書籍版評点

【お知らせ】書籍版なんでも評点『世界のありえな〜い100選』が2月1日、宙出版より刊行!
■ブログ本の常識を破る『ありえな〜い100選』の7つの特長
  1. 読みやすい縦書き2段組
  2. ブログ記事をそのまま収録せず、さらに面白くなるようにブラッシュアップして収録
  3. ネタとしての珍奇さと、読み物としての面白さのバランスが取れた記事100本を厳選 ― 読んで楽しんだ後は、仲間との話のネタが100本も増えます
  4. ブログでは原則廃止した「評点」が3つ1セットの五段階評価方式で復活
  5. イラストレータ西山カルロスさとしさんによるユーモラスな挿絵を随所に挿入
  6. 書き下ろしコラムも収録
  7. カバーには、臆面もなく著者近影付き

(評)不幸中の幸い度

2009年09月21日

22歳の女子ハードラーが滝から落ちた恋人を蘇生し、ビキニを脱いで止血し、下界まで担いで降りる

米国ミシガン州グラスレイクに1組のカップルがいる。シェリー・ジョンソンさん(22歳)とアーロン・コールさん(24歳)の2人だ。シェリーさんはミシガン大学で看護学を学んでいる。アーロンさんは東ミシガン大学の大学院で言語病理学を専攻している。つきあい始めて、もう4年になる。続きを読む

miccckey at 18:40|PermalinkComments(13)TrackBack(0)clip!

2009年07月31日

野外で全裸になって愛し合っている最中の男女カップルが落雷に襲われる

ドイツのヴェストファーレン州で、交通量の多いハイウェイのパーキングエリアに車を停めたカップルがいた。ランディ・ジェンス・ゴットリーブさん(36歳)とリサ・グルーンさん(28歳)の2人である。どういうわけか、2人とも真っ昼間から“その気分”になっていたのだが、パーキングエリアでは十分なプライバシーが確保できない。
続きを読む

miccckey at 17:47|PermalinkComments(21)TrackBack(0)clip!

2009年06月26日

トラックにはねられて姿を消したノルウェーの13歳少女が4キロ先で見つかり、一命を取り留める

ノルウェー・オスロの路上で、自転車に乗った13歳の少女がトラックにはねられた。一緒に走っていた友人たちがその瞬間を目撃していた。だが、次の瞬間、少女は忽然と姿を消してしまった。現場には少女の乗っていた自転車と片方の靴だけが残されていた。
続きを読む

miccckey at 17:26|PermalinkComments(10)TrackBack(0)clip!

2008年06月22日

自らブラを脱ぎ、谷間に張られたケーブルに引っ掛けてSOSの目印にした24歳女性ハイカーが70時間ぶりに救出される

林業が営まれている山へ行くと、ロープウェイのようなケーブルが谷間に渡されていることがよくある。伐採した木材を搬送するためのケーブルである。ドイツのベルヒテスガーデン地方にあるババリアン・アルプスと呼ばれる山間部で、6月19日(木曜日)の昼間、木材搬送用ケーブルにブラジャーが引っ掛かっているのが見つかった。続きを読む

miccckey at 17:12|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2008年06月18日

マンホールの蓋が噴き上がった瞬間、その真上を走行していた車が垂直に浮揚、逆方向に向きを変えて走る

米国ウィスコンシン州ヘールズコーナーズ市在住のシェリー・キトマンさんは、その日、食料品店を目指して市内の路上でミニバンを走らせていた。しかし、ある地点に差し掛かった瞬間、彼女のミニバンの後部が地面から1.5メートルの高さまで浮き上がった。続きを読む

miccckey at 02:57|PermalinkComments(11)TrackBack(0)clip!

2007年09月30日

へそピアスが弾丸と化して19歳女子学生の腹を貫通、脊柱に達する

英国カーディスのカレッジで芸術を専攻している19歳の女子学生ジェシカ・コリンズさんは、ドイツのワーキングホリデー・ビザを取得し、ドイツ各地の大聖堂の写真を撮影して回っていた。彼女は、小さな銀色のピアスをへそに入れていた。そのピアスが弾丸と化して彼女の腹部を貫いたのは、9月23日のことだった。続きを読む

miccckey at 02:38|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

2007年09月14日

片言英語しか話せなかったチェコ人ライダーがレース中に頭部を強打、目を覚ますと英語の天才に(ただし長続きせず)

頭部に強い衝撃を受けるなどして気を失った人が再び意識を取り戻したとき、彼は天才になっていた。あるいは、別の誰かと人格が入れ替わっていた。フィクションの世界なら、ありがちな設定である。どうやら、現実にそれに近いことが起きたらしく、英国のメディアがこぞって記事にしている。続きを読む

miccckey at 19:18|PermalinkComments(17)TrackBack(3)clip!

2007年08月22日

事故で脳の半分が破壊されて知的能力を失った青年が奇跡的に回復し、知能テストで稀に見る高得点を叩き出す

2005年7月のある日のこと、中国江蘇(チャンスー)省在住のワン・イーカイ君という19歳の少年が自宅近くの路上で突然の悲劇に見舞われた。ワン君は、同省西南大学への合格を果たしたばかりだった。9月から始まる大学生活 ― 前途洋洋たる未来が彼を待ち受けているはずだった。なのに、1台の自動車が無残にも彼を跳ね飛ばし、彼の頭蓋骨と大脳を破壊した。続きを読む

miccckey at 17:51|PermalinkComments(5)TrackBack(1)clip!

2007年06月08日

血液が緑色になってしまった男性

節足動物など、青い血を持つ生き物もいる。だが、人間の血液は赤いに決まっている。とりわけ動脈血は鮮やかな赤である。ところが、カナダ・バンクーバーのセントポール病院の医師たちは、深夜の緊急オペの直前、患者の動脈血を見て愕然とした。続きを読む

miccckey at 19:44|PermalinkComments(17)TrackBack(3)clip!

2006年11月12日

21歳女性が頭部に6発の銃弾を浴びるも、すべて頭皮の下で止まっていたので翌日退院

頭蓋骨がよほど硬くて頑丈なのか。頭皮が異常に分厚いのか。それとも強力な守り神がついているのか。頭部を6回も撃たれたのに軽傷で済み、翌日には退院してしまった女性がブラジルにいる。続きを読む

miccckey at 18:28|PermalinkComments(6)TrackBack(1)clip!