書籍版評点

【お知らせ】書籍版なんでも評点『世界のありえな〜い100選』が2月1日、宙出版より刊行!
■ブログ本の常識を破る『ありえな〜い100選』の7つの特長
  1. 読みやすい縦書き2段組
  2. ブログ記事をそのまま収録せず、さらに面白くなるようにブラッシュアップして収録
  3. ネタとしての珍奇さと、読み物としての面白さのバランスが取れた記事100本を厳選 ― 読んで楽しんだ後は、仲間との話のネタが100本も増えます
  4. ブログでは原則廃止した「評点」が3つ1セットの五段階評価方式で復活
  5. イラストレータ西山カルロスさとしさんによるユーモラスな挿絵を随所に挿入
  6. 書き下ろしコラムも収録
  7. カバーには、臆面もなく著者近影付き

(評)ナンセンス度

2005年10月14日

性にまつわる珍奇な戒律/法律集 ― 「男性医師が女性の局部を診察するときは鏡に映さないと違法」など

英語Webをググっていると、「性に関する珍奇な戒律/法律」などと称する怪しいリストが出回っているのに気づいた。かなりの数の英語サイトに「性に関する珍奇な戒律/法律」リストが掲載されている。どのサイトやブログにも原典が示されていないので、信憑性の点でかなり疑問なのだが、あくまで“ネタ”として紹介してみたい。続きを読む

miccckey at 17:20|PermalinkComments(4)TrackBack(3)clip!

2005年03月01日

世界仰天法律アラカルト (第1弾)−「隣人の口に放尿するべからず」など

DUMB Lawsという面白い英語サイトを見つけた。世界各国のお馬鹿な法律条文を集めたサイトである。このほかにも膨大な量の「お馬鹿な製品警告文」なども収録されている。

この記事では、アメリカ合衆国のお馬鹿な州法や条例に的を絞って、いくつか紹介してみたい。今後も、上記サイトから面白いネタをときどき紹介していこうと思う。よって、これは第1弾である。
続きを読む

miccckey at 00:34|PermalinkComments(3)TrackBack(4)clip!

2005年01月07日

馬鹿げた警告ラベルコンテスト − 「肛門で使用した後は口で使用しないでください」など

訴訟大国アメリカでは、製造物責任(PL: Product Liability)関連の訴訟が多く、消費者向け製品のメーカーはその対策に苦心惨憺している。このような訴訟乱用に歯止めをかけようと取り組んでいる組織Michigan Lawsuit Abuse WatchのWeb サイトでは、製品の警告ラベルの馬鹿馬鹿しさ指摘コンテストを行った。

馬鹿げた警告ラベルを指摘した人に賞金を与えるというもので、1位の賞金は500ドル。2位は250ドル、3位は100ドル。第1位から第5位までを見ていこう。
続きを読む

miccckey at 02:14|PermalinkComments(13)TrackBack(3)clip!

2004年12月11日

世界美人国ランキング@GlobalBeauties.com - 日本は何位?

世界美人コンテスト専門のポータルサイトGlobalBeauties.comには、Grand Slamなる国別ランキングがある。簡単に言うと、世界のどの国の女性が最も美しいかを競うランキングである。

“そんなのどうやってランク付けするんだ”と突っ込みたくなる人が多いだろう。この間のミス・デジタル・ワールドのようにWeb上で投票するにしても、国全体が対象になるわけで明確な判断基準がないじゃないかと。続きを読む

miccckey at 23:34|PermalinkComments(10)TrackBack(3)clip!

2004年12月03日

チチマクラ − 特定の姿勢で特定の部位にフィットさせないといけない枕は使いづらそう

前にもお尻に食い込みません《ナンセンス度5》の記事でIOLサイトの“Today's New Ideas”コーナーに掲載されている珍発明を取り上げたが、今回も同じソースから珍発明を紹介してみよう。なにはともあれ下のイラストをご覧あれ(クリックすると拡大画像が表示されます)。

チチマクラ

続きを読む

miccckey at 14:52|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip!

2004年11月01日

お尻に食い込みません《ナンセンス度5》

ニューデザインパンティラインが透けて見えるのを気にする女性は、Tバックを好む傾向があるが、お尻の割れた部分に食い込むのが不快だと訴える人が多いとか。

そういう悩みを解決すべく考案されたのがこのニューデザイン。画像(クリックすると拡大される)を見るとだいたいわかると思うが、お尻のヒモ部分がない。その代わり、ウエスト部分と同じ弾性素材でできたバンドを太ももに装着する。

続きを読む

miccckey at 16:30|PermalinkComments(9)TrackBack(0)clip!

2004年10月21日

汚い言葉を使っていると男性はEDになり、女性は男性化するという新説《ナンセンス度7》

ロシア・プラウダ紙のサイト(PRAVDA.Ru)のサブサイトであるRUSSIA MAKES IT FUNNYサイトで昨日から目にしていた記事があるのだが、その内容のナンセンスさに紹介するのがためらわれていた。しかし、ほかにめぼしいネタもないし、これを紹介することにしよう。

当ブログでは、海外ニュースを翻訳調で伝えず、大幅に咀嚼ないしは脚色(あるいは元記事の脚色と思われる部分を除去)した上で記事にするスタイルを採っているのだが、今回は、ばかばかしさが伝わりやすいように、あえて直訳調で記事を紹介した上で(枠内)、ツッコミを入れていこう。(ロシア語からの翻訳のせいか、英語自体がかなりへんてこなのだが、これも伝わるように工夫して訳しておく)。

ロシアのイェカテリンブルグ(Yekaterinburg)に住む人が、ちょっと変わった発見をしてしまった。環境安全/保護センターの研究主査ガナディ・チェウリン氏によると、彼は口汚い言葉の本質を検証した結果、口汚い言葉が人体に及ぼす有害な影響を科学的に証明することに成功したという。


続きを読む

miccckey at 02:26|PermalinkComments(1)TrackBack(1)clip!

2004年10月20日

こんなにもある「ゴッゴル」の活用法

第 1 回 SEO コンテスト

なんだかよくわからんが、第1回のキーワードは「ゴッゴル」か。上記ページの説明および既にゴッゴルに言及しているブログの記事を読むと、ゴッゴルでgoogle検索結果トップになったら優勝とのこと。「ゴッゴル」自体は、今のところ意味のない文字列である。(詳細はここを参照)。

「誤検索釣り」技法で実績を上げつつある当ブログが、このプロジェクトに参加しないわけにはいかない。が、誤検索釣り的なアプローチも既に一部のブログで展開されているようだ。出遅れたかかもしれない。

そこで、ここでは、一般の文章や会話に出現しうる「ゴッゴル」に注目してみたい。あ、お断りしておくが、この記事の「ナンセンス度」はほぼ満点の9ポイントなのであらかじめご了承願いたい。

ナンセンス度9■■■■■■■■■□


では本題に入る。ゴッゴルには、以下のように思いのほか活用法がありそうなのだ。

続きを読む

miccckey at 14:22|PermalinkComments(12)TrackBack(40)clip!