書籍版評点

【お知らせ】書籍版なんでも評点『世界のありえな〜い100選』が2月1日、宙出版より刊行!
■ブログ本の常識を破る『ありえな〜い100選』の7つの特長
  1. 読みやすい縦書き2段組
  2. ブログ記事をそのまま収録せず、さらに面白くなるようにブラッシュアップして収録
  3. ネタとしての珍奇さと、読み物としての面白さのバランスが取れた記事100本を厳選 ― 読んで楽しんだ後は、仲間との話のネタが100本も増えます
  4. ブログでは原則廃止した「評点」が3つ1セットの五段階評価方式で復活
  5. イラストレータ西山カルロスさとしさんによるユーモラスな挿絵を随所に挿入
  6. 書き下ろしコラムも収録
  7. カバーには、臆面もなく著者近影付き

(評)ありがた迷惑さ

2014年03月08日

28歳の巨乳双子姉妹が1人の男を共有、「ベッドインも常に3人で」

アナ&ルーシー・デシンクという28歳の巨乳双子姉妹が西オーストラリア州パースで暮らしている。巨乳と言っても豊胸手術によるものだが、2人揃って同じ手術を受けた。お互いにそっくり瓜二つであり続けるために。
続きを読む

miccckey at 17:13|PermalinkComments(14)TrackBack(0)clip!

2010年06月12日

14歳と19歳の少女2人が12歳の少年2人を4時間にわたりレイプしたとして逮捕される(南ア)

南アフリカ共和国ケープタウン近郊のニャンガという町で、14歳と19歳の少女が12歳の少年2人をレイプした容疑により逮捕された。少年2人が地元メディアのDaily Voiceに涙ながらに語ったところによると、事件が起きたのは6月3日の午後のこと。続きを読む

miccckey at 17:37|PermalinkComments(45)TrackBack(0)clip!

2008年08月05日

ドイツの婦人警官たちがノーブラを禁止され、“耐弾丸ブラ”の着用を義務付けられる

欧米人の女性は、あまりブラを着用したがらない傾向がある。しかし、ドイツでは、前線で働く3000人の婦人警官にまもなくブラの着用が義務付けられる見込みである。つまり、彼女らは、もうノーブラで勤務することができなくなるのだ。続きを読む

miccckey at 16:07|PermalinkComments(20)TrackBack(1)clip!

2008年02月26日

全裸の若い女2人が全裸の運転手と絡み合いながら走行している車が大勢の人たちに目撃される

カナダ・ブリティッシュコロンビア州(BC)の州都ビクトリアで、2月24日、1台の車が西海岸方面から内陸方面へ向けてカナダ横断道路(Trans-Canada Highway)を走っていた。その車内では、とんでもないことが繰り広げられていた。若い男がハンドルを握っていたのだが、彼は全裸だった。そして、若い女が2人乗っていたのだが、彼女らも全裸だった。続きを読む

miccckey at 02:57|PermalinkComments(17)TrackBack(0)clip!

2008年02月02日

首つり>蘇生>逆上>スリーパーホールド>死亡

米国カリフォルニア州サンディエゴで、1月26日、セバン・ケボーキアンさんという36歳の男性が恋人の機敏な行動により、間一髪のところで命を救われた。彼女の助けが少しでも遅れていたら、ケボーキアンさんは確実にあの世に行っていただろう。続きを読む

miccckey at 19:42|PermalinkComments(11)TrackBack(1)clip!

2007年11月29日

男性が朝方アパートの自室に帰ると、見知らぬ若い女が全裸ですやすや眠っていた

米国アリゾナ州チャンドラーで、アパート住まいの男性が朝方帰宅したところ、ベッドルームに招かざる客がいた。・・・と聞くと、空き巣と鉢合わせしたという状況を思い浮かべる読者が多いかもしれない。あるいは、クマとかヘビのような動物が家の中に侵入していたという話かと思う人もいるだろう。続きを読む

miccckey at 17:27|PermalinkComments(7)TrackBack(2)clip!

2007年11月16日

初教壇に立った新任女教師が自己紹介もそこそこに下半身裸になってしまう

初仕事、初デート、初運転、初舞台、初教壇・・・その他もろもろの初体験。何事も最初が肝心だ。だが意識して硬くなりすぎると、本来の実力を発揮できないことがある。極度の緊張から、よりによって絶対に避けるべき行動に出てしまい、自らのデビューをぶち壊す人も稀にいる。続きを読む

miccckey at 17:39|PermalinkComments(14)TrackBack(3)clip!

2007年11月15日

22歳の女が食事中の男性にお口での奉仕をしつこく提案するも理性的に断られると、局部噛み付き攻撃に転ず

人間は、奉仕することにも、奉仕されることにも喜びを覚える生き物である。ただし、奉仕される側がその奉仕を欲していない場合は、奉仕する側が一方的に喜びを感じるだけであり、奉仕される側は苦痛を覚える。また、誰かに奉仕を申し出ても、相手が喜んで奉仕を受けてくれるとは限らない。むげに断られることもあるだろう。続きを読む

miccckey at 01:44|PermalinkComments(14)TrackBack(0)clip!

2007年10月05日

19年ぶりに保護されたカンボジアの野生娘が10ヶ月目にして村を脱走、密林に帰る ― 引き離された“彼氏”が恋しくて

今年の1月、カンボジア北西部ラッタナキリ県のオヤダオ地区で、8歳のときにジャングルの中で迷子になった娘が19年ぶりに保護されたを当ブログで取り上げた。このニュースは、その後、日本のメディアでも盛んに伝えられたので憶えておられる人も多いだろう。続きを読む

miccckey at 19:19|PermalinkComments(95)TrackBack(2)clip!

2007年09月04日

21歳年下の知人女性に「私を抱いて!」と迫られた男性が警察に助けを求める

女性の方がその気になり、積極的に求めているのに男性が拒む。その男女が長い付き合いなら、ままあることかもしれない。だが、男性は、こと性に関しては開拓精神旺盛である。まだ触れたことのない柔肌に触れる機会に恵まれようものなら、多少問題があろうとも有難くご馳走に預かることになりがちである。とりわけ、生物学的にも人間の男性は自分より年下の女性に魅力を感じやすいと言われている。続きを読む

miccckey at 02:33|PermalinkComments(17)TrackBack(1)clip!