良県を睨み付けていた

台風4号の残像に目を通していた男性が昨日この画像に強い疑念を抱いたそうだ。怪談には早すぎると漏らしながら。彼は、Facebookでいくつものグループを主催している人で、私がしばらくアクティブだった地震・噴火の予知に関するグループも主催しておられる。オカルトを排除しない姿勢がユーザーを集め、同種のグループとしてはFBで最大手の1つだろう。
続きを読む

miccckey at 14:39|PermalinkComments(0)clip!

2022年07月07日

3つ頭の赤ちゃん、余分な2つの頭部の切断手術へ

去年の7月16日に「ニコニコニュース」でテキスト記事としてのみ伝えられた件なのだが、インド北部のウッタル・プラデーシュ州で7月12日、3つの頭を持つ赤ちゃんが生まれた。同州マインプリ地区に住むラーギニーさんが母だ。

ニコニコニュースの記事はテキストだけで完結しており、画像すら含まれていないのだが、英語ソースのレアな記事や映像をサーチする方法を数日前に発見した私が探してみると、該当の映像が見つかった。続きを読む

miccckey at 15:24|PermalinkComments(0)clip!

2022年07月06日

顔面が2つある赤ちゃん、どちらの口からも元気にミルクを飲む

2008年の春先、インドの田舎町で顔が2つある女の子が生まれた。有名なアメリカのアビゲイル&ブリタニー・ヘンゼル姉妹のように2つの首と頭部が1つの胴体を共有しているのではなく、顔面だけが2つある。顔が2つあるネコはときどきニュースになりヤヌス猫と呼ばれるが、ヒトの場合は非常に珍しい。
続きを読む

miccckey at 17:53|PermalinkComments(0)clip!

2022年07月01日

6本足の大人の犬が現れる

六本足の犬は、珍しくない。

6本足の犬映像アソートメント
続きを読む

miccckey at 14:51|PermalinkComments(0)clip!

2022年06月19日

「近親相姦」のワードと概念だけならYouTube広告から排除されない?

近頃、Youtubeを視聴していると、死や殺などの語が絡む音声が部分的にピー音で消されていることがある。かつてAdsenseを手懐けることに苦心していた私には、そのピー音の意図が分かる。広告を配信させるためだ。しかし、殺に絡む音声を消すだけで本当に効果があるのか? はなはだ疑問である。とはいえ、映像を配信している側としては広告のあるなしで大きな影響を受ける。
続きを読む

miccckey at 23:30|PermalinkComments(0)clip!

2022年02月18日

夢島 ― 東京湾に出現した桜島

当ブログは、海外珍ニュースで名が売れた時期があるので、ずっとそれにこだわってきたが、10数年前に大手メディアが海外珍ニュースに力を入れるようになっから、まったく歯が立たなくなった。最近は、災害系にシフトしてきたが、今や検索エンジンからしか人が来ない(今でも必ずリンクを貼ってくれる女神のような超有名サイトが1つだけあるが)。アクセス数は300ないしは800分の1まで減った。この10年ほど、まったくお金を稼げていない。

アクセスが減る前、Google Adsenseに対して私が変更した設定はすぐに更新されていた。1日のアクセス数が今の1年分くらいあったからだと最近になってようやく気付いた。

また、コメント数が夥しく多い記事がよくあった。悪意を持って荒らされていると感じたこともたびたび。中国関係の記事には、アンチ中国のコメントが連なり、中国か、親中派に睨まれ、出版した本の版元に圧力がかかって、普通に売れていた本が廃版になり、編集者が首になる事態を招いた。今思えば、それもアクセス数の「賜物」であった。

もう好き勝手するか。と思い、小説みたいなものを断片的に公開したこともあるが、何かに応募することを目的としていたりして既製の体裁にとらわれてきた。もっと好き勝手しよう。

これから《厄災パラレルワールド》と題するコンテンツをぼちぼち追加しようと思う。基本的にはSFショートショートなのだが、体裁は考えない。賞に応募するとかは何も考えない。「厄災」と言っても災害とは限らない。個人が直面する厄災もある。

そんなにアクセスを呼べるものではないと思う。だが、世界珍ニュースを伝えていたころの経験と、SFまがいのものを書いて発表の場もなかった知識の「燃えカス」を焼きイモの最後の火にくべるような無駄な抵抗をもう少し続けてみる。

「パラレルワールド」と題するのは、ツキに見放された人間って、たいてい自分が並行宇宙に彷徨いこんだせいだと思い込むものだからだ。大きく違っていれば、人は諦めて受け入れる。微妙にずれた世界に来てしまったからこそ、微妙にうまくい行かず、ツキに見放されたと感じている。そういうものだ。

というわけで、一遍目がこれ。東京湾が鹿児島湾に似ているというネットの最新の話題にインスパイアされた。文学や小説のように人を描く気は端からない。描くのは、あくまでパラレルワールドに起きたと筆者がでっち上げる事象。
続きを読む

miccckey at 17:10|PermalinkComments(0)clip!

2021年12月08日

日本埋没

地震や火山活動、さらには造山活動の原動力を生み出しているのがプレートです。日本列島は4枚のプレートがぶつかり合う場所に立地しています。地震や火山活動、そして造山活動が盛んなのは、そのためです。しかし、造山活動があれば、逆の動き―つまり、「沈没」もあるのではないか、というのが「日本沈没」の基本コンセプトだと理解します。続きを読む

miccckey at 15:19|PermalinkComments(0)clip!

2021年11月15日

琵琶湖の水位低下は、地震の前兆として知られる地下水の異常が原因か?

私は、2019年の春に脳出血を患ってから、ロードバイクに乗っていない。以前は、琵琶湖周辺にもよく走りに行っていた。琵琶湖は、まさしく陸の中の海。湖岸に立って水面を眺めていると、凪いだ瀬戸内海と変わらぬ光景が目の前に拡がる。ロードバイクに乗っているときは、湖岸でのんびり時間を潰している余裕などないのだが、釣りでも琵琶湖によく訪れていた。
続きを読む

miccckey at 16:28|PermalinkComments(0)clip!

2021年11月10日

フラグを立てるのはGoToであるという「まぎらわしさ」

gotoトラベル・キャンペーンを使ったことが一度もない私だが、GoToは出来るだけ使うなと言われている業界があることを知っている。主にC言語プログラミング業界がそうだ。処理の移動先を指定するgotoステートメントをなるべく使うなと言っているのだ。Basic系言語(VBA)によるプログラミングは、私が得意としているがgotoをそこまで嫌わない。

■参考記事:http://wisdom.sakura.ne.jp/programming/c/c11.html続きを読む

miccckey at 21:31|PermalinkComments(2)clip!