2009年07月21日

近況報告 ― “アボリベンジ”の件、“毒りんご”の件など


5月末に“鳴り物入り”で(なわけないが)オープンした「なんでも焦点」の方を結局、更新できていない。別に必要ないんじゃないかという読者からの意見も聞かれる。まあ、いろいろと期するところはあるのだが、なかなか時間を割けずにいる。

どうしても本店の「評点」の方が露出が高いので、もし「評点」に書いていたらもっと注目を浴びていたような記事でも「焦点」に書くとイマイチだったりする。だから結局、ここ数週間は「評点」の方しか更新できていない。

以前、Birth of BluesのKing Curtisさんに見破られてしまったこともあるのだが、「なんでも焦点」を併設してみた背景には“アボリベンジ”の意味もあった。当ブログが喰らった“アボセンス”(Google Adsenseの広告配信停止処分)はサイト単位のものだったため、Adsenseのアカウント自体は残っている。

「なんでも評点」へのアボセンスを解除してもらえませんかとGoogle様にお伺いを立てたところ、いつものようなクールな口調で「お客様のアカウントは引き続き有効ですので、他のサイトでご利用ください」とかいうお達しがあった。そこで、他のサイトで利用してみようと思った、という面もある。

まあ、実際のところ、「なんでも焦点」のAdsenseでたいした収益は上がっていない。やはり、かつての黄金期に比べて平均単価が7分の1くらいに落ちているし、クリック率が低い。

「なんでも評点」の方には、最近、“楽天ぴたっとアド”というAdsense風の広告が表示されているが、“楽天ぴたっとアド”の方がクリック単価が高いことさえある。それどころか、少し前の3日間ほどは、Adsense黄金時代並のクリック単価が出ていた。といってもクリック率が低いので、平均するとタバコ代くらいの収入にしかならないわけだが。

このブログを始めた当初は、広告やアフィリエートがどうのという話をするのは、はばかられる気がしていた。ネット上の個人は無償でコンテンツを提供するのが当たり前みたいな風潮があったせいもある。しかし、今や、情報系ブログでも月に100万以上稼いでいる人が決してまれではないという話を先々月、東京で聞いてきた。

まあ、私にはそこまでマメに情報を発信し続ける能力もキャパもないので、彼らの後に続こうなどと思いはしない(いっとき、それを目指そうと思ったこともあるが、すぐに目が覚めた)。

ともあれ、「なんでも評点」の方は昨年暮れから今年の春にかけての時期と比べて更新頻度がだいぶ上がった。だが、それでも5日更新が続いたら、5日更新が停止するみたいな“尺取り虫的”パターンを描いている。今後も、このパターンが続くかもしれないが、長い目で見ていただけたら幸いである。

★ ★ ★ 


そうそう、右サイドバーの一番上の方で紹介しているビーイング系女性シンガーソングライターmocaさん(土山久美子さん)のデビューCD(ミニアルバム)が7月8日にリリースされた。“ちょっとした知り合い”ということでAmazonに数枚先行予約していたのだが、Amazonへの入荷数が少なく、私の手元に届いたのはリリース日から一週間後のことだった。

彼女の歌はライブで聴いたこともあった。CDには9本の楽曲が入っているが、最初の曲を除き、すべて土山久美子さんの作詞・作曲である(最初の歌も作詞は彼女)。

最近は高音域を裏声で歌う女性シンガーが多い(例外はSuperflyぐらいか)。しかし、ロック系歌手である土山久美子さんの歌声の特徴は、完全に地声で歌っている点。彼女とはいろいろと話をさせていただいたこともあるのだが、普段の喋り声と歌声がほとんど一緒。

そして、楽曲が旋律も歌詞も独自性に満ちていて素晴らしい。なのに、プロモーションはほとんどなしで、CDがリリースされた。プロモーションビデオをYoutubeに貼るくらいのことはできてもよかったのに・・・。この辺に関しては、ややこしい事情もあるようで、あまりいい加減なことも書けないわけだが。(昨年1月末に同じようなパターンで本を出した私がここにいるわけで、いろいろ突っ込みたい面もあるわけだが)。

ともあれ、数日後に某所で本人にお目に掛かれそうなので、軽くインタビューでもしてからレビュー記事を書いてみようと思う。本当に良い曲ばかりが入ったCDである。ロマンチックなラブソングもあるが、希望と絶望の間で揺れ動く人生や女の生き様を詩的あるいは諧謔(かいぎゃく)的に歌い上げている歌もある。実に個性的な作品とパフォーマンスを持つシンガーソングライターのデビューだと思う。

iTunesでは試聴もできるはずなので、iTunes利用者の方はぜひ歌手名“moca”で検索して、試聴していただきたい。

★ ★ ★ 


「なんでも評点」の記事については、もう少し違う表現にした方がよかったかな・・・と後で気になることが近頃多い。1つ前の記事など、見出しの書き方が露骨すぎたかなあと少し後悔している。

自信満々な人間でもないからねえ、この私は。

そもそも運動中毒になったのも、脳内麻薬の発生により、鬱っぽいのが治るからというのが一番。

最近、携帯電話を防水&モーションセンサー付きのF08-Aに買い換えたのだが、万歩計のような機能が内蔵されている。計測が甘いせいかもしれないが、ほんの数キロ歩くだけで500キロカロリーを超える(自転車での移動はカウントされていない)。


この記事の先頭に戻る
Google
WWW を検索 評点

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by clydemender   2009年07月21日 14:22
拍子抜けするくらい楽しいニュースがないだけのような気もしますが、あるとこにはあるんですかね。まあミッキーさんの裏読みが入ると評点になっちゃうのかも。
ところで土山久美子さんは、てっきり頼まれて仕方なく紹介してるだけかと思ってました。どっかでちょっとでも聞ければ良いんですが。
2. Posted by     2009年07月21日 23:08
収入のことはご自身との相談でしょうが、
読者としては週一でも楽しい記事を読ませて頂ければ幸いです。

更新頻度が気になるのでしたら、
内容如何ではなく、手抜き記事用として焦点記事を書かれては如何でしょう。
深くつっこんだりってほどのニュースじゃないけど、ちょっと記録しておきたい程度のニュースとか。
余計なお世話ですね、すみません;

ともあれいつも楽しみにしております、がんばってください。
3. Posted by あ   2009年07月22日 05:25
関連記事のリンクがおかしいよ全て
4. Posted by my sources   2014年05月10日 22:19
how to make e cig juice なんでも評点:近況報告 ― “アボリベンジ”の件、“毒りんご”の件など

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔