2010年03月08日

強盗の被害者が強盗2人をその場で射殺(南ア、ダーバン)


南アフリカ共和国のダーバンで、3月6日の早朝、1人で町中を歩いていた男性が2人の男に襲われた。かの国では、ありふれた光景であり、筆者もまたヨハネスブルグで強盗に襲われたことがあるのだが、まあ話を続けよう。
男2人組は当然、男性に金品を要求した。2人は、男性が懐に手を入れるのを見て、しめしめと思ったかどうか。思ったとしても、彼らの脳が機能できる時間は後数秒しか残されていなかった。

男性が懐から取り出したのは拳銃だった。男性は躊躇することなく、男2人に向けて発砲する。2人組のうち1人は頭部に被弾。この男はおそらく即死に近い状態だっただろう。そしてもう1人は肩に被弾。

救急車が現場に到着したときには、2人ともすでに息絶えていた。これ以上の詳細は不明である。この男性の正当防衛が認められたのかどうかも現時点では不明だが、おそらく認められるのだろう。

筆者がヨハネスブルグで数人組の賊に襲われて金品を奪われたときは、車内でその様子を目撃していた中年女性のドライバーが車から出てきて、「奴らを殺しに行こう」と声をかけてきた(この話は過去にも書いたことがあるが)。銃ならあるわよ。撃ち殺しちゃえばいいのよ、と。

賊の1人に蛮刀をのど元に突きつけられて、ひるんだすきに別の数人が私のポケットから金品を奪った。恐怖より何より、全身をアドレナリンが駆け巡っていた。だから、そのおばちゃんの提案に思わず乗りそうになった私だった。

だが、数人組の強盗たちは逃げ足早く、建物と建物の間の細い路地の中にとうに姿を消していた。まあ私の体験は、アパルトヘイト撤廃直前の頃の話である。しかし、いずれにせよワールドカップ2010は予定どおり、かの国で開催される。

【蛇足】

1ヶ月も更新をサボってしまった。2週間ほど前、仕事とネットに使用しているメインのコンピューターがクラッシュしてしまうという出来事もあった。バックアップのコンピューターもあったのだが、そちらも数ヶ月前に故障してしまい、放置したままだった。

メインのマシンのクラッシュは突然起こったのではなく、予兆があった。だから、メインのCドライブにある重要なデータを別のドライブに緊急避難しておいたのだが、そこで大きな勘違いをしていた。コピー先のドライブはてっきりドライブCと別の物理ディスクだと思っていたのだが、実は同じ物理ディスク上の別のパーティションに過ぎなかった。

で、いよいよドライブCが逝ってしまい、Windowsの回復コンソールから復旧を試みた時点で、ようやく上記の間違いに気づいた。物理ディスクが故障してしまったので、待避しておいたデータにもアクセスできなくなってしまった。

しつこくデータのリカバリを試みたが、どの手も通用しなかった。過去数年分のメールデータも消えてしまった。実は、SPAMがあまりにも多くて、ここ数年、メールボックスはバックアップしていなかったのだ。

ともかく、そのあとは、新しい作業環境の構築に時間を取られた。本業の仕事も立て続けに入ってきた。てなわけで、自分のブログのアクセス解析すら見ないまま2週間が過ぎたという次第。

とはいえ、近頃は本当にネタ探しに苦労しているので、今後も、珍ニュースはたまにしか取り上げられないだろうとは思う。実際、この記事で取り上げた話も、ディテールに欠ける上、“南アではよくあること”に過ぎない。




■ Source: Victim shoots, kills robbers: News24: SouthAfrica: News

【関連記事】


この記事の先頭に戻る
Google
WWW を検索 評点

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Shyun   2010年03月08日 11:25
そういうトラブルがあったのですね。
最近更新が無かったので、何か大変な事でもあったのかと心配していました。
また面白い記事をUPして下さい。
楽しみに待っています。
2. Posted by 俺   2010年03月08日 16:34
恐喝→失敗→返り討ちなら
不意打ち→大けが→強奪みたいのが主流になってしまわないだろうか
3. Posted by     2010年03月08日 21:24
この状況で正当防衛が認められるとするなら、
単純に通り魔的殺人であったとしても
「強盗に遭ったから殺しただけだ」
と言えば正当防衛が成立する場合もあるかもしれないということでしょうかねぇ。
おそろしい。
4. Posted by ネトゲ中毒者   2010年03月09日 16:45
リアルにPK(プレイヤーキル。ネトゲでの強盗)とPKKができるとは。

私みたいなネトゲ中毒者を更正させれそう。
5. Posted by    2010年03月10日 16:11
嫌いな奴を射殺して、死体にナイフを持たせれば「正当防衛」の出来上がり
目撃者?
そんなの、はした金でいくらでも作れます
6. Posted by     2010年03月14日 01:18
南アフリカじゃしょうがないな
7. Posted by     2010年03月15日 01:47
ゆっくり自分のペースでがんばってください。記事はいつも楽しく読まさせて頂いてますので。
8. Posted by 梵   2010年03月19日 12:01
4 南アでは極当たり前なのだろう。
けど、内容に深く考えさせられた。
この事件がもし(筆者の体験談含め)正当防衛になるのであれば色々と考えさせられる。
こういう記事をとりあげてくれるだけでも、嬉しく思うばかりである。



そして、あまり無理せず自分のペースでお願いします
9. Posted by ぽて   2010年03月22日 21:38
これは正当防衛であってほしいなあ。
銃をのぞけば日本でもねえ。
犯罪者ばっかり優遇しすぎなんだよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔