書籍版評点

【お知らせ】書籍版なんでも評点『世界のありえな〜い100選』が2月1日、宙出版より刊行!
■ブログ本の常識を破る『ありえな〜い100選』の7つの特長
  1. 読みやすい縦書き2段組
  2. ブログ記事をそのまま収録せず、さらに面白くなるようにブラッシュアップして収録
  3. ネタとしての珍奇さと、読み物としての面白さのバランスが取れた記事100本を厳選 ― 読んで楽しんだ後は、仲間との話のネタが100本も増えます
  4. ブログでは原則廃止した「評点」が3つ1セットの五段階評価方式で復活
  5. イラストレータ西山カルロスさとしさんによるユーモラスな挿絵を随所に挿入
  6. 書き下ろしコラムも収録
  7. カバーには、臆面もなく著者近影付き

(評)意外性

2014年02月09日

【再】頭の中がほとんど空洞化、脳がわずかしか存在しないのに44歳まで普通に暮らしてきた男性

誰しも自分の頭の中が空っぽになったと感じるときがある。あるいは、誰かの頭の中が空っぽだとしか思えないこともある。でも、たいていの場合、われわれの頭蓋骨の中には脳がぎっしり詰まっている。そもそも、自分の頭が空っぽだと感じるのも、頭の中が空っぽだとしか思えない行動を取る人がいるのも、脳が働いているおかげである。ところが、頭の中がほとんど空っぽなのに普通に社会生活を営めている男性がフランスで発見されたという。

続きを読む

miccckey at 22:44|PermalinkComments(21)clip!

2010年11月29日

「妻と関係を持って妻を妊娠させてくれ」と夫が他の男にお願いする慣習がある国

あなたが“ナンディ”で暮らす男性だったとしたら、人妻の夫から「妻と関係を持って妻を妊娠させてくれ」という驚くべき申し出を受ける日が来るかもしれない。日本にいるわれわれからすれば常識破りな申し出ではあるが、夫に子種がないことがその根本的動機なのだろう…というところまでなら想像に難くない。続きを読む

miccckey at 02:50|PermalinkComments(10)TrackBack(0)clip!

2009年10月29日

広島原爆3個分の大爆発がインドネシア上空で10月8日に起きていた(ビデオあり)

日本時間で10月8日のこと、大規模な核爆発に相当するほどの爆発音が世界各地に配備されている核爆発音検出装置に記録された。爆発が起きたのは、ここ数年来、度重なる大地震に襲われているインドネシアの南スラウェシ州である。幸い、その爆発による人的被害ならびに物的被害は一切生じていない。
続きを読む

miccckey at 02:26|PermalinkComments(16)TrackBack(2)clip!

2009年10月25日

38人の怒れる女性たちが保釈されたレイプ犯をその場で処刑

南アの通信社SAPAが10月23日付けで、保釈中のレイプ犯(30歳)が怒れる群衆のリンチに遭って死亡したことを短く伝えていた。この事件は、東ケープ州のンコボ(Ngcobo)という町で10月23日の昼過ぎに起きた。続きを読む

miccckey at 23:09|PermalinkComments(22)TrackBack(0)clip!

2009年09月15日

20代前半の女性二人が半裸姿になって50代の夜釣り師を川から救う ― 膝までの深さしかない浅瀬だったのに

英国南部、軍港として知られるプリマスを流れるプリム川で、9月13日の午後11時過ぎ、20代前半の若い女性二人が下着姿になって50代の夜釣り師の命を救った。・・・と聞くと、男性が川の深みにはまって溺れているところに彼女らが飛び込んで救助したのだと思う読者が大半だろう。続きを読む

miccckey at 02:38|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2009年08月26日

女性の“体腔”に隠して密輸した覚醒剤の売上金でレア物コミックを購入していた密売組織 ― 時価5千万円相当のコレクション

米国コロラド州デンバーで、8月半ばに覚醒剤(塩酸メタンフェタミン)の密売組織が摘発され、41名の逮捕に至った。この組織は、毎月、10万回分の覚醒剤をデンバー都市圏で売りさばいていたが、密売による売上金の大部分でコミックブックを購入していた。続きを読む

miccckey at 02:24|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2009年07月27日

花火が打ち上げられる様子を地上100メートルから見下ろしてみると・・・(画像全50枚)

大阪では毎年、7月24日・25日に天神祭が開かれる。25日の夜には5000発の奉納花火が打ち上げられるということで、物凄い人出になる。人混みの嫌いな筆者は、天神祭にも足が向くことはなかったのだが、今年は地上100メートルの特等席に招待してもらったので出かけてみることにした。
続きを読む

miccckey at 18:25|PermalinkComments(23)TrackBack(0)clip!

2008年08月20日

野生のイルカが20年前の記憶を思い出して仲間たちの間に水族館芸を広める

イルカと言えば、華麗なジャンプはもちろん、尻尾で水を蹴りながら水面を歩くように泳ぐテイルウォークを思い浮かべる人が多いはず。テイルウォークはイルカだけの特技ではない。トローリングの針にかかったカジキは、豪快なテイルウォークで猛然と抵抗する。ブラックバスもテイルウォークが得意だ。しかし、こういった獰猛な捕食魚たちとは異なり、野生のイルカにはテイルウォークの習性がないという。続きを読む

miccckey at 03:33|PermalinkComments(27)TrackBack(5)clip!

2008年08月11日

漆黒の闇の中から若い女性の声、明るいところまで連れて行くと全裸であったことが判明

米国ミシガン州は内陸にありながら、面積の40%を水域が占めている。五大湖のうちの4つに囲まれているからだ。ミシガン湖とヒューロン湖に挟まれた陸地部分の中心部に位置するクレア郡で、8月5日の夜、不思議な出来事があった。続きを読む

miccckey at 00:50|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

2008年07月21日

10歳のリアル筋肉少女登場 ― その幼さで、しかもウェイトトレなしで筋肉が見事に発達した彼女も“現存する超人”の1人なのか?

オーストラリアのメルボルンで7月12日(土曜日)、ビキニ姿の女性たちが舞台に登場して美を競うコンテストが開かれた。「美を競う」と言っても、美人コンテストではない。彼女らが競っていたのは“筋肉美”である。女性だけのボディビル・コンテストが行われていたのだ。続きを読む

miccckey at 02:43|PermalinkComments(6)TrackBack(1)clip!