書籍版評点

【お知らせ】書籍版なんでも評点『世界のありえな〜い100選』が2月1日、宙出版より刊行!
■ブログ本の常識を破る『ありえな〜い100選』の7つの特長
  1. 読みやすい縦書き2段組
  2. ブログ記事をそのまま収録せず、さらに面白くなるようにブラッシュアップして収録
  3. ネタとしての珍奇さと、読み物としての面白さのバランスが取れた記事100本を厳選 ― 読んで楽しんだ後は、仲間との話のネタが100本も増えます
  4. ブログでは原則廃止した「評点」が3つ1セットの五段階評価方式で復活
  5. イラストレータ西山カルロスさとしさんによるユーモラスな挿絵を随所に挿入
  6. 書き下ろしコラムも収録
  7. カバーには、臆面もなく著者近影付き

(評)ありえな〜い度

2014年02月16日

豚の成獣ほどの大きさの巨大幼虫がナポリ近郊で生きたまま捕獲される

巨大幼虫イタリアの新聞Giornalettismoが2014年1月22日に伝えたところによると、ナポリ近郊で大人の豚ほどの大きさの巨大幼虫が発見された。現場に急行した消防士たちがその不気味な生物におそるおそる接近すると、馬のいななきのような鋭い叫び声を上げた。その恐るべき姿を映し出した写真も同紙の記事に掲載されている。続きを読む

miccckey at 23:07|PermalinkComments(16)TrackBack(0)clip!

2009年08月26日

マイケル・ジャクソンの遺体を運んだバンから“生きたマイケル”が飛び降りるスクープ映像(?)が公開される(ビデオあり)

マイケル・ジャクソンの遺体がバンに乗せられてロサンゼルス郡検視局に到着した直後、そのバンのリアゲートからマイケル・ジャクソンらしき“生きた人物”が飛び降りる様子を映したビデオがLiveLeak.comに投稿された。続きを読む

miccckey at 15:54|PermalinkComments(24)TrackBack(2)clip!

2009年08月05日

北朝鮮が5基のロケットで月を地球に“持ち帰る”計画を発表(ビデオあり)

北朝鮮で、壮大な計画が発表された(?)。5基のロケットを月に向けて発射する。これらのロケットには牽引機能がある。月を牽引して朝鮮民主主義人民共和国に持って帰るというものだ。続きを読む

miccckey at 23:33|PermalinkComments(64)TrackBack(1)clip!

2009年07月16日

若い女5人組が自転車の男性をすれ違いざまに転倒させ、パンツを脱がせて局部をもてあそぶ(スウェーデン)

スウェーデン・オレブロ県中央部のヴィンテルガタンという町で、7月8日の夜9時ごろ、50歳の男性が自転車を走らせているとき、若い女性たちのグループとすれ違った。スウェーデンはブロンド美女の生息率がつとに高いことでも知られるわけだが、彼女らがいかに魅力的であったとしても、男性にとってはごくありふれた日常のワンシーンに過ぎないはずだった。男性は別にかまいもせず、通り過ぎようとした。
続きを読む

miccckey at 19:07|PermalinkComments(23)TrackBack(1)clip!

2009年05月23日

14歳の女子ゴールキーパーが1試合で2回も自陣ゴール前から敵陣ゴールへのシュートを決める

エミリー・ディクソンさん(14歳)は英国ハートフォードシャー州の女子サッカー・チーム“Hoddesdon Owls Girls”でゴールキーパーをしている。その日、彼女のチームはアンダー15マッチで“Stevenage Vixens”と対戦していたが、エミリーさんは敵チームに手痛いゴールを決められてしまう。

続きを読む

miccckey at 02:06|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

2008年07月28日

“海外面白系ニュースを扱うブロガー”へのインタビュー企画始まる@「がらくたGallery」

海外珍ニュース系ブログの世界では当ブログの大先輩に当る「がらくたGallery」で、 “海外面白系ニュースを扱うブロガー”へのインタビューという日曜企画が始まっている。第1回は「どうでもいいこと」ののぜきさん、第2回は「Heaven」のチキータさんがインタビューに答えておられる。そして第3回(7月27日掲載)は私である。
続きを読む

miccckey at 01:08|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2008年07月06日

200人もの乙女たちが1か所に集まって一斉に「処女検査」を受ける

南アフリカ共和国南部のクワズール・ナタール州にあるハーディングという町で、7月5日のこと、ある施設の前に200人もの乙女たちが集まってきた。施設の名は「クィニセラニ・マニュスワ部族裁判所(Qiniselani Manyuswa Tribal Court)」という。彼女らは裁判の傍聴に訪れたわけではない。彼女ら自身が“判定”を受けるために部族裁判所にやって来たのである。続きを読む

miccckey at 02:53|PermalinkComments(6)TrackBack(2)clip!

2008年05月10日

生まれてから3年間一睡もしたことがない3歳の男の子が元気に遊ぶ

生まれたばかりの赤ん坊は、だいたい1日に18時間眠る。しかし、3年前に米国フロリダ州セントピーターズバーグで生まれた男の赤ちゃんは、生まれた直後から、赤ん坊らしくすやすやと眠っている姿を見せることが一度もなかった。続きを読む

miccckey at 02:37|PermalinkComments(10)TrackBack(0)clip!

2008年04月28日

指一本触れることなく電話だけで20歳女性の処女を奪い、局部から出血させたとして30歳男性が告訴される

北アフリカのイスラム国チュニジアで、30歳の男性が20歳の女性の純潔を奪ったとして親に告訴されている。しかし、彼女が処女を喪失して出血したその瞬間、男性は別の場所にいた。つまり、彼は一切の肉体的接触を伴うことなく娘の純潔を奪ったとして訴えられているのだ。そんなことが果たして可能なのか? 続きを読む

miccckey at 17:22|PermalinkComments(18)TrackBack(1)clip!

2008年04月10日

空から全裸の女が降ってきて男性宅のソファに見事に着地、奇跡的に無傷で助かる?

ガーナの首都アクラで暮らしているアンポンサー・ボアテングさんという男性の部屋に全裸の女が突然現れたのは、4月8日午前3時45分ごろのことだった。ボアテングさんが気づいたときには、ソファの上に見知らぬ女が一糸まとわぬ姿で横たわっていた。びっくり仰天したボアテングさんが「お前は誰だ? 私の部屋で何をしている?」と声をかけると、女は「空を飛んでいたら、撃ち落されちゃったのよ」と答えるではないか。続きを読む

miccckey at 03:17|PermalinkComments(4)TrackBack(2)clip!