書籍版評点

【お知らせ】書籍版なんでも評点『世界のありえな〜い100選』が2月1日、宙出版より刊行!
■ブログ本の常識を破る『ありえな〜い100選』の7つの特長
  1. 読みやすい縦書き2段組
  2. ブログ記事をそのまま収録せず、さらに面白くなるようにブラッシュアップして収録
  3. ネタとしての珍奇さと、読み物としての面白さのバランスが取れた記事100本を厳選 ― 読んで楽しんだ後は、仲間との話のネタが100本も増えます
  4. ブログでは原則廃止した「評点」が3つ1セットの五段階評価方式で復活
  5. イラストレータ西山カルロスさとしさんによるユーモラスな挿絵を随所に挿入
  6. 書き下ろしコラムも収録
  7. カバーには、臆面もなく著者近影付き

(評)けなげさ

2009年09月21日

22歳の女子ハードラーが滝から落ちた恋人を蘇生し、ビキニを脱いで止血し、下界まで担いで降りる

米国ミシガン州グラスレイクに1組のカップルがいる。シェリー・ジョンソンさん(22歳)とアーロン・コールさん(24歳)の2人だ。シェリーさんはミシガン大学で看護学を学んでいる。アーロンさんは東ミシガン大学の大学院で言語病理学を専攻している。つきあい始めて、もう4年になる。続きを読む

miccckey at 18:40|PermalinkComments(13)TrackBack(0)clip!

2009年07月30日

あらゆる物欲を捨ててホームレスになった男性が4億円相当の遺産を残して静かにこの世を去る

先日の「今犯人を片手で取り押さえながら、もう一方の手で電話してるところです」の記事のコメント欄が当ブログにしては珍しく盛況である。空き巣の被害にあった男性の家からテレビが6台も盗み出されたという点に関して、ある人が「ウチ普通に5台ありますけど」とコメントしたところ“激論”(?)に火が付いた。
続きを読む

miccckey at 19:17|PermalinkComments(25)TrackBack(0)clip!

2009年05月24日

父を新型インフルエンザで亡くした少年が葬儀の2日後にノーヒットノーラン達成

ニューヨークで新型インフルエンザのため休校となった中学校の副校長が5月17日に亡くなり、米国国内での新型インフルエンザによる6番目の犠牲者となったことは日本のメディアも伝えた。日本語の報道では氏名が伏せられていたようだが、亡くなったのはミッチェル・ワイナーさんという55歳の男性だった。

続きを読む

miccckey at 00:59|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2008年07月26日

大好きだった女の子と結ばれて願いを叶えた翌朝に命尽きた8歳の少年

新郎が式の翌日に亡くなった。式の翌日なのにハネムーン先ではなく、英国ダービー州マックワースの実家で亡くなった。彼はその日の朝、いつもそうするように自力でベッドから起き出して来た。だが、彼の体力は既に限界に達していたようだ。続きを読む

miccckey at 19:25|PermalinkComments(9)TrackBack(1)clip!

2008年07月09日

泥棒が一躍ヒーローに ― 路上で車を盗もうとした男が中に爆弾を発見、身を挺して皆の命を救う

ニューヨーク市ブルックリン区のサンセット・パーク付近の路上に赤いフォード・エコノラインが放置されていた。男がそのバンに近寄ってきて、周りに人がいないことを確認する。男はまもなくロック解除に成功し、ドアを開けて中に乗り込む。7月3日の午後5時ごろのことだった。続きを読む

miccckey at 19:50|PermalinkComments(8)TrackBack(2)clip!

2008年06月21日

揺るぎない秩序の船に乗ってカオスの海を行く ― ランディ・パウシュの『最後の授業』書評

私には、この世が確固たる秩序の上に成り立っているとは思えない。むしろ、この世の本質はカオス(無秩序または混乱)だと思っている。青少年期から順風満帆な人生を歩んできた人は、揺るぎない秩序の船に乗ってカオスの海を航海してきたことになる。一方、波乱万丈な人生を歩んできた人は、何度もカオスの海に落ちながら秩序の船に這い上がってきたことになる。続きを読む

miccckey at 03:22|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip!

2008年06月20日

片腕のギターヒーローが登場

英国ダラム州のマーク・プレイルさん(22歳)は、14歳のときからギターを習い始めた。しかし、彼は左手でフレットを押さえることができない。左手が存在しないからだ。続きを読む

miccckey at 19:32|PermalinkComments(2)TrackBack(3)clip!

2008年06月04日

左投げで、しかも片脚のキャッチャーが本塁を死守し、長打を放ってダイヤモンドを駆け巡る(動画あり)

米国ケンタッキー州にアダム・ベンダー君という8歳の少年がいる。アダム君は、もっと幼いころに何年かサッカーをしていたこともある。今は、アストロズという名のリトル・リーグ・チームに所属して野球に打ち込んでいる。ポジションはキャッチャー。アストロズの正捕手である。続きを読む

miccckey at 16:50|PermalinkComments(6)TrackBack(1)clip!

2008年05月19日

余命数ヶ月の教授が昨年9月に行った「最後のレクチャ」の動画に日本語字幕が!

昨年9月に、米国ペンシルベニア州ピッツバーグ市のカーネギーメロン大学でランディー・パウシュ教授(コンピュータ・サイエンス)が行った「人生最後のレクチャ」の映像のことを取り上げたことがある。続きを読む

miccckey at 18:17|PermalinkComments(4)TrackBack(3)clip!

2008年05月08日

開通以来1000人が身投げしている南京長江大橋に颯爽と現れ、4年間で144人の自殺を阻止した男 ― 当然、中国にも善人はいる

中国江蘇省の省都南京に全長4589m、幅19.5m、高さ70mの橋がある。1968年に完成した南京長江大橋である。人生に絶望して欄干を乗り越え身を投げる人が後を絶たない。その数、通算で1,000人前後と推定されている。続きを読む

miccckey at 01:07|PermalinkComments(7)TrackBack(0)clip!