書籍版評点

【お知らせ】書籍版なんでも評点『世界のありえな〜い100選』が2月1日、宙出版より刊行!
■ブログ本の常識を破る『ありえな〜い100選』の7つの特長
  1. 読みやすい縦書き2段組
  2. ブログ記事をそのまま収録せず、さらに面白くなるようにブラッシュアップして収録
  3. ネタとしての珍奇さと、読み物としての面白さのバランスが取れた記事100本を厳選 ― 読んで楽しんだ後は、仲間との話のネタが100本も増えます
  4. ブログでは原則廃止した「評点」が3つ1セットの五段階評価方式で復活
  5. イラストレータ西山カルロスさとしさんによるユーモラスな挿絵を随所に挿入
  6. 書き下ろしコラムも収録
  7. カバーには、臆面もなく著者近影付き

(評)不幸中の幸い度

2006年11月11日

脳内に釘が打ち込まれてしまったのに痛みを感じなかった大工さん

“脳は痛みを感じない”というのは有名な話であり、真実である。映画『ハンニバル』でも、レクター博士がそう言いながら、頭蓋骨を取り外された哀れな男に自分自身の脳を食べさせるシーンがある。オーストリアで大工をしている30歳の男性も、脳に釘が刺さったが痛みをまったく感じなかったという。続きを読む

miccckey at 17:54|PermalinkComments(8)TrackBack(1)clip!

2006年11月08日

胸ポケットに入っていた小型バイブルがライフルの弾丸を食い止めて男性の命を救った

懐中時計やペンダントや銀貨やお守りが銃弾を止める。フィクションの世界でしばしば描かれる“九死に一生”シーンである。いや、実際に胸を撃たれたがブラの針金のおかげで命拾いした女性の話や、腹を撃たれたが分厚い脂肪のおかげで大事に至らなかった男性の話を当ブログで取り上げたこともある(リンクは本稿末尾)。今回は、2冊の小型バイブルが男性の命を救ったというお話。続きを読む

miccckey at 16:01|PermalinkComments(3)TrackBack(2)clip!

2006年10月18日

左の睾丸が屋根に釘付けになってしまった職人

われわれは何かに心を奪われると、その場に釘付けにされてしまったり、視線を釘付けにされてしまったりする。これはあくまで比喩的な表現である。だが、オーストリアには屋根に物理的に釘付けにされてしまった男性がいる。しかも、釘付けにされた部位は睾丸だった。続きを読む

miccckey at 19:06|PermalinkComments(11)TrackBack(1)clip!

2006年08月15日

5匹の子猫を熱した天ぷら油に入れてフライにしようとした男

日本や他のアジア諸国では、魚介類を生かしたまま加熱調理することがよくある。たとえばドジョウを生きたまま鍋に入れて加熱する料理がある。最終的にドジョウは豆腐の中に潜り込んで息絶える。アワビやサザエなどは、たいてい生きたまま火にかけられる。生きた食材(海老、鮎、白魚など)に衣を付け、熱した油の中に投入することもある。続きを読む

miccckey at 22:05|PermalinkComments(3)TrackBack(1)clip!

2006年07月23日

水中キスによる空気口移しで九死に一生を得た少年

7月15日のこと、米国フロリダ州オーランドの南フロリダ病院に14歳の少年アルジュウォン・ピプキン君が意識不明の重体で運び込まれてきた。脳のスキャンを取ったところ、異常が認められた。アルジュウォン君は、水中に少なくとも7分間沈んでいた。酸素不足により、脳が損傷した可能性があった。続きを読む

miccckey at 16:38|PermalinkComments(10)TrackBack(0)clip!

2006年06月08日

ピッチャーの投じた球がカモメに命中して鋭く変化、バッターは三振

ニューヨーク州バッファローの野球場で、ピッチャーが投球動作を終えた次の瞬間、どこからともなく舞い降りてきた1羽のカモメがマウンドとホームベースの中間を横切った。球がカモメに命中。続きを読む

miccckey at 02:01|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2006年04月06日

ジェットコースターに揺られたおかげで脳腫瘍が早期発見された女性

The Incredible Hulk coaster英国グロスターシャー州テュークスベリー在住の女性サリー・デアさんは、先日、家族旅行で米国フロリダ州を訪れ、“The Incredible Hulk(超人ハルク)”という名の付いたジェットコースター(写真左)に乗った。コースターから降りた後、サリーさんは激しい頭痛に襲われた。さらに、視界がかすんでしまった。続きを読む

miccckey at 18:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年03月25日

運転中の男性の心臓が停止、木に激突、そのショックで蘇生

普通、“九死に一生を得る”という表現は、絶体絶命の事故に遭いながら奇跡的に助かることを意味する。しかし、事故を起こしたおかげで九死に一生を得たロナルド・マンさんという77歳の男性が英国ハンプシャー州にいる。運転していた車がドンピシャのタイミングで立ち木に激突し、ステアリング・ホイールで胸を強打したおかげで命拾いしたのである。続きを読む

miccckey at 01:49|PermalinkComments(6)TrackBack(4)clip!

2006年03月23日

1歳7ヶ月の男児の肺の中にネジが見つかる

ドイツのボンで、数週間にわたって咳などの症状に苦しんでいる1歳7ヶ月の男児が病院に連れられてきた。男児を診察したSankt Augustin病院の医師たちは、慢性ぜんそくの疑いがあると判断した。続きを読む

miccckey at 19:51|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2006年03月08日

厚さ15センチまで堆積したウンコの上に落ちたので助かった男性

英国ウェスト・ヨークシャー州クレックヒートンで、アラン・ウェブスターさん(41歳)という男性が飼っている3歳のタカ、ナーラが鳥小屋から逃げ出した。アランさんは、友人のフィル・ハリソンさん(52歳)と共に町中を捜したが、ナーラの姿はなかなか見つからなかった。そして、3日後になって、操業停止した工場の煙突の先端にナーラが止まっているのをようやく見つけ出すことができた。2月11日のことである。続きを読む

miccckey at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!