書籍版評点

【お知らせ】書籍版なんでも評点『世界のありえな〜い100選』が2月1日、宙出版より刊行!
■ブログ本の常識を破る『ありえな〜い100選』の7つの特長
  1. 読みやすい縦書き2段組
  2. ブログ記事をそのまま収録せず、さらに面白くなるようにブラッシュアップして収録
  3. ネタとしての珍奇さと、読み物としての面白さのバランスが取れた記事100本を厳選 ― 読んで楽しんだ後は、仲間との話のネタが100本も増えます
  4. ブログでは原則廃止した「評点」が3つ1セットの五段階評価方式で復活
  5. イラストレータ西山カルロスさとしさんによるユーモラスな挿絵を随所に挿入
  6. 書き下ろしコラムも収録
  7. カバーには、臆面もなく著者近影付き

《社会/文化/生活》

2009年07月23日

逮捕状を出されていた男が3億7千万円相当の宝くじ当籤金を受け取りに堂々と現われる ― 逮捕されても勝ち組?

カナダ・オンタリオ州南部のブランプトンにバリー・シェルという45歳の男がいる。善良な市民とは言えない人物だ。窃盗を働いた疑いなどで、2003年に裁判所から呼び出しがかかっていたが無視して出頭せず。その後、警察が逮捕状を取ったが、なぜか捕まることもなく地元でのうのうと暮らしていた。
続きを読む

miccckey at 02:45|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

2009年07月16日

若い女5人組が自転車の男性をすれ違いざまに転倒させ、パンツを脱がせて局部をもてあそぶ(スウェーデン)

スウェーデン・オレブロ県中央部のヴィンテルガタンという町で、7月8日の夜9時ごろ、50歳の男性が自転車を走らせているとき、若い女性たちのグループとすれ違った。スウェーデンはブロンド美女の生息率がつとに高いことでも知られるわけだが、彼女らがいかに魅力的であったとしても、男性にとってはごくありふれた日常のワンシーンに過ぎないはずだった。男性は別にかまいもせず、通り過ぎようとした。
続きを読む

miccckey at 19:07|PermalinkComments(23)TrackBack(1)clip!

2009年06月26日

トラックにはねられて姿を消したノルウェーの13歳少女が4キロ先で見つかり、一命を取り留める

ノルウェー・オスロの路上で、自転車に乗った13歳の少女がトラックにはねられた。一緒に走っていた友人たちがその瞬間を目撃していた。だが、次の瞬間、少女は忽然と姿を消してしまった。現場には少女の乗っていた自転車と片方の靴だけが残されていた。
続きを読む

miccckey at 17:26|PermalinkComments(10)TrackBack(0)clip!

2008年12月05日

“1か月も早いクリスマス”の翌朝、15歳の少女が瞳を見開いたまま夭折する

南アフリカ共和国ヨハネスブルグ都市圏の住宅街シャロン・パークで暮らすルーシュ一家は、父ソリー(39歳)、母フランシス(37歳)、長女ダニエル(15歳)、次女ビアンカ(11歳)の4人家族。このルーシュ家では、約1か月も早い11月28日にクリスマスのキャンドルを囲むことになった。これには切実な理由があった。続きを読む

miccckey at 01:12|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip!

2008年10月06日

銀行強盗に気づいた華奢なウエイトレスが店から飛び出し、銃もないのに犯人の背後から「動くな!撃つぞ」と命令 ― その結末やいかに?

西にメキシコ湾、東に大西洋を臨みながら北から南へ延びるフロリダ半島のちょうど中央部、フロリダ州タンパ市近郊にリチアという町がある。9月28日土曜日の朝も、町の一角のコーヒー店DaSilva's Coffee Houseではウエイトレスたちがいつもと変わりなく、せっせと働いていた。続きを読む

miccckey at 01:21|PermalinkComments(32)TrackBack(2)clip!

2008年09月24日

淀川での水難救助現場に遭遇、ヘリによる吊り上げ救助シーンを撮影

筆者は昨年暮れに自動車生活をやめてから、自転車で大阪市内を移動する日々を送っている。多少遠回りしても淀川の河川敷/堤防や淀川の支流に沿った自転車専用道路を走ることが多い。そのせいで、毎日の平均走行距離が30キロほどになっている。今日も淀川の河川敷に向かう道を走っていると、なにやら正体不明の物体が空に浮かんでいるのが見えた。
続きを読む

miccckey at 17:40|PermalinkComments(25)TrackBack(0)clip!

2008年08月11日

漆黒の闇の中から若い女性の声、明るいところまで連れて行くと全裸であったことが判明

米国ミシガン州は内陸にありながら、面積の40%を水域が占めている。五大湖のうちの4つに囲まれているからだ。ミシガン湖とヒューロン湖に挟まれた陸地部分の中心部に位置するクレア郡で、8月5日の夜、不思議な出来事があった。続きを読む

miccckey at 00:50|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

2008年08月06日

逃走車両のキーを抜け ― 宝石店に押し入った3人組を通りすがりの男性が間接的に無力化した方法とは

英国南東部イーストサセックス州の州都リュースで、“WE Clark and Son”という家族経営の宝石店の前に野次馬が集まってきた。どうやら今現在、この宝石店の中で事件が発生している真っ最中らしい。目だし帽を被った男3人組が店に押し入ったという。続きを読む

miccckey at 14:35|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2008年08月02日

収容定員の2倍半、6000人超の男たちが詰め込まれている女人禁制の刑務所にコンドーム無料配布機を導入

その施設はカリフォルニア州ソラノに存在する。設計上の収容人数は2,610人だったが、収容される者が後を絶たず、2007年9月には収容者人口が6,025人に達したという。しかも、その全員が男性である。続きを読む

miccckey at 01:33|PermalinkComments(7)TrackBack(1)clip!

2008年07月28日

15歳少年が摂氏150度のアスファルトの中に消える

真夏のアスファルト舗装は焼け付くような熱さだ。炎天下では摂氏60度を超える。カナダ・マニトバ州でアンドリュー君という15歳の少年がアスファルトに焼かれて若い命を落とした。しかし、彼はアスファルトの表面上で焼かれたのではなく、アスファルトの中に埋もれて焼かれたのだった。続きを読む

miccckey at 16:31|PermalinkComments(9)TrackBack(0)clip!