書籍版評点

【お知らせ】書籍版なんでも評点『世界のありえな〜い100選』が2月1日、宙出版より刊行!
■ブログ本の常識を破る『ありえな〜い100選』の7つの特長
  1. 読みやすい縦書き2段組
  2. ブログ記事をそのまま収録せず、さらに面白くなるようにブラッシュアップして収録
  3. ネタとしての珍奇さと、読み物としての面白さのバランスが取れた記事100本を厳選 ― 読んで楽しんだ後は、仲間との話のネタが100本も増えます
  4. ブログでは原則廃止した「評点」が3つ1セットの五段階評価方式で復活
  5. イラストレータ西山カルロスさとしさんによるユーモラスな挿絵を随所に挿入
  6. 書き下ろしコラムも収録
  7. カバーには、臆面もなく著者近影付き

《美と健康》

2015年06月13日

女性が背中から手を回して自分のおへそにタッチする「ベリーボタンチャレンジ」のセルフィーが世界的流行の兆し?

英国のBBCMirrorによると、主として細身の女性が片手を背中から回して自分のおへそ(belly button)にタッチする「ベリーボタンチャレンジ」のセルフィー画像がSNS上で世界的流行の兆しを見せているという。
続きを読む

miccckey at 00:31|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2014年04月12日

18歳のときに外性器の細胞から培養された人工膣の移植を受けた女性が写真入りでインタビューに答える ― 移植された器官は完全に機能

18歳のときに研究室で培養された人工膣の移植を受けた女性が氏名非公表ながらも顔写真入りで英国New Scientist誌の電子メールインタビューに答えている。膣、子宮、卵管の一部または全体が欠如しているか、もしくは未発達なMRKH(メイヤー・ロキタンスキー・クスター・ハウザー症候群)と呼ばれる障害を持って生まれる女子が4500人に1人いると言われている。
続きを読む

miccckey at 18:06|PermalinkComments(10)TrackBack(0)clip!

2014年03月10日

落とした食べ物の5秒ルールが正しかったことが科学的に証明される ― 英国アストン大学

3秒または5秒以内なら床に落とした食品を食べても大丈夫? 嘘か本当かよくわからない「3秒ルール」もしくは「5秒ルール」だが、習慣的に実践している人が少なくないはず。これ、実は万国共通のルールである。英語ではfive-second ruleと言い、日本語の「5秒ルール」とまったく同じ意味を持つ。
続きを読む

miccckey at 20:18|PermalinkComments(18)TrackBack(0)clip!

2014年03月04日

裏側に体内挿入用の突起 ― リオのダンサーの下腹部を覆う貝殻形装身具のひみつ

リオのカーニバルといえば、全裸と見まがうほど露出の高い衣装をまとった女性ダンサーをまず思い浮かべる人が多いはず。上半身はほぼトップレスのダンサーが普通にいるし、下半身も「前張り」しか付けていないダンサーが多く見られる。
続きを読む

miccckey at 16:03|PermalinkComments(20)TrackBack(0)clip!

2014年02月12日

足を閉じて腹筋運動をしている女性が突如として絶頂感に達する“コアガズム”とは【再】

leg raiseスポーツやフィットネスで体を動かしている最中の人の脳裏に性的な想念が沸き起こってくることはまずありえない。そりゃ、男性の場合はジムで運動しているときでも、スタイルのよい女性がボディラインくっきりのウェアでエクササイズしていようものなら目を奪われる。しかし、あくまで目の保養の域を超えないはずであり、体の一部が思わず反応してしまうことはないだろう。
続きを読む

miccckey at 21:10|PermalinkComments(18)TrackBack(0)clip!

2011年06月27日

体脂肪を燃やす「褐色脂肪細胞」は背中ではなく首前面から胸にかけて存在する ― 胸もとを冷やすだけで痩せられる?

われわれの身体に付く脂肪は、脂肪細胞の中に貯えられる。皮下や内臓の周りなどに直接脂肪が蓄積されるわけではない。脂肪細胞が多いほど太りやすいことになる。しかし、脂肪を貯える代わりに燃やす働きをする脂肪細胞も存在することをご存じの人も多いだろう。続きを読む

miccckey at 03:14|PermalinkComments(37)TrackBack(0)clip!

2009年09月29日

女性器に対してポジティブな意識を持つ女性ほどオーガズムを得やすいことが判明 ― 女性器に関する意識調査の結果

米国インディアナ大学所属のセクシャルヘルス促進センターで副所長を務めるデビー・ハーベニック女史らが、28歳〜23歳の女性362人と男性241人を対象に「女性器についてどう思うか?」という意識調査を実施し、その結果を“International Journal of Sexual Health”誌9月号で発表している。続きを読む

miccckey at 19:01|PermalinkComments(16)TrackBack(0)clip!

2009年09月28日

新型インフル対策としてサウナが有効?

欧州では、サウナに風邪やインフルエンザの予防効果があると広く信じられている。英語Webを少し検索してみると、"1989 German Study"で多数のヒットがある。1989年にドイツで発表された研究結果によると、週2回サウナに入るだけで、風邪やインフルにかかるリスクが半減することがわかったという。続きを読む

miccckey at 18:56|PermalinkComments(12)TrackBack(0)clip!

2009年08月19日

美女ほど多くの美女児を産むため、やがて世界は美女だらけになる?

フィンランド・ヘルシンキ大学の研究者マルクス・ヨケラ氏が今年の7月に発表した論文によると、人類の中で美女が占める割合が増加の一途にあるという。しかし、美男はそんなに増えていない。なぜか?続きを読む

miccckey at 19:38|PermalinkComments(14)TrackBack(0)clip!

2009年08月11日

成長するにつれて少女の肌が褐色から白へ変わり、17歳で白人への変身を完了(画像あり)

ロンドンでファッション・デザイナーをしているダーセル・デ・フルーフトさん(23歳)は透き通るような白い肌の持ち主だ。だが彼女はトリニダード出身の黒人夫婦の間に生まれた。生まれつき肌が白いわけでもない。幼いころは両親と同じように褐色の肌をしていた。
続きを読む

miccckey at 17:16|PermalinkComments(33)TrackBack(0)clip!