書籍版評点

【お知らせ】書籍版なんでも評点『世界のありえな〜い100選』が2月1日、宙出版より刊行!
■ブログ本の常識を破る『ありえな〜い100選』の7つの特長
  1. 読みやすい縦書き2段組
  2. ブログ記事をそのまま収録せず、さらに面白くなるようにブラッシュアップして収録
  3. ネタとしての珍奇さと、読み物としての面白さのバランスが取れた記事100本を厳選 ― 読んで楽しんだ後は、仲間との話のネタが100本も増えます
  4. ブログでは原則廃止した「評点」が3つ1セットの五段階評価方式で復活
  5. イラストレータ西山カルロスさとしさんによるユーモラスな挿絵を随所に挿入
  6. 書き下ろしコラムも収録
  7. カバーには、臆面もなく著者近影付き

番外記事

2009年12月18日

人の死とブログの“死に体” ― 更新停滞のお詫びと今後の方向性について

私事を書くと、昨年の1月から病院暮らしが続いていた母の容態がいよいよ悪くなり、いつ病院から呼び出しがかかるかわからない日々が続いている。母はもう回復不能な損傷を脳に負っており、言葉を発することはおろか、呼びかけに答えることもない。永久に。続きを読む

miccckey at 01:55|PermalinkComments(29)TrackBack(0)clip!

2009年09月28日

最低の打ち手に成り下がって麻雀から足を洗っていたが、7年ぶりにフリー雀荘を訪れてみた

最近、立て続けに3人もの意外な人物から「自分は麻雀が好きだ」という言葉を聞かされた。うち1人はザイーガのパルモさんで、もう1人はlivedoorのS氏。そして、もう1人は某女性シンガーである。3人とも、フリー雀荘で打つ(もしくは過去に打っていた)という。最近の若年層の間では麻雀人気ががた落ちと聞いていたので、私より下の世代3人の口から、立て続けに麻雀が好きと聞かされたのは意外なことだった。続きを読む

miccckey at 18:11|PermalinkComments(9)TrackBack(0)clip!

2009年07月27日

花火が打ち上げられる様子を地上100メートルから見下ろしてみると・・・(画像全50枚)

大阪では毎年、7月24日・25日に天神祭が開かれる。25日の夜には5000発の奉納花火が打ち上げられるということで、物凄い人出になる。人混みの嫌いな筆者は、天神祭にも足が向くことはなかったのだが、今年は地上100メートルの特等席に招待してもらったので出かけてみることにした。
続きを読む

miccckey at 18:25|PermalinkComments(23)TrackBack(0)clip!

2009年07月25日

性犯罪や暴力、その他残虐な話ばかりを取り上げていると人格を疑われてしまう?

ここのところ、『毒蟲VS.溝鼠』という小説の裏表紙に書いてあった文句が頭をよぎる。この小説は一種のシリーズものなのだが、野蛮で変態でねじ曲がった最低な人物が続々と登場する。こういったキャラクターを考え出し小説の中で暴れさせていることで、「知人に人格を疑われ・・・読者に蔑まれ・・・親類に他人を装われた」と作者の新堂冬樹氏が吐露しておられるのだ。続きを読む

miccckey at 17:02|PermalinkComments(14)TrackBack(0)clip!

2009年07月21日

近況報告 ― “アボリベンジ”の件、“毒りんご”の件など

5月末に“鳴り物入り”で(なわけないが)オープンした「なんでも焦点」の方を結局、更新できていない。別に必要ないんじゃないかという読者からの意見も聞かれる。まあ、いろいろと期するところはあるのだが、なかなか時間を割けずにいる。
続きを読む

miccckey at 03:10|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2009年05月17日

新型インフルはすでに蔓延? ― 国立感染症研究所の「インフルエンザ様疾患発生報告」で昨年同時期は発生数ゼロなのに今年は・・・

昨年同時期はゼロ人なのに今年は879人


神戸と大阪の高校3校で、新型インフルエンザ感染者が続々と報告されている。首都圏では今のところ、新型インフルエンザの感染報告がないことから、神戸や大阪が現時点の“感染地域”だと勘違いしている人も多いようで、某巨大掲示板を見れば神戸と大阪を隔離せよ・・・みたいな書き込みが多々見られる。しかし、これまでの政府は、渡航歴があり、なおかつ発熱している患者に対してのみ新型ウィルスの検査を行うように通達を出してきた。

続きを読む

miccckey at 16:43|PermalinkComments(11)TrackBack(0)clip!

2009年04月19日

テレビはもう死んでいる?(その1)

またもや更新が大幅に滞ってしまった。海外の珍ニュースをネタにした記事はもう当分書けそうにない。そこで、かなり主観の濃いコラム的記事を書いてお茶を濁すことにする。

今まで自説を主張する系の記事は書かないスタンスを取ってきた。この記事でもそれは同じなのだが、「テレビはもう死んでいる?」の題名そのままに、昨今のテレビを巡る情勢を見ていて感じること、あるいは書籍やブログを通じてテレビと多少関わり合いになって感じたことをなるべくストレートに書いてみようと思う。

何度か連載というかたちになりそうなので、その1としておく。(なお、PCで見ている人には改行の幅が広く見えると思われるが、ライブドアニュースへの配信と携帯版ブログの両方の制限に対応するための処置なので、ご容赦願いたい)。
続きを読む

miccckey at 01:52|PermalinkComments(8)TrackBack(0)clip!

2008年09月29日

筆者が目撃した箱形UFOが群馬県でも目撃されていたらしい(実を言うと・・・)

またしても更新が滞りがち。世界の珍ニュース系記事は9月22日以降書けていない。今やっている仕事の締め切りが9月29日午前中だと思い込んで今まで作業を続け、ようやく完了した。しかし、先方からのメールをよく見ると9月30日午前中が締め切りだった。続きを読む

miccckey at 03:54|PermalinkComments(17)TrackBack(0)clip!

2008年09月24日

淀川での水難救助現場に遭遇、ヘリによる吊り上げ救助シーンを撮影

筆者は昨年暮れに自動車生活をやめてから、自転車で大阪市内を移動する日々を送っている。多少遠回りしても淀川の河川敷/堤防や淀川の支流に沿った自転車専用道路を走ることが多い。そのせいで、毎日の平均走行距離が30キロほどになっている。今日も淀川の河川敷に向かう道を走っていると、なにやら正体不明の物体が空に浮かんでいるのが見えた。
続きを読む

miccckey at 17:40|PermalinkComments(25)TrackBack(0)clip!

2008年05月23日

被災地由来の核汚染や新型ウィルスを心配するのは本当に杞憂に過ぎないのか? 五輪スポンサーに良心は残っていないのか?

このところ西の空が気になってしかたがない。昨年暮れに長年の自動車通勤をやめて以来、自転車で移動する日々が続いている。西風の日が多く、西の空を見て走るときは空気抵抗との戦いになる。しかし、その風が“空前絶後の危機”を運んでこないとも限らない状況になってきた。続きを読む

miccckey at 02:57|PermalinkComments(11)TrackBack(0)clip!