2013年01月26日

コメント欄について


更新のないまま随分時間が過ぎてしまった。

そして更新がないにもかかわらず、当ブログのコメント欄は少し前から「ログインが必要」な設定になっている。

それまで毎日大量のスパムコメントが殺到していたのだ。多い日で300件ほど。いろいろ対策はした。Livedoorが用意しているNGワード機能などを使って。

でもイタチごっこに過ぎず、別のパターンのスパムがすぐにやってくる。

ともかくこういうわけで、当ブログはスパムでない通常のコメントも受け付けない設定になっていることを遅ればせながらお知らせしておきたい。

さて、ブログへのコメントのあり方についてはいろいろ思うところがある。

そもそもブログのコメント機能やトラックバック機能は、かつてTwitterもFacebookも存在せず、ブログが(今から見ると原始的あるいは性善説的な)ソーシャルネットワーク的役割を負わされていた時代の名残りに過ぎないのではないか、と私個人は感じている。

しかも、ブログ主は匿名だろうと実質的にブログ管理人という一意なアイデンティティを持っているのに対して、コメント者は何を書こうと完全に匿名でいられるというアンバランスさ。それがネガティブに働きがちで、誰のブログのコメント欄もふとした不用意な発言で炎上装置として発火するリスクが常につきまとっている。

2004年の開設以来、当ブログに寄せられてきたコメントの大多数は読者の方の率直な反応や感想や疑問だったと思う。ところが記事の内容が一部の人や特定の団体・組織の利害に触れている場合は様相が一変する。私があえてそういう当たり障りのある問題にツッコミを入れた場合もあれば、単に海外発の珍ニュースを紹介するだけで、いつもと様相の違うコメントが連続して寄せられたこともある。

最近では放射能関連の記事。さすがに来るだろうと思っていたら、やはり、いろいろ利害関係者らしいコメントが到来した。

意外だったのは、故障した旅客機を乗客の一人が修理したという海外の珍ニュースを紹介したときだった。どうやら、飛行機の整備に携わる人たちの一部の「琴線」に触れることを私が書き加えていたかららしい。

コメントの内容だけから何がわかるのかと訝る向きもあろうが、アクセス解析は発信元マシンのIPアドレスだけでなく、いろんな痕跡を抽出してくれる。どこから当ブログにアクセスしたのかもわかるし、コメント者のマシンに保存されているcookieの内容さえ抽出できる。コメント者が他のブログを管理している場合、どのブログかわかることさえある。

これから私に書けること、書くモチベーションが湧くことと言うと、もはや誰かの利害に触れたり反したりする可能性のある個人的意見しかない。だから、コメント欄の事実上の廃止はスパム対策だけでなく、面倒で憂鬱にもさせられる呪縛から逃れるためでもある。

ともかく、今度こそぼちぼち更新を再開するつもりだ。別に賛同も注目もされなくていいので好き勝手に。しかもおそらくモバイルからの投稿がメインになるので、緻密な構成で文を書くのはむずかしくなる。この記事がそれを物語っているように。







トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by research proposals   2014年04月25日 19:01
一部のプログラムでは、ユーザーの一部にはほとんどまたは全く介入インターネットを介して自分自身を更新することができます。サーバーソフトウェアおよびオペレーティング·システムの保守は、しばしば、このようにして行われる。システム管理者がコンピュータの数を制御する状況では、自動化のこの種の一貫性を維持するのに役立つ
2. Posted by help with accounting homework   2014年05月09日 03:33
漫画に関係なく、常に人の年齢の、関連性があるでしょう!それも、国際的な関心!
3. Posted by mba essay editor   2014年05月10日 01:31
5 当ブログはスパムでない通常のコメントも受け付けない設定になっていることを遅ればせ
4. Posted by visit the next web site   2014年05月10日 12:25
free e cig なんでも評点:コメント欄について
5. Posted by read here   2014年05月10日 21:53
vaporizer pipe なんでも評点:コメント欄について
6. Posted by Full File   2014年05月11日 06:00
best e cigarette なんでも評点:コメント欄について
7. Posted by forskolin.pw   2014年05月11日 16:54
表記法は、音符や記号を使用して紙の上にリズムの書面による表現である。音楽が記されている場合、音楽のピッチとリズムは音楽を演奏する方法についてとともに、表記されている。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔