なんでも評点:(評)まぎらわしさ

(評)まぎらわしさ

2022年02月18日

夢島 ― 東京湾に出現した桜島

当ブログは、海外珍ニュースで名が売れた時期があるので、ずっとそれにこだわってきたが、10数年前に大手メディアが海外珍ニュースに力を入れるようになっから、まったく歯が立たなくなった。最近は、災害系にシフトしてきたが、今や検索エンジンからしか人が来ない(今でも必ずリンクを貼ってくれる女神のような超有名サイトが1つだけあるが)。アクセス数は300ないしは800分の1まで減った。この10年ほど、まったくお金を稼げていない。

アクセスが減る前、Google Adsenseに対して私が変更した設定はすぐに更新されていた。1日のアクセス数が今の1年分くらいあったからだと最近になってようやく気付いた。

また、コメント数が夥しく多い記事がよくあった。悪意を持って荒らされていると感じたこともたびたび。中国関係の記事には、アンチ中国のコメントが連なり、中国か、親中派に睨まれ、出版した本の版元に圧力がかかって、普通に売れていた本が廃版になり、編集者が首になる事態を招いた。今思えば、それもアクセス数の「賜物」であった。

もう好き勝手するか。と思い、小説みたいなものを断片的に公開したこともあるが、何かに応募することを目的としていたりして既製の体裁にとらわれてきた。もっと好き勝手しよう。

これから《厄災パラレルワールド》と題するコンテンツをぼちぼち追加しようと思う。基本的にはSFショートショートなのだが、体裁は考えない。賞に応募するとかは何も考えない。「厄災」と言っても災害とは限らない。個人が直面する厄災もある。

そんなにアクセスを呼べるものではないと思う。だが、世界珍ニュースを伝えていたころの経験と、SFまがいのものを書いて発表の場もなかった知識の「燃えカス」を焼きイモの最後の火にくべるような無駄な抵抗をもう少し続けてみる。

「パラレルワールド」と題するのは、ツキに見放された人間って、たいてい自分が並行宇宙に彷徨いこんだせいだと思い込むものだからだ。大きく違っていれば、人は諦めて受け入れる。微妙にずれた世界に来てしまったからこそ、微妙にうまくい行かず、ツキに見放されたと感じている。そういうものだ。

というわけで、一遍目がこれ。東京湾が鹿児島湾に似ているというネットの最新の話題にインスパイアされた。文学や小説のように人を描く気は端からない。描くのは、あくまでパラレルワールドに起きたと筆者がでっち上げる事象。
続きを読む

miccckey at 17:10|PermalinkComments(0)clip!

2021年12月08日

日本埋没

地震や火山活動、さらには造山活動の原動力を生み出しているのがプレートです。日本列島は4枚のプレートがぶつかり合う場所に立地しています。地震や火山活動、そして造山活動が盛んなのは、そのためです。しかし、造山活動があれば、逆の動き―つまり、「沈没」もあるのではないか、というのが「日本沈没」の基本コンセプトだと理解します。続きを読む

miccckey at 15:19|PermalinkComments(0)clip!

2021年11月15日

琵琶湖の水位低下は、地震の前兆として知られる地下水の異常が原因か?

私は、2019年の春に脳出血を患ってから、ロードバイクに乗っていない。以前は、琵琶湖周辺にもよく走りに行っていた。琵琶湖は、まさしく陸の中の海。湖岸に立って水面を眺めていると、凪いだ瀬戸内海と変わらぬ光景が目の前に拡がる。ロードバイクに乗っているときは、湖岸でのんびり時間を潰している余裕などないのだが、釣りでも琵琶湖によく訪れていた。
続きを読む

miccckey at 16:28|PermalinkComments(0)clip!

2021年11月10日

フラグを立てるのはGoToであるという「まぎらわしさ」

gotoトラベル・キャンペーンを使ったことが一度もない私だが、GoToは出来るだけ使うなと言われている業界があることを知っている。主にC言語プログラミング業界がそうだ。処理の移動先を指定するgotoステートメントをなるべく使うなと言っているのだ。Basic系言語(VBA)によるプログラミングは、私が得意としているがgotoをそこまで嫌わない。

■参考記事:http://wisdom.sakura.ne.jp/programming/c/c11.html続きを読む

miccckey at 21:31|PermalinkComments(2)clip!

2021年08月25日

日本語でも英語でも通じるのはどんな名前?

日本語でも英語でも通じる名前に関心のある人は少なくないだろう。英語圏でも、アニメの影響だろうが、そういう名前が話題になることがよくある。英語Webには、多数の関連記事が見当たるが、ここでは、日本(関西)に数年滞在したことのあるマシュー・コスレットという人物が書いたBaby Names That Work in Japanese and Englishという記事を参照しながら、このテーマについて書いてみる。

名前が我が子にぴったりだと思ったら満足する親もいれば、我が子が一生背負っていく名前を決めるのに何か月もかける親もいる。このコロナ禍の最中にも、新しい命を授かった人がたくさんいる。世界中が苦難を迎えているこの時期だからこそ、世界で通じる名前を我が子につけたいと思う親がいるだろう。
続きを読む

miccckey at 16:28|PermalinkComments(0)clip!

2021年08月17日

米国では博士号合取得者ほど、コロナワクチン接種に消極的と判明

カーネギーメロン大学とピッツバーグ大学の研究者が発表した論文によると、博士号(PHD)取得者ほど、Covid-19ワクチンの接種に消極的であることがわかった。この論文は、Covidワクチンを接種する意欲と教育レベルの間に驚くべきU字型の相関関係があることを示している。続きを読む

miccckey at 17:10|PermalinkComments(0)clip!

2014年03月04日

裏側に体内挿入用の突起 ― リオのダンサーの下腹部を覆う貝殻形装身具のひみつ

リオのカーニバルといえば、全裸と見まがうほど露出の高い衣装をまとった女性ダンサーをまず思い浮かべる人が多いはず。上半身はほぼトップレスのダンサーが普通にいるし、下半身も「前張り」しか付けていないダンサーが多く見られる。
続きを読む

miccckey at 16:03|PermalinkComments(20)TrackBack(0)clip!

2014年02月28日

佐村河内守氏もびっくり ― 10歳になるか、もしくは結婚すると必ず耳が聞こえなくなる一族

2月初めから世間を騒がせている自称作曲家の佐村河内守氏は、35歳のときに医療検査機関から「感音性難聴による両耳全聾」および「両耳鼓膜欠落」と診断され、全聴力を失ったということになっている(同氏の自伝による)。これに関連するといえば大いに関連しそうな話題を8年前に当ブログで取り上げていたことを今頃になって思い出した。
続きを読む

miccckey at 16:39|PermalinkComments(23)TrackBack(0)clip!

2010年08月09日

一卵性双生児の片方が殺人を犯した場合、どちらが犯人かを警察が断定できなくなるという実例が米国で発生

いきなりまぎらわしい話で始めよう。川の西側と東側に市街地があり、どちらにも同じ都市名が付いている。しかし、川の西側と東側は同じ都市ではなく、互いに独立した2つの都市である。そんなまぎらわしいエリアが実際に地球上に存在することをご存じだろうか。続きを読む

miccckey at 23:33|PermalinkComments(18)TrackBack(0)clip!

2010年05月16日

重力に逆らってボールが坂を上っていく仕組みが日本人によって開発され、米国のコンテストで優勝 ― 「反重力四方向すべり台」

英語圏のNew Scientistサイトで、おもしろい動画を見つけたので簡単に紹介しておこう。木で出来たボールがまるで磁石に吸い寄せられているかのように滑り台を“上っていく”。滑り台といっても、木か紙で作られた小さなもの。続きを読む

miccckey at 23:19|PermalinkComments(20)TrackBack(3)clip!