2017年03月30日

18歳女性が警官にまたがり「脱糞するわよ」と脅して捕まる


「マンチェスター」と聞けば、日本人の多くはサッカーで有名な英国マンチェスターを思い浮かべるだろう。でも、マンチェスターという名の街は米国にも数か所存在する。本稿では、米国ニューハンプシャー州マンチェスターで起きたお馬鹿な事件を取り上げる。



現地時間で3月27日の午前3時ごろ、マンチェスターのドーバーストリート付近から、市民の通報があった。2階建てアパートの住人男女が喧嘩して騒いでいたため、静かにしてくれと訴えると、クルマにタマゴを投げつけられたという。

警官たちが現場に駆けつけると、問題の男女の男の方がいきなり反抗的な態度を見せる。このサミュエル・カラバーロという19歳の男は出入り口から逃げようとしたが、女の方、クリスティーナ・ロバーツ(18歳)がドアのフレームをブロックして、警官たちと言い争いを続ける。

警官たちが部屋を覗き込むと、ベッドの隣りにライフルかショットガンのような銃器が置いてあり、今度はサミュエルがその銃の方へ近づこうとしている。一人の男性警官が慌ててクリスティーナを押しのけ部屋に入ろうとすると、サミュエルは警官たちが部屋に入らないように抵抗する。

なんとか1名の警官が室内に入ると、銃の奪い合いが始まった。その間、サミュエルは少なくとも警官の胸にキックを一発入れた。だが、別の警官がテーザーガンでサミュエルを無力化して逮捕を果たす。

クリスティーナももちろん逮捕されたのだが、警官とサミュエルが銃をめぐって取っ組み合っている間、別の警官の足の上に臀部を置いて座り込み、「私を放さないとあんたの上に脱糞するわよ」と凄んだとのことである。ソース記事に彼女の写真がある。18歳とは言え、かなりふくよかな女性のようだ。

また、着衣のまま「脱糞する」と脅しても、あくまで間接的な行為に過ぎないので威力に欠ける。だが、どさくさに紛れて脱衣した上での脅しなら直噴となるため威力は絶大だ。この詳細はソース記事に書かれていないので、われわれの想像に任せられるところであろう。なお、クリスティーナにまたがられた警官は、女性警官であった模様である。




■Source: Woman Arrested After Threatening to Defecate on Police Officer

【関連記事】



この記事の先頭に戻る
Google
WWW を検索 評点

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔