なんでも評点:《メディカル/バイオ》

《メディカル/バイオ》

2010年02月04日

膣のない15歳の少女が口から妊娠 ― 3つの偶然が重なった“奇跡”

生まれつきヴァギナのない15歳の少女が口から消化管を通じて妊娠したという類い希なる事例が医学文献に報告されている。普通、口から入った精子が子宮に到達することはない。しかし、紙一重の偶然がそれを可能にしたのだ。続きを読む

miccckey at 03:21|PermalinkComments(49)clip!

2009年11月16日

低学齢者ほど新型インフルエンザで重症化しやすい?

Science Dailyが伝えるところによると、ニューヨーク市立ハンター大学のジェニファー・ダウド准教授(疫学・生物統計学)とミシガン大学公衆衛生大学院のアリソン・アイエロ准教授(疫学)は共同研究の結果として、「低学歴者ほど、新型インフルエンザ(H1N1)を患いやすく、ワクチンが効きにくい」可能性を示唆している。
続きを読む

miccckey at 02:16|PermalinkComments(9)TrackBack(0)clip!

2009年11月08日

ヤンマガ連載中の「喧嘩商売」になんでも評点が登場(ただしネタ元として)

当ブログには、「超人は実在する」というエントリがある。「ヤングマガジン」の11月23日号(11月9日発売)をご覧になって驚く方がいることだろう。同誌に2005年から連載されている「喧嘩商売」(木多康昭作)の今回連載分(第156話:横綱)は「超人は実在する」という一文で始まっている。続きを読む

miccckey at 02:06|PermalinkComments(20)TrackBack(1)clip!

2009年09月28日

新型インフル対策としてサウナが有効?

欧州では、サウナに風邪やインフルエンザの予防効果があると広く信じられている。英語Webを少し検索してみると、"1989 German Study"で多数のヒットがある。1989年にドイツで発表された研究結果によると、週2回サウナに入るだけで、風邪やインフルにかかるリスクが半減することがわかったという。続きを読む

miccckey at 18:56|PermalinkComments(12)TrackBack(0)clip!

2009年09月19日

見たことのある人の顔を絶対に忘れない「スーパー・レコグナイザ」たち ― “見当たり捜査官”としても活躍か

9月2日午前10時45分頃、福岡県大刀洗町上高橋の路上で輸送車を運転中、ジュラルミンケース四つに入った現金計約7200万円を盗んで逃走したとして指名手配されていた上野高義容疑者(65歳)が、9月18日正午ごろ大阪市北区の場外舟券売り場「ボートピア梅田」で大阪府警の捜査員に逮捕された。ネットで公開されている新聞記事には書かれていないようなのだが、上野容疑者を逮捕したのは、“特殊能力”を持つ捜査官だという。続きを読む

miccckey at 17:10|PermalinkComments(17)TrackBack(1)clip!

2009年08月22日

新型インフル第2波により棺桶と墓穴が不足する? ― 英国では全国民へのワクチン接種を表明しつつ埋葬キャパの増強も

5月27日付けの「夏になっても新型インフルエンザが終息しないとしたらどうなる?」という記事で危惧したとおりの展開になってきた。第1波、第2波というと、第1波が収まった後で第2波が来るという含みに聞こえていたわけだが、実際には第1波がそのまま居座り続け、ここにきて波高を増している。続きを読む

miccckey at 02:51|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip!

2009年08月11日

成長するにつれて少女の肌が褐色から白へ変わり、17歳で白人への変身を完了(画像あり)

ロンドンでファッション・デザイナーをしているダーセル・デ・フルーフトさん(23歳)は透き通るような白い肌の持ち主だ。だが彼女はトリニダード出身の黒人夫婦の間に生まれた。生まれつき肌が白いわけでもない。幼いころは両親と同じように褐色の肌をしていた。
続きを読む

miccckey at 17:16|PermalinkComments(33)TrackBack(0)clip!

2009年05月27日

夏になっても新型インフルエンザが終息しないとしたらどうなる? ― 実際、CDCも夏場に流行が続く可能性を考慮

インフルエンザ・ウィルスは湿気に弱いので夏場までにいったんは終息する。本当だろうか? 北米の専門家の間では、夏場にも流行が続く可能性があるという指摘が出されている。
続きを読む

miccckey at 02:59|PermalinkComments(6)TrackBack(2)clip!

2009年05月19日

新型インフルは春先から国内で流行していたのに放置されていた? そして、一番の貧乏くじを引くのは日本?

病人を新型ウィルスから守るのが一番の対策では?


先の記事で、慢性疾患などで入院中の患者が新型インフルエンザに感染するのが最も心配と書いた。これまでのメキシコや米国からの報告によると、基礎疾患のある人が感染した場合に重症化することが多いとされているからだ(reference)。で、昨日の昼頃、母が入院している病院から電話がかかってきた。

続きを読む

miccckey at 02:19|PermalinkComments(6)TrackBack(1)clip!

2009年05月17日

新型インフルはすでに蔓延? ― 国立感染症研究所の「インフルエンザ様疾患発生報告」で昨年同時期は発生数ゼロなのに今年は・・・

昨年同時期はゼロ人なのに今年は879人


神戸と大阪の高校3校で、新型インフルエンザ感染者が続々と報告されている。首都圏では今のところ、新型インフルエンザの感染報告がないことから、神戸や大阪が現時点の“感染地域”だと勘違いしている人も多いようで、某巨大掲示板を見れば神戸と大阪を隔離せよ・・・みたいな書き込みが多々見られる。しかし、これまでの政府は、渡航歴があり、なおかつ発熱している患者に対してのみ新型ウィルスの検査を行うように通達を出してきた。

続きを読む

miccckey at 16:43|PermalinkComments(11)TrackBack(0)clip!