書籍版評点

【お知らせ】書籍版なんでも評点『世界のありえな〜い100選』が2月1日、宙出版より刊行!
■ブログ本の常識を破る『ありえな〜い100選』の7つの特長
  1. 読みやすい縦書き2段組
  2. ブログ記事をそのまま収録せず、さらに面白くなるようにブラッシュアップして収録
  3. ネタとしての珍奇さと、読み物としての面白さのバランスが取れた記事100本を厳選 ― 読んで楽しんだ後は、仲間との話のネタが100本も増えます
  4. ブログでは原則廃止した「評点」が3つ1セットの五段階評価方式で復活
  5. イラストレータ西山カルロスさとしさんによるユーモラスな挿絵を随所に挿入
  6. 書き下ろしコラムも収録
  7. カバーには、臆面もなく著者近影付き

(評)本末転倒度

2011年12月05日

自分たちを救うために現れた2人の牧師を売春宿の女性たちがレイプ?

ナイジェリア南部デルタ州の都市アサバには、ケーブルポイントという悪名高い地区がある。無数の売春宿とカジノが建ち並び、地元のやくざが仕切っている。信心という言葉からかけ離れたその街に、ある日2人の牧師がやって来た。聖職者である彼らの目的が買春や賭博であるはずがない。続きを読む

miccckey at 18:40|PermalinkComments(17)TrackBack(0)clip!

2010年11月09日

25歳の巨乳スペルマ・ハンターが精子の直接提供者のハンティングを繰り返す

英国のSUN ONLINEがララ・カーターという名の25歳の女性の話を取り上げている。ララさんは、自ら「スペルマ・ハンター」と名乗っている。彼女は昨年20人の見ず知らずの男と一度限りの関係を持った。スペルマ・ハンティングのためである。続きを読む

miccckey at 21:23|PermalinkComments(22)TrackBack(0)clip!

2010年03月19日

今まさに自殺しようとしているのに強盗に遭ってしまう(南ア)

43歳の男が死に場所を求めてさまよっていた。視線を上げると、向こうに工事中の橋が見える。灯油入りのペットボトルも持っていたのだが、あの橋から身を投げようと決めた。続きを読む

miccckey at 19:55|PermalinkComments(9)TrackBack(0)clip!

2008年10月30日

貧乳から運転免許を取り上げる法案が成立へ(ベトナム)

都市部の道路がバイクで溢れかえり、危険な交通事情を抱えているベトナムで、新しい法案が成立しそうな見込みである。この法案が成立すると、パッド入りのブラが飛ぶように売れるのではないかと予想されている。貧乳だとバイクを運転できなくなるからだ。続きを読む

miccckey at 01:28|PermalinkComments(14)TrackBack(2)clip!

2008年06月29日

子熊が家に居ついて幼い娘と一緒に眠るようになるも、1年後と1年数ヵ月後に悲劇が襲う

インド南東部のオリッサ州ケオンジャル県のルティシラ村で暮らしているラマ・シン・ムンダさんという男性が村はずれのジャングルの中を歩いていると、黒い毛で覆われた生き物が彼の後をついて来た。ナマケグマの赤ちゃんだった。まだ生後2、3日ではないかと思われた。続きを読む

miccckey at 19:43|PermalinkComments(12)TrackBack(1)clip!

2008年03月12日

太陽を直視しすぎたため少なくとも50人が失明 ― 見えないものを見ようとして、見えているものを見えないことにした結果か

ぼちぼち春分の日を迎えるわけだが、この時期、赤道付近の地域では真昼の太陽がほぼ真上から射す。インドの最南部に位置するケーララ州のコッタヤム県も(赤道よりまだ少し北に位置するとはいえ)、この時期は強烈な日射にさらされる。そして、その燦然と輝く太陽から決して目をそらそうとしない人たちがいる。続きを読む

miccckey at 17:57|PermalinkComments(12)TrackBack(2)clip!

2007年10月13日

「やがて人間がロボットと結婚する時代が来る」と大胆予測した英国人科学者がいるので、“生殖方法”を考えてみる

Googleで「ロボットと結婚」を検索してみると、1800件ほどヒットがある。子作りができない点を不問にすれば、ロボットと結婚するというのはある意味、合理的な発想かもしれない。生身のパートナーは、われわれの期待通りに反応してくれないことが多いからだ。続きを読む

miccckey at 03:39|PermalinkComments(30)TrackBack(1)clip!

2007年09月29日

「母さんは不細工すぎ。お金を同封したので、彼女を家に連れて行く前にその外見をなんとかしておいてね」

中国広東省のチェンさんという青年は、昨年、大学を卒業したばかり。在学中に金持ちの令嬢と恋に落ちた。彼女の両親が口を利いてくれたおかげで、実家のある東莞市とは別の市で仕事に就くことができた。続きを読む

miccckey at 02:29|PermalinkComments(19)TrackBack(3)clip!

2007年08月24日

「僕の持ち物は小さすぎる。寝室を真っ暗にするから、僕と摩り替わって彼女を満足させてやってくれ」と兄に頼んだ弟

ベルリンのマンフレッド・シューさん(26歳)は短小コンプレックスに悩んでいた。交際相手の女性がそろそろ深い関係になるのを望んでいるのは明らかだった。だが、こんな短小だと嫌われてしまうに違いない。何か良い方法はないか?続きを読む

miccckey at 17:50|PermalinkComments(7)TrackBack(3)clip!

2007年07月15日

生後すぐに生き別れになった15歳の双子美少女姉妹が再会を果たすも、片方を育ててきた実の母は双子を生んだ記憶なし

中米のエクアドルには「奇跡」という名前の都市がある。ミラグロス(Milagros)である。それが都市の名である以上、日常的に使われるその名が奇跡をもたらすと考えるのはナンセンスだ。しかし、今年の3月のこと、美しく成長した15歳の娘アンドレアを伴ってミラグロスのレストランで食事をしていたアウグスト・フレーレ&ペティータ・ペナエレーラ夫妻は、わが目を疑った。続きを読む

miccckey at 01:38|PermalinkComments(16)TrackBack(3)clip!