書籍版評点

【お知らせ】書籍版なんでも評点『世界のありえな〜い100選』が2月1日、宙出版より刊行!
■ブログ本の常識を破る『ありえな〜い100選』の7つの特長
  1. 読みやすい縦書き2段組
  2. ブログ記事をそのまま収録せず、さらに面白くなるようにブラッシュアップして収録
  3. ネタとしての珍奇さと、読み物としての面白さのバランスが取れた記事100本を厳選 ― 読んで楽しんだ後は、仲間との話のネタが100本も増えます
  4. ブログでは原則廃止した「評点」が3つ1セットの五段階評価方式で復活
  5. イラストレータ西山カルロスさとしさんによるユーモラスな挿絵を随所に挿入
  6. 書き下ろしコラムも収録
  7. カバーには、臆面もなく著者近影付き

番外記事

2008年05月18日

四川大震災は日本や世界をこれからどんな連鎖に巻き込むのだろうか

5月16日、所用があり大阪ミナミの道頓堀界隈を昼間と夜8時ごろの2回通り過ぎたところ、金曜だというのに閑散としていた。たとえば、あの有名なたこ焼き屋「本家大たこ」は金曜から週末にかけて長蛇の列が出来るものなのだが、待ち客ゼロという異常事態(ただでさえ客が来なくて苛立っていそうな店の人に睨まれそうなのと、用事があって急いでいたのとで写真を撮れずじまいだったが)。続きを読む

miccckey at 03:27|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2008年04月15日

遥かなるアンタナナリーボ:マダガスカル回想記(その4)

ネタ日照りの上、諸般の事情(要するに本が売れていないことや広告収入が再び激減したことなど)により更新の意欲が大幅に減退している。書きかけのままになっていた“回想記”の完結編をアップしてお茶を濁すとしよう。本稿末尾には、この回想記のこれまでの方向性から離れるようなことも書いてあったりするが・・・。続きを読む

miccckey at 03:08|PermalinkComments(22)TrackBack(0)clip!

2008年04月10日

北京五輪の危うさ ― 誘致で北京に負けた大阪から眺めてみる(※コメント欄の凍結を解除しました)

大阪の経済衰退が止まらない。先日もタクシーで御堂筋を南下していると、どこどこの企業が本社を東京に移すことになったので、ほら今あそこのビルを取り壊しているでしょう?―みたいなことを運転手が喋り出した。堺にシャープの新しい工場が出来たり、JR大阪駅北側の貨物駅跡地を再開発したりといった話もあるにはあるのだが、焼け石に水のようにさえ聞こえてしまう。続きを読む

miccckey at 19:33|PermalinkComments(25)TrackBack(0)clip!

2008年04月01日

“セレブ御用達”フィットネスの会員だったころの話 ― 急逝した2人の格闘家のことなど

その人のジャンプ力に驚いた。その人の得意技が“踵落とし”であることは知っていたが、そのときはその人がその人であることに気づいていなかった。1990年代後半のいつかの年のことだった。当時私が通い始めて間もなかったフィットネスクラブのトレーニング・ルームに濃い髪の色をした白人の利用客が現れて、急につま先を振り上げてジャンプしたのだった。続きを読む

miccckey at 02:58|PermalinkComments(17)TrackBack(0)clip!

2008年03月18日

ありえな〜い100選があんまり売れてな〜い ― ネットだけでは得られない本の“パブリシティ”

「世界のありな〜い100選」の装丁に関して、先日の記事のコメント欄等でかなり厳しい意見が出ている。当初の予定では厚めの紙を使い、辞典のようにも見える重厚なカバーになるはずだったのだが、“年末進行”の最中、その予定がいつのまにか変更になっていた。それでも基本路線は変わっていないはずと思っていたが、年が明けてカバーのコピーを見せてもらったときには、現在のカバーに変更されていた。続きを読む

miccckey at 02:29|PermalinkComments(36)TrackBack(1)clip!

2008年03月03日

遥かなるアンタナナリーボ:マダガスカル回想記(その3)

たった2回のマダガスカル訪問を回想する文は今回で完結する予定だったが、個々の記事が長くなりすぎるので第4回まで続くことになりそうだ。第1回では、墜落しそうになりながらも辛うじて空港に到着した飛行機が滑走路で停止したまま何時間も足止めを食らったエピソードを書いた。だが、いったいあの飛行機に何が起きていたのかについては、あえて伏せておいた。続きを読む

miccckey at 02:22|PermalinkComments(9)TrackBack(0)clip!

2008年02月22日

遥かなるアンタナナリーボ:マダガスカル回想記(その2)

少し余裕が出来たのだが、相変わらず取り上げたいネタが見つからない。一部の読者の方々から続きを読みたいとご要望をいただいている「遥かなるアンタナナリーボ」の続きを書いてみよう。続きを読む

miccckey at 19:31|PermalinkComments(12)TrackBack(0)clip!

2008年02月12日

遥かなるアンタナナリーボ:マダガスカル回想記(その1)

キーワード検索のRSSフィードをネタ探しに利用していると、ときどき古いニュース記事の見出しが新しいニュース記事であるかのように配信されてくることがある。つい先日も、マダガスカルで珍種のヤシが発見されたという英文記事の見出しが配信されてきた。100年に一度しか花を咲かせず、しかも実を結ぶと一気に枯れ朽ちてしまうという。続きを読む

miccckey at 03:32|PermalinkComments(17)TrackBack(0)clip!

2007年12月31日

この1年を振り返る ― 海外珍ニュース系サイトの「しんどさ」、ブログ&出版物のリンクという試み

夕べ、二晩連続の忘年会でしこたま飲んだ後タクシーに乗り込むと、柔和な表情をした初老の運転手が「今年は良い年でしたか?」と声をかけてきた。思わず正直に「厳しい年でした」と答えてしまう。実際、本業の方では厳しい1年だった。例年より収入が落ち込んでいるのに、時間的余裕はほとんどなかった。続きを読む

miccckey at 02:27|PermalinkComments(23)TrackBack(1)clip!

2007年12月01日

ブログは活字にした時点で既に情報の鮮度が落ちている? ― 当ブログの書籍化に当たって考えたこと

先日からお伝えしている書籍の件だが、一応、原稿用紙400字詰め換算で460枚相当の原稿が完成した。当ブログの1000本以上の過去記事から100本を厳選し、ブログ記事では表現や情報が足りなかった部分を補ったり、構成を大幅に変更するなどの加筆修正を施した原稿である。続きを読む

miccckey at 02:54|PermalinkComments(14)TrackBack(0)clip!