書籍版評点

【お知らせ】書籍版なんでも評点『世界のありえな〜い100選』が2月1日、宙出版より刊行!
■ブログ本の常識を破る『ありえな〜い100選』の7つの特長
  1. 読みやすい縦書き2段組
  2. ブログ記事をそのまま収録せず、さらに面白くなるようにブラッシュアップして収録
  3. ネタとしての珍奇さと、読み物としての面白さのバランスが取れた記事100本を厳選 ― 読んで楽しんだ後は、仲間との話のネタが100本も増えます
  4. ブログでは原則廃止した「評点」が3つ1セットの五段階評価方式で復活
  5. イラストレータ西山カルロスさとしさんによるユーモラスな挿絵を随所に挿入
  6. 書き下ろしコラムも収録
  7. カバーには、臆面もなく著者近影付き

《アート/音楽》

2014年11月27日

40年前のLEGOブロックセットに入っていたレターが今もなお人々の共感を呼ぶ ― そのメッセージの内容とは?

もう何十年も前から世界中の子供たちを夢中にさせてきたレゴ(LEGO)のブロック玩具。1970年代に販売されていた特定のレゴブロックセットには、"To parents"(保護者の方へ)と題するレターが同梱されていた。そこに込められたメッセージが40年後の今、時代を超えて人々の琴線に触れ、Twitterなど、英語圏のSNSで大きな反響を呼んでいる。
続きを読む

miccckey at 23:08|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2014年02月20日

12の人格を持ち、それぞれが異なるスタイルの絵を描く女流画家

英国にキム・ノーブルさんという47歳の女性がいる。彼女は14歳のころから20年間にわたり、入退院を繰り返した。精神に不調をきたしたせいだった。しかし、診断は鬱病、拒食症、統合失調症など医師によって異なっていて、根本的な問題がわからないままだった。
続きを読む

miccckey at 20:38|PermalinkComments(8)TrackBack(0)clip!

2010年08月23日

世界的に名を売るチャンス? ― NASAがスペースシャトル・ラストミッションで使用する“目覚まし曲”を一般公募

スペースシャトルのミッションは、残すところあと2回。2011年2月26日に予定されているエンデバー発射が最後となる。NASAでは、アポロ時代から現在に至るまでの伝統として、宇宙飛行士に“目覚まし曲(Wake-Up Song)”を聞かせている。続きを読む

miccckey at 02:10|PermalinkComments(11)TrackBack(0)clip!

2010年07月27日

児童が登場する猥褻な日本のマンガを所持していたとしてスウェーデン人翻訳家に有罪判決

スウェーデン・ストックホルム近郊のウプサラ地方裁判所で、6月30日、ある翻訳家に罰金刑が言い渡された。翻訳家は、インターネットから日本の漫画の画像を15枚ダウンロードして所持していた。彼の言い分によれば、「日本の漫画の最新の動向に遅れをとらないこと」が画像所持の目的だった。
続きを読む

miccckey at 01:59|PermalinkComments(23)TrackBack(1)clip!

2009年08月26日

マイケル・ジャクソンの遺体を運んだバンから“生きたマイケル”が飛び降りるスクープ映像(?)が公開される(ビデオあり)

マイケル・ジャクソンの遺体がバンに乗せられてロサンゼルス郡検視局に到着した直後、そのバンのリアゲートからマイケル・ジャクソンらしき“生きた人物”が飛び降りる様子を映したビデオがLiveLeak.comに投稿された。続きを読む

miccckey at 15:54|PermalinkComments(24)TrackBack(2)clip!

2009年07月31日

さあみんなで『毒りんご』を食べよう

先日の記事でも触れたが、ビーイング系Giza所属のシンガーソングライター土山久美子さんのデビュー・ミニアルバム『毒りんご』(全9曲)が7月8日にリリースされた。アーチスト名は“moca”になっているが、これは彼女のソロユニットの名前である。作詞家・作曲家名は土山久美子になっている。
続きを読む

miccckey at 02:30|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip!

2009年07月08日

航空会社に3500ドルのギターを壊され、弁償を拒否されたミュージシャンがその怒りを楽曲に昇華させて華麗なるリベンジ

米国のカントリー/ポップス/フォーク系歌手デーブ・キャロルさんが昨年、バンド“Sons of Maxwell”の一員としてネブラスカ州に1週間のツアーへ出かけたとき、シカゴ空港で3500ドルもするTaylor社製のギターが破損するという出来事があった。破損の原因はユナイテッド航空の手荷物係員がケースごとギターを投げ捨てたからだった。
続きを読む

miccckey at 16:05|PermalinkComments(20)TrackBack(0)clip!

2009年05月25日

東アジアには絶対音感を持つ人が欧米よりはるかに多いことが判明

絶対音感を持つ人がいれば羨望のまなざしを浴びる。我が子に絶対音感を身につけさせたがっている親は世の中に五万といる。だが、絶対音感を持つ人は1万人に1人しかいないと言われている。この「1万人に1人」という出現率は、あくまで欧米での調査結果に基づくものであって、アジアでの調査に基づくものではない。

続きを読む

miccckey at 02:14|PermalinkComments(12)TrackBack(0)clip!

2009年03月01日

カラオケ熱唱中の男性がマイクからの漏電で感電死

カラオケ発祥の地、日本では聞いたこともないカラオケ中の死亡事故をカンボジアの“プノンペン・ポスト”がごく短い記事で伝えている。同国コンポンスプー州の村で2月22日の夜のこと、チュム・ヴティという48歳の男性が自宅で一人酒を飲みながらカラオケを歌っていたところ、感電死してしまった。続きを読む

miccckey at 18:26|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip!

2008年12月14日

ベルリンの44歳ホームレス男性がタレント発掘ショーで魂の音色を響かせ、一躍スターの座に

彼の名はマイケル(ミハエル)・ヒルテ。44歳の路上生活者だ。1991年まで大型トラックの運転手の職に就いていたが、運転中に立木に衝突する事故を起こし、意識不明に陥り生死の境をさまよった。2か月後ようやく目を覚ましたときには、片目の視力を失っていた。続きを読む

miccckey at 17:18|PermalinkComments(13)TrackBack(2)clip!