2004年10月28日

新潟県中越地震 - 凶器と化した岩の隙間で生き延びた2歳児《けなげさ10》


2歳の優太ちゃんが土砂崩れ現場から救出されたためだろう。「奇跡の生還」での検索ヒットが目に付く。次のリンクをクリックすると救出シーンのビデオを見ることができる。



新潟県中越地震で行方不明になっていた同県小出町中原の主婦、皆川貴子さん(39)ら母子3人のうち、長男の優太ちゃん(2)が27日午後2時半過ぎ、同県長岡市妙見町の土砂崩れの現場で救出され、同市内の病院に運ばれた。病院によると、命に別条はないという。同日午後4時半過ぎには、土砂に埋まった車の中から貴子さんも運び出されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。泥などが口や鼻に詰まり、事故直後に窒息死したとみられる。東京消防庁などは長女の真優ちゃん(3)の捜索を続けている。

 病院によると、優太ちゃんは頭にけがをし、脱水と低体温の症状があるが、意識ははっきりしている。父の学さん(37)に「水が飲みたい」と話したという。この日の救出作業は午後1時25分に開始。東京消防庁によると、電磁波を使った人命探査装置で人の心臓の鼓動を確認し、同45分に掘り起こし作業を始めた。午後2時31分、隊員の呼びかけに答える声を確認した。 (21:49) 【NIKKEI NET:社会 ニュース】



当ブログでは、奇跡の生還の例をいくつか取り上げてきた(詳細は、「奇跡の生還関連記事ダイジェスト」を参照)。今回も、優太ちゃんが岩の隙間から救出されるシーンをテレビで見て、筆者の目は釘付けになった。

発見されたとき、後部を下にして岩に埋もれていた車体と岩の間の1メートルから50センチほどの隙間に茫然と立っていたという。

母親は即死だったと見られる。姉の真優ちゃん(3)らしき姿が確認されたが既に生体反応がないという報道があった。優太ちゃんは、たった一人で暗い岩の中、3日間を生き延びてきたのだ。

まだ2歳なのに、優太ちゃんはポットのミルクを自分で飲んで渇きと飢えを癒していたと伝えられている。なんとけなげなことだろうか。その「けなげさ」は当然のことながら満点である。

けなげさ10■■■■■■■■■■


優太ちゃんは頭部に長さ15センチ〜20センチのU字状の傷を負っているが、CT検査の結果、頭蓋骨骨折や頭蓋内出血、脳内出血などは認められず、内臓にも損傷は認められないとのこと。

(図解画像入り英語記事はこちらEnglish Version available)

当ブログの全記事一覧を見る



この記事の先頭に戻る
Google
WWW を検索 評点

miccckey at 00:12│
はてなブックマーク - 新潟県中越地震 - 凶器と化した岩の隙間で生き延びた2歳児《けなげさ10》
Comments(0)TrackBack(2)clip!
(評)けなげさ 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 被災地に妊婦さんがいる場合、みんなはどうすればいい?  [ 新潟復興ボランティアを支援するBLOG ]   2004年10月29日 00:43
妊婦さんに対する提言が抜けているとの コメントをいただきました。 既に現地を抜けられてどこかに 身を寄せられているかもしれませんが、 これは確かに気になります。  ・ 妊婦さんだからこそ必要なもの  ・ 妊婦さんがお子さんが生まれたあとに    必...
2. スパマーよ人間としての心が在るのなら...  [ 黄泉[裏]新聞 - 号外 ]   2004年10月29日 22:28
地震の被災者の方々は、[出会い]とかって状態ではない!!!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔