2009年07月18日

スワジの中等学校に槍を持った男が侵入し13人の生徒を死傷させるも、逆襲に転じた男子生徒たちに校庭で処刑される


スワジランドの首都ムババネから60キロの位置にあるマンジニという町で、7月16日のこと、槍と刃物で武装した男が学校に侵入するという事件があった。男が槍を振り回して大暴れした結果、13歳の少女が命を奪われ、少なくとも12人の生徒が重軽傷を負った。

ンカバネニ・ハイスクールという中等学校に侵入したのは、近所に住むシセロ・ドラミニという25歳の男。ドラミニのことを知る住民たちによると、彼は物静かな男で、これまで暴力をふるうようなことはなかったという。しかし、マリファナ中毒であったことがわかっている。

ある女性教師の証言によると、ドラミニが同校に侵入してきたのは朝礼時刻の少し前のことだった。女性教師はそのとき生徒たちとともに教室にいたが、外から他のクラスの生徒たちの悲鳴が聞こえてきた。

女性教師がおそるおそる外を覗いてみると、短い槍と刃物を持った男が廊下をうろついていた。彼女は、自分のクラスの生徒たちに教室から出て避難するように促した。

ドラミニは、自分の近くにいる生徒たちに向かって手当たり次第、槍と刃物を振り回し、体を刺していく。うち、死亡した13歳の女生徒は背後から槍で刺されたことで深い傷を負ったが、その直後は意識があり、必死になって逃げ回っていた。

女性教師によれば、この女生徒は刺された後、口、鼻、耳から大量に出血しながらも助けを求め、逃げ回っていた。だがまもなく力尽きて、ある教室の裏手に倒れ込んだ。教師たちが駆けつけたときには、すでに息絶えていた。マンカヤネ国立病院に搬送され、死亡が確認された。

彼女のほかに少なくとも12人の生徒が重軽傷を負ったが、ルーズベルト・ンコニャネ校長によると、実際に怪我を負った生徒の数はもっと多かった可能性があるという。「今のところ、正確な怪我人の数を把握できていません。ほとんどの生徒は学校から逃げ出してしまったからです」

しかし、槍と刃物を振り回す男を見ても逃げ出さなかった男子生徒たちがいた。彼らは主に上の学年の男子生徒たちだったが、仲間が刺されたことを知ると、ドラミニへの逆襲に転じたのである。

彼らは石を持ち、ドラミニに立ち向かった。今度は逆にドラミニが追われる側となった。ドラミニは教室の1つに駆け込んで身を潜めていたが、すぐに彼らに発見され、袋だたきに遭った。

槍を振り回して、教室から抜け出し、学校の近くにあるクリニックめがけて走り出したが、ふたたび男子生徒らに捕まり、袋だたきに遭う。無数の石を浴びせられ、体中を蹴られ、ついにはだらしなく手足を伸ばして力尽きた。

やがて警官たちが現場に到着し、ドラミニをラレイ・フィトキン記念病院へ運んだが、到着後、死亡が確認された。

怪我を負った12人の生徒たちはマンカヤネ国立病院に運ばれたが、うち10人はすでに退院している。しかし、残りの2人は重傷を負っており、まだ入院中とのこと。

なお、ンコニャネ校長によると、教師らは男子生徒たちがドラミニを殺害するのを止めようとしたが止められなかったとのこと。




■ Sources:



【関連記事】


この記事の先頭に戻る
Google
WWW を検索 評点

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by    2009年07月18日 17:37
不謹慎ながらもどこかスカッとしてしまう話だ
2. Posted by     2009年07月18日 20:13
カオスだ
世紀末じみてるな
3. Posted by 殺されないために。   2009年07月18日 20:21
いや決して不謹慎じゃない。ホンキでスカッとする。有効な手段は石だな。素手でなんて立ち向かえない。複数で遠巻きにして打撃のあるモノをなげるのが一番だ。

宅間の時は子供だらけだったし秋葉の加藤の時はそうゆう発想以前にみんな逃げてしまったが、もし仲間がいたらオレもホンキで何か投付けてやる!遠くからwホンキで!
4. Posted by     2009年07月18日 21:08
一般人が普通に槍を持つことができる
環境ってのが想像できんww
狩猟用か?アフリカだし
5. Posted by 。   2009年07月18日 22:08
犯人と校長の名前でなぜか笑ってしまった私は死んできます。
6. Posted by       2009年07月18日 22:29
ドラミちゃん・・・・
7. Posted by 俺俺鷲   2009年07月18日 23:39
って言うか、スワジランドって…どこよ?
アフリカ大陸?
南米大陸?
8. Posted by shi-ta   2009年07月19日 01:17
5 目から鱗がおちまくり。遠くから投げる・・・・・・!
今度使おう(いつだよ)
9. Posted by     2009年07月19日 01:37
日本だと過剰防衛かな?
まぁでも殺されて当然だな。
それにしてもこの時代に投石でリンチ(笑)

ちなみに諏訪ってやつは人生で一度は必ずスワジランドってあだなをもらう慣習が。
10. Posted by     2009年07月19日 06:35
多数対一なら物を投げるのが一番有効だよな。
11. Posted by えめとん   2009年07月19日 10:09
こういう正当防衛物はいいね。
過剰かもしれないとはいえ。
12. Posted by     2009年07月19日 10:18
無防備の子供の所に武装して来たら殺されても文句言えないな。
戦ったのが子供というのがうれしい。
いけないんじゃなくて、偏り過ぎって意味で教育者が世界中でガンジー主義なのは問題だろう。
13. Posted by     2009年07月19日 12:10
どんだけ土人なんだよw

やはりアフリカは民度が低いな…
14. Posted by     2009年07月19日 16:22
亡くなった少女にはお悔やみを。

だが正直、何という中二病的設定であろうか、と思ってしまった。
15. Posted by     2009年07月20日 02:40
ミニドラ…
16. Posted by     2009年07月21日 06:15
国の壁、人種の壁って越えるべきじゃないと思うんだ。
17. Posted by あ   2009年07月21日 13:04
ざまあ、殺されて当然。
18. Posted by h   2009年07月22日 13:02
一人殺されている上に薬中で暴れまわっている人間、
ついでに加害者は生徒、
これは日本でも正当防衛に収まるかも。
19. Posted by     2009年07月23日 12:15
>18
槍に飛び道具だと過剰防衛だろ。
まあ、少年法でなんとかなると思うが。
20. Posted by 玉太郎   2009年07月25日 18:27
5 犯人と校長で笑った奴でてこい俺も声上げてワロタサーセン
21. Posted by     2009年07月25日 21:57
「遠い国なんだな」

それだけは痛感した
22. Posted by     2009年07月27日 16:48
これって、子供達は罪に問われるのかなぁ。

ところで、マリファナ中毒ってこういう症状あったっけ?
23. Posted by     2009年08月01日 09:58
容認発言が多いけど
南アフリカだからあり得た正当(過剰?)防衛なんだと思う
日本の子供ならまずあり得なかっただろうかと
むしろ日本で私的制裁がまかり通るようだと仮にも法治国家としてヤバい
24. Posted by うどんおいしい   2009年10月08日 10:15
5 過剰防衛という思想が加害者偏重に繋がっているのも事実だろうし、何とも言えないね…
これが日本で、そして教師が犯人を倒したとしたら間違いなく教師の残虐性を批判する報道に終わるだろう。
逃げる子供13人殺害が報道されるのは最初のうちだけ、2日3日もすれば「殺す行為を子供の前で見せてトラウマ〜」なんてテロップで。
思うに、過剰防衛のラインは再度検討されるべきではないのか?
25. Posted by q   2009年11月14日 22:22
女の子にご冥福を・・・
可哀想に・・
26. Posted by    2009年12月22日 18:06
13歳でこんな死に方するなんて…
ご冥福を祈ります
27. Posted by 殺人は絶対アカン!   2010年04月16日 21:51
目の前で槍を振り回すキチガイを見ても立ち向かうその勇気はすごい!
人間は、石で殴られ蹴られたりしたら死ぬんやと初めて知った・・・
ここのアルカイダの記事を見て書いてあったのが「人命は地球より重い」という言葉があるが、オレから言わせてもらえば「人命など風船より軽い」だろう。
犯罪しても普通に思ってるキチガイがいるのが世界の恥だろう。
28. Posted by    2010年07月05日 03:47
ゆっくりからだから命が抜けていく感覚を味わったんだろうな…

本当にかわいそう
涙でてきた
29. Posted by と世四   2011年04月26日 20:51
一般人が普通に槍を持つことができる
環境ってのが想像できんww
狩猟用か?アフリカだし
5>日本でも許可証のある刀剣や槍は購入できます。
知りませんでしたか?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔