2004年08月17日

ドイツ軍 - 異性間のみならず同性間についても禁欲令解除《公平さ8》


イギリスでは、男女の警察官が勤務中に衆人環境でふしだらな行為を働くことが日常化しているとして問題になってらしいが、ドイツ軍は、このほど、兵士に対する禁欲令を解除することを決定した。

もちろん、勤務時間中の「行為」は厳禁である。自由時間内であれば、仕事に差し支えない範囲内で自由に行ってよいということだ。本国内だけではなく、バルカン半島とアフガニスタンに駐屯しているドイツ兵にも、これが適用されるという。

この話は既にニュースになっているかと思うが、注目すべきは異性間だけでなく同性間の関係や行為も認めていることである。ドイツ兵の男女構成は、男性253,000名に対し女性10,600名である。数字的に見れば、「異性間」だけではまかなえそうにないのがわかる。

公平な姿勢は評価できる。本件の「公平さ」は8ポイントと評価しよう。しかしながら、同性愛を決して否定はしないが、男女構成比から考えて、軍隊で同性愛に目覚める若者が増えるのではないか。

透け透け水着もドイツ人なら、さほど気にしないのではないかと書いたが、性的タブーがますます薄くなっているドイツらしい話ではある。




■ News Source: Ananova - German soldiers allowed to have sex with each other

当ブログの全記事一覧を見る


miccckey at 13:58│
はてなブックマーク - ドイツ軍 - 異性間のみならず同性間についても禁欲令解除《公平さ8》
Comments(1)TrackBack(0)clip!
(評)公平さ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Suggested Internet site   2014年05月11日 06:44
hangsen liquid なんでも評点:ドイツ軍 - 異性間のみならず同性間についても禁欲令解除《公平さ8》

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔