なんでも評点:酔って海中に放尿していた男性がサメに襲撃される

2021年08月12日

酔って海中に放尿していた男性がサメに襲撃される


ブラジルのジャボアタン・ドス・グアララペスのビーチで、マルセロ・ロシャ・サントスさん(51歳)が仲間たちとしこたま飲んだ後、尿意を催したので、海中に入り放尿することにしたそうだ。

海に入るのは危険だと警告する看板があった。その日は波が荒くて水中が見えなかった。だから気づかなかったのだろう。サメが待ち構えていることに。

081101

案の定、サメがサントスさんを襲い、彼の手と放尿中の足をかみちぎった。仲間たちが彼を浜に引き上げた。サントスさんは搬送先の病院で死亡を宣告された。

サントスさんを襲ったのは、オオメジロザメかイタチザメと見られている。サメは、血液や体液の臭いを敏感に嗅ぎつける。当然、海中での放尿は危険を伴う。

下の映像には、身体の一部を食いちぎられた被害者の姿が映っているので、閲覧には注意されたい。



■Source: Drunk man peeing in ocean killed in vicious shark attack


この記事の先頭に戻る

Google
WWW を検索 評点




この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
◎-->