クラウドソーシング「ランサーズ」 なんでも評点:3つ頭の赤ちゃん、余分な2つの頭部の切断手術へ

2022年07月07日

3つ頭の赤ちゃん、余分な2つの頭部の切断手術へ


去年の7月16日に「ニコニコニュース」でテキスト記事としてのみ伝えられた件なのだが、インド北部のウッタル・プラデーシュ州で7月12日、3つの頭を持つ赤ちゃんが生まれた。同州マインプリ地区に住むラーギニーさんが母だ。

ニコニコニュースの記事はテキストだけで完結しており、画像すら含まれていないのだが、英語ソースのレアな記事や映像をサーチする方法を数日前に発見した私が探してみると、該当の映像が見つかった。


妊娠中に何の異常もなかったラーギニーさんだが、産気づいてから異常なほどの陣痛に襲われ、ウッタル・プラデーシュ州エタ地区のヘルスセンターに搬送された。赤ん坊が「脳瘤」と呼ばれる出生異常を患っていると見られたが、翌日、エイリアンのような女の赤ちゃんが生まれたという。

あたかも、‟多頭族”のエイリアンに首が生え過ぎたとき首の間引きを行うような話だが、1個体につき頭部が1つと決まっている地球動物界では、医学的に判断が難しいケースのようだ。

エタ地区の医療監によると、医師たちはMRI検査の結果、2つの余分な頭部を切断することを決めたという。過去の脳瘤の事例から見て、赤ん坊には手術の後遺症として精神疾患が生じる可能性が高い。

「映像」と言及したが、実際には静止画像が表示されているだけであり、異なるアングルからの像はない。伝えられたとおりに「3つの頭部」と表現したが、結合双生児ではなく、 「脳瘤」の複雑な症例なのかもしれない。「静止画」を見る限り、頭部を胴体につなぐ首の存在を確認できないからだ。ただし、エジプトの結合双生児マナールのように第2の頭部が首で胴体とつながっていない例もあるため、こちらも結合双生児の症例なのかもしれない。



【追記】
英語ソースのレアな記事や映像をサーチする方法について:映像や詳細のない驚愕系の日本語記事からスタートして、詳細記事や映像が英語圏でその後、公開されているのではないかという期待のもと、英語WebやYoutubeを検索する―というものだ。ま、英語の該当しそうな語句を思いつくだけの語彙力と想像力は必要だ。

この記事の先頭に戻る

Google
WWW を検索 評点




この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
◎-->