書籍版評点

【お知らせ】書籍版なんでも評点『世界のありえな〜い100選』が2月1日、宙出版より刊行!
■ブログ本の常識を破る『ありえな〜い100選』の7つの特長
  1. 読みやすい縦書き2段組
  2. ブログ記事をそのまま収録せず、さらに面白くなるようにブラッシュアップして収録
  3. ネタとしての珍奇さと、読み物としての面白さのバランスが取れた記事100本を厳選 ― 読んで楽しんだ後は、仲間との話のネタが100本も増えます
  4. ブログでは原則廃止した「評点」が3つ1セットの五段階評価方式で復活
  5. イラストレータ西山カルロスさとしさんによるユーモラスな挿絵を随所に挿入
  6. 書き下ろしコラムも収録
  7. カバーには、臆面もなく著者近影付き

(評)不可解度

2014年07月30日

一酸化炭素中毒で家族3人が死亡するも、4歳児がなぜか1人だけ元気に生存しているのが発見される

去る7月16日、日本とは季節が真逆で現在真冬を迎えている南アフリカ共和国ムプマランガ州のウィトバンク(Witbank)で、一家3人の遺体が見つかった。ガスヒーターからの一酸化炭素による中毒死と見られ、遺体はいずれも腐敗が始まっていた。だが不思議なことに、生存者がいた。4歳の長男である。
続きを読む

miccckey at 02:17|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2010年03月21日

オフィスに侵入、周囲のサラリーマンと同化、誰にも気づかれずに堂々と盗みを働く謎の男 ― 監視カメラ映像から存在が判明

フロリダ州タンパで、3月1日、インターナショナルプラザ近傍にある8階建ての雑居オフィスビルで、テナント各社のオフィスからコンピューター用品やスーツが盗まれるという盗難事件が発生した。しかし、入り口のドアが外部から破られた形跡もなければ、怪しい人物を目撃した人もいない。続きを読む

miccckey at 00:41|PermalinkComments(8)TrackBack(1)clip!

2009年06月27日

スウェーデンで32歳の女が女性をレイプしたとして有罪に

オーストラリア英語には“Digital Rape”という表現がある。コンピュータに接続された器具などを使って“デジタル”にレイプするという意味かと早合点してはならない。この場合の“Digital”は「指の」という意味の形容詞である。つまり、“Digital Rape”とは指でレイプすることを意味する。男性器は男性にしか備わっていないのが普通だが、あまりにも当然のことながら指は性別にかかわらず備わっている。続きを読む

miccckey at 01:28|PermalinkComments(11)TrackBack(0)clip!

2009年05月01日

“豚インフルエンザ”をめぐる不可解さ ― “生物兵器では?”という第一印象を払拭できない

人から人への伝染を通じて“弱毒”から“強毒”へ


日本時間で4月30日未明、世界保健機関(WHO)がパンデミックの警戒水準を5に引き上げた。6段階中の5だから、あと一歩でパンデミック(世界的流行)が宣言されることになる。今のところ、“豚インフルエンザ”による死者はメキシコとアメリカでしか報告されておらず、アメリカで亡くなったのもメキシコ人の1歳11か月の男児であったとされる。

続きを読む

miccckey at 02:04|PermalinkComments(17)TrackBack(2)clip!

2009年04月26日

眠っていた2歳の女の子が目、鼻、唇を含む顔面の95%をネズミに食べ尽くされる?(ヨハネスブルグ郊外)

南ア・ヨハネスブルグ郊外のアイボリー・パークの民家で、その朝母親が目を覚ますと、同じベッドで眠っている2歳の娘の様子がおかしかった。顔を反対側に向けた姿勢でベッドの上に横たわっているのだが、寝息が聞こえない。まさか・・・。母親が慌てて娘の体に手をかける。

続きを読む

miccckey at 00:42|PermalinkComments(12)TrackBack(1)clip!

2008年06月10日

パラシュートなしで高度3000メートルからジャンプし、絶命するまでの間、自分の写真を撮り続ける

ニューヨーク州スケネクタディ市のスーパーマーケットの鮮魚部で働くスローン・カラフェロは、いつも同じいでたちで職場に現れた。バイク乗りだったせいもあるが、どんなに暑い日でも青いウィンドブレーカーにバックパックという姿でやって来る。そして、らせん綴じのノートを肌身離さず持っている。続きを読む

miccckey at 01:00|PermalinkComments(23)TrackBack(1)clip!

2008年05月23日

独居女性が姉弟2人組に押し入られ、まず弟にお口で奉仕した後、姉にもお口で奉仕するように強要される

先進国としての洗練度は日本より格上に見える人口900万人のスウェーデンだが、他国ではあまり耳にしないタイプの珍事件が報じられることがある。今回お伝えするのは、ハパランダ(フィンランドとの国境近くの都市)で男女2人組がアパートの1室に押し入ったという話。ま、それだけなら珍しくもなんともない話だが、その後の展開が常軌を逸している。続きを読む

miccckey at 16:05|PermalinkComments(4)TrackBack(1)clip!

2008年04月05日

木から後ろ向きに降りてきた男性の肛門に太い鉄の棒が突き刺さる

カナダ・トロント市ノースヨーク地区にロイウッド・パブリック・スクールという幼稚園・小学校一貫校がある。この学校の敷地の外に1本の木が立っている。この木の根元の方には、鉄の棒が垂直に立っている。この鉄の棒が43歳の男性の肛門を貫いたということである。
続きを読む

miccckey at 16:03|PermalinkComments(8)TrackBack(1)clip!

2007年12月16日

死者の千切れた手を拾い上げた男性が喉を潤した直後に急死

瓦礫の中に「手」を見つける。だが、その手は体につながっていない。手だけが切り離されてそこに落ちている。そのすぐ後に冷たい飲み物に口を付ける。中に入っていたハチに気づかず、一気に飲み干してしまう。あわてて吐き出したが、毒にやられたらしく胸が苦しい。・・・悪夢なら、ここで目が覚めるところである。続きを読む

miccckey at 01:34|PermalinkComments(15)TrackBack(0)clip!

2007年10月19日

男性の大腸の中に500ccボトルが見つかる ― 自分で肛門から入れたと主張するも、腕全体を入れないと届かない

まず、長さ26センチ、容積500ccのボトルを思い描いてほしい。これが男性の大腸の中から摘出されたという。直腸ではなく大腸である。どうすれば、長さ26センチのボトルが大腸に達するのか?続きを読む

miccckey at 18:29|PermalinkComments(4)TrackBack(3)clip!