2016年07月02日

タクシーとトラックの事故現場をたまたま通りがかったタクシーが次々と停車しトラック運転手を襲撃する(南ア)


news24.comが伝えるところによると、南アフリカ共和国ヨハネスブルグ近郊の町ローデポールト(Roodepoort)で、去る6月29日、タクシードライバー数名がトラックドライバーを襲撃する事件が起きた。その前にトラックは坂を降りてきたタクシー1台と衝突事故を起こしていた。その現場を通りがかったタクシー数台が次々と停車し、トラックドライバーに暴行を働いたのだった。


衝突されたタクシーの乗客女性2名が死亡している。南アでは、トラックとタクシーの事故が後を絶たない。タクシーと言っても、乗り合いバス的なワンボックスカーが多い。乗客数が多いため、大きな事故に遭うと多数の死傷者が出る。

暴行を働いたタクシードライバーたちは、たまたま現場を通りがかっただけであり、互いに面識があったわけではなさそうだ。トラックとの事故が多いことから、積もり積もった恨みがあったのかもしれない。タクシーがトラックに押しつぶされているのを目の当たりにして、怒りの炎が燃え上がったということなのか。

同業者間の対立なら日本でも珍しくはない。ただ、堅気の事業である以上、暴力沙汰に至ることはまずない。タクシードライバーとトラックドライバーは互換性の高い運転業務だが、異業種と言えば異業種。異業種間で対立が深まり、暴力事件が起きる国は珍しい。両者の対立がこれからますます深まっていくのだろうか。

なお、暴行を働いたタクシードライバーたちが逮捕されたかどうかは元記事に記されていない。これまでの南アの珍事件の例からして、おそらく特定も逮捕もされていなさそうだ。暴行を受けたトラック運転手は軽傷とのこと。




【関連記事】



この記事の先頭に戻る
Google
WWW を検索 評点

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔