2004年06月01日

看板に偽りはないとしても...《まぎらわしさ評点 5》


Dさんは、高架線路脇のビルの1階にある事務所で、いつものように一人で仕事をしていた。と、いきなりドアを開けて見知らぬ人が入ってきた。

「おりゃー。お前とこの天然水、錆びた釘が入っていたぞ」ガラの悪い男だったが、確かに異物入りの未開封ペットボトルを手に携えていた。
「天然水? なんのことでしょ? 見ての通り、私は一人で図面を描く仕事をしてます。天然水なんて売ってませんよ」
「なんだと? じゃあ、このビルの屋上の看板は、どういうわけなんだ?」
「看板? そういえば看板がありますよね。しかし、あれはこのビルのオーナーが広告会社に委託してるものだと思いますよ。つまり、私にも関係なければ、このビルの2階や3階にある会社にも関係ない。電車からよく見えるので条件がいいとかいう話です」

ちょうどそのころ、国道脇のマンションの管理人Fさんがいつものように雑務をこなしていると、管理人室の前に初老の夫婦とおぼしき二人が訪ねてきた。

「このホテル、天然温泉が湧いてるんですって? 家内がぜひ浸かっていきたいというもので、お風呂だけでも利用できるのかと思って・・・」とだんなさん。
「それにしても、変わってますわねえ。このホテル。療養型なのかしら。みんな長期滞在して、ここで湯治していくのかしら。だって郵便受けまであるんですもの」と奥さん。

やれやれ。今月になって、これで3組目くらいだよなあ。とFさんは心の中でつぶやいた。この間、なんでもカントリークラブがつぶれたとかで、屋上の看板を遠く離れた温泉地のホテルの看板に変えたら、この有様。さすがにゴルフ場だと勘違いされることはなかったけど。

ちょうどそのころ、家族連れで高速道路をドライブしていたGさんは、娘にせがまれて高速道路を途中で降りることに。「ワンちゃん・子猫ちゃんが数百匹も勢ぞろい」というペットショップの看板を見つけて、どうしても見に行きたいと言って聞かないのだ。我が家には熱帯魚がいるから、もうペットはいいじゃないかと言っても無駄。

その車に続いて、友達5人で腹を空かしていたH君たちの車も高速を途中で降りた。ちょうど、和食チェーン店の看板を見つけたからだった。

さて、どうなったでしょう? 家族連れのGさんたちが何とか看板の位置までたどり着いてみると、少し離れたところに熱帯魚屋を発見。でも、目的の大型ペットショップはどこにも見当たらない。

若者5人連れのH君一行は、狙い通り和食の店にたどり着いた。だけど、いつも知ってるチェーン店とはかなり雰囲気が違うし、名前も漢字のはずが、すべてひらがな。第一、店自体は新しくてきれいなのだが、どう見ても雑居ビルの1階の普通の居酒屋という雰囲気。

その店の店主Jさんは、こういう客が来るたびに「してやったり」とほくそえむ。脱サラしてお店を開くにあたって、前に似た経験のあったJさんにひらめいた名案だったのだ。あえて、屋上に和食チェーンの看板があるビルを選び、その1階にまぎらわしい名前の店を開く。

さて、家族連れのGさんたちは、結局、熱帯魚屋に寄って、新しい熱帯魚を数匹お買い上げ。熱帯魚屋の主人も居酒屋の主人同様、ほくそえむ。

というような場合のまぎらわしさ評点は5くらいとしておきましょう。看板自体に偽りがあったわけでもなく、間違える側もそそっかしすぎるわけですから。

そうそう、開店半年後、まぎらわしい名前の居酒屋の店主は、チェーン店側からクレームを付けられました。無視して営業を続けていると、ビルのオーナーから、契約条項に違反しているということで立ち退きを命じられたということです。チェーン店側から看板の契約を解除されたらビルオーナーの不利益になるからというわけでした。

このお話は、もちろんフィクションですが、一部筆者が見聞きした事実も混じっています。



当ブログの全記事一覧を見る



miccckey at 00:52│
はてなブックマーク - 看板に偽りはないとしても...《まぎらわしさ評点 5》
Comments(1)TrackBack(2)clip!
(評)まぎらわしさ 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. まぎらわしさ  [ 用語解説 - なんでも評点 ]   2004年07月04日 23:41
この世には、いろんなまぎらわしさが渦巻いていますが、「意図しないまぎらわしさ」と「意図的なまぎらわしさ」の二種類に大別できそうです。 「たとえば、ンとソ、0とO...」の記事で言うと、ソとンがまぎらわしい筆跡は、意図しないまぎらわしさになります。信用状をわざと
2. そんなものが誘致されたら...《はた迷惑評点 9》  [ なんでも評点 ]   2004年07月05日 12:50
「看板に偽りはないとしても...」のお話で大型ペットショップの看板に惑わされた家族連れのGさんは、高速道路には戻らず、そのまま市街地の道に沿って車を走らせた。 瀟洒なマンションに面した交差点で信号待ちをしていると、娘がまたしても看板を見つけた。まだ幼稚園年長

この記事へのコメント

1. Posted by goki   2004年06月06日 01:31
おいらもこの前、この手の看板にだまされちゃったよ。8点と評価したいなあ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔