書籍版評点

【お知らせ】書籍版なんでも評点『世界のありえな〜い100選』が2月1日、宙出版より刊行!
■ブログ本の常識を破る『ありえな〜い100選』の7つの特長
  1. 読みやすい縦書き2段組
  2. ブログ記事をそのまま収録せず、さらに面白くなるようにブラッシュアップして収録
  3. ネタとしての珍奇さと、読み物としての面白さのバランスが取れた記事100本を厳選 ― 読んで楽しんだ後は、仲間との話のネタが100本も増えます
  4. ブログでは原則廃止した「評点」が3つ1セットの五段階評価方式で復活
  5. イラストレータ西山カルロスさとしさんによるユーモラスな挿絵を随所に挿入
  6. 書き下ろしコラムも収録
  7. カバーには、臆面もなく著者近影付き

(評)ありえな〜い度

2008年03月15日

患者と関係を持つナースが4万人もいる可能性が浮上(英国での調査結果)

ある種のフィクション、ビデオ、あるいはゲームの中ではナースがしばしば入院中の患者と関係を持つ。しかし冷静に考えてみれば、現実世界ではありえない展開である。そもそもわれわれは、そんなに元気だったら入院などしていない。ナースたちにしても、夜間は少人数で大勢の患者を看なければならないので、冗談も休み休みにしてくれといったところだろう。続きを読む

miccckey at 17:36|PermalinkComments(9)TrackBack(1)clip!

2008年02月24日

物心付いたころから自分の生きてきた全日数の記憶を完全に思い出せる男性 ― 驚愕の“自伝的記憶力”

あまりにもネタ日照りが続きすぎるので回想記みたいなものを書き始めたわけだが、記憶が頼りの作業となる。私は記憶力が悪い方ではないのだが、得意不得意の偏りが大きい。自分の体験をなかなか思い出せないことが多い。続きを読む

miccckey at 03:14|PermalinkTrackBack(0)clip!

2008年01月27日

「彼女ら3人をお前一人で満足させるのだ。さもないと撃つ」― 20歳青年が女3人との交わりを強要され精根尽き果てる

南アフリカ共和国ムプマランガ州で暮らしている20歳の青年が1月14日の夕刻にヒッチハイクした車には、3人の女と2人の男が乗っていた。そこに青年が加わったことで、男女の数が3対3の同数になった。しかし、不思議なことに3人の女は彼だけを求めてきたのである。続きを読む

miccckey at 03:05|PermalinkComments(18)TrackBack(2)clip!