G- なんでも評点:北京五輪の危うさ ― 誘致で北京に負けた大阪から眺めてみる(※コメント欄の凍結を解除しました)

2008年04月10日

北京五輪の危うさ ― 誘致で北京に負けた大阪から眺めてみる(※コメント欄の凍結を解除しました)


大阪の経済衰退が止まらない。先日もタクシーで御堂筋を南下していると、どこどこの企業が本社を東京に移すことになったので、ほら今あそこのビルを取り壊しているでしょう?―みたいなことを運転手が喋り出した。堺にシャープの新しい工場が出来たり、JR大阪駅北側の貨物駅跡地を再開発したりといった話もあるにはあるのだが、焼け石に水のようにさえ聞こえてしまう。
近頃、大阪市内といえば、コイン・パーキングと高層マンションばかりが目立つ。心斎橋の飲み屋街を歩いていても、華やかなりしころ(たとえば筆者が雇われマスターをしていた時代)の面影はない。雑居ビルに空き店舗が多い。ほとんどテナントが入っていないビルも目に付く。そろそろ取り壊されて、駐車場になるのだろう。

大阪湾には負の遺産が浮かんでいる。総事業費約1200億円を注ぎ込んで埋め立てられた夢洲・舞洲スポーツアイランドである。オリンピックを誘致できていれば、負の遺産と呼ばれることもなかったのだろう。

北京オリンピックがいろんな意味で危うい状況になってきている。中国にとってオリンピックは経済成長を加速させる起爆剤となったわけだが、その反面、誘致に失敗した大阪は“ドツボ”に落ちた。いや、もっと視野を広げて考えれば、日本経済が弱体化した大きな要因の1つがオリンピック誘致失敗だったに違いあるまい。

北京オリンピックに関しては、今のところ開会式をボイコットするかどうかという話が浮上しているに過ぎない。大会自体をボイコットするという話がこれから出てくる可能性もある。しかし、日本も米国もEU諸国も大会のボイコットだけは何としても避けたいところだろう。

1980年のモスクワ・オリンピックのときは、西側諸国が足並みそろえてボイコットを決めた。“正々堂々とボイコットを宣言できた”のは、今回の北京に対する投資に比べて、モスクワへの投資など微々たるものに過ぎなかったからだろう。

日本も米国も、北京への投資を回収しないといけない。ボイコットなど、もってのほかのはず。投資国の経済だけでなく、世界経済全体が壊滅的な打撃を受けることになりかねないからだ。しかも、ボイコットによって中国との関係が悪化することにより、さまざまな国際危機が生まれることになるだろう。

だから、大会のボイコットは、われわれ一般市民の生活にも大きな影響を及ぼすことになる。今の平和がまだしばらく続くことを望むなら、あくまで開会式ボイコットという形式的な抗議のレベルにとどめておくべきかもしれない。

とはいえ、大会のボイコットが最悪のシナリオというわけではない気がする。

ボイコットを超える最悪のシナリオがあるとしたら、オリンピック中に未曾有の事態が起きることかもしれない。中国中央政府は大会期間中、“制御”を保つことができるのだろうか。チベットの真相について分析できるほど私は詳しく知っていないが、もし中国の中央集権体制に綻びが生じ始めていることを暗示しているのだとしたら・・・。

私は冷戦時代末期に東側諸国(といってもアフリカだが)に出入りした経験がある。まさかあんなにあっけなく東側体制が崩壊するとは思っていなかった。しかし、崩壊に至らなかった国もいくつかあって、その中にはもちろん中国が含まれる。北朝鮮も含まれる。

いずれにせよ、中国だけではなく、世界全体が今まさに瀬戸際に立たされているような気がしてならない。

聖火リレーは、意外にも1936年のベルリン・オリンピックから始まった。聖火リレーを考え出したのは、ナチスなのだ。そして、今年の聖火リレーは、なんだかとんでもない事態に陥っている。

とまあ、ネタ系ブログの主にふさわらしからぬことを書いてしまったかもしれないが、個人的印象を記した駄文の域を出ていない。しょせん私は素人なので、不正確な記述もあろうかと思うが、大目に見ていただきたい。

【コメント欄について】
4月11日の夜明け以降のコメントの表示を凍結させていただいていたが、さきほど凍結を解除し、すべて公開とさせていただいた。本文中で前もってお断りしておくべきだったのだが、上の記事の主旨は(コメント欄でそういう理解を示している人もおられるが)、北京五輪を巡ってG8諸国をはじめとする先進諸国がどこか腰の引けた対応をしている裏には「経済至上主義」があるのではないかという点に尽きる。

「台湾への進軍」の可能性を指摘しているコメントがあるわけだが、その手の議論は某匿名掲示板などにお任せしたいところである。筆者自身その可能性を完全に否定するつもりはないのだが、その可能性が高いとお考えの人ならなおさらのこと、当ブログが使用しているブログサービス事業者がコメントの発信元IPアドレスを掌握していることに神経質になるべきではなかろうか(筆者が神経質すぎるだけかもしれないが)。

筆者は匿名でこのブログを運営しているわけではない。そこに匿名でリスクを伴うコメントが付く。ちょっと困った状況である。そもそも上の記事本文がどこか奥歯に物の挟まったような言い回しになっているのも、自分が匿名ではなく、なおかつ危うきものへの間合いをあまり詰めたくないからである。

【再追記 − 4月14日午後7時47分】

上にも書いたように、中国による侵略行為の可能性に関する話は、某匿名掲示板でどうぞ・・・ってことでよろしく。というか、私の意図をあまり理解なさっていない人が多いらしく、いまだにこの系統のコメントが付いて困る。

とりあえず、先ほど新たなコメントも表示する設定に変えておいたが、今後は、この系統のコメントを寄せられても表示しないつもりなので、あしからず。(ただし、他のコメントに対する“おだやかじゃない”応酬コメントは現時点でも表示していないので、ご了承願いたい)。

何度も繰り返すが、うちのブログのコメント欄は掲示板ではないし、政治的なことにはニュートラルでありたいというのが私のスタンスである。上の記事にしろ、政治よりも経済の話。

それと記事の更新が出来ていないことについても、何か書くべきかと思ったが、まあ諸般の事情によりモチベーションがどん底まで落ちているとだけ書いておこう。そのうち面白いネタが見つかればその限りでもないのだが、なんせたいていのネタは記事にすることすら時間がもったいないと感じてしまうような今現在の状況である。



この記事の先頭に戻る

Google
WWW を検索 評点




miccckey at 19:33│
はてなブックマーク - 北京五輪の危うさ ― 誘致で北京に負けた大阪から眺めてみる(※コメント欄の凍結を解除しました)
Comments(25)TrackBack(0)clip!
(評)はがゆさ | 番外記事

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by jacklegdoc   2008年04月10日 21:21
聖火リレーはナチスが始めたんですか! いかにもギリシャっぽいなぁと思っていましたが。
環境問題とかダライ・ラマの話とか問題が色々ありそうですが、オリンピックでそれが明るみになってかえって良いのかも知れませんね。気付かなかったり看過している暗い部分に世界中の目を向けさせるというか、4年に一回くらいかき混ぜないとダメになんじゃないですかね。
2. Posted by     2008年04月10日 21:53
それで大阪五輪で借金倍増するんですねw
素晴らしいw
3. Posted by は   2008年04月10日 22:40
2 北京五輪をボイコットしなければ中国が莫大な金を手に入れて台湾に進軍するのは間違いないみたいですよ
4. Posted by    2008年04月10日 23:54
ここで北京オリンピックが成功すると上の方が仰られるように、台湾に進軍します。その次は日本、楽観的な目で見ても、ベトナムの次に日本といった感じで攻め込んで来る事は間違いないと思われます。
と考えると、今回のオリンピックに関しては失敗して、中共にはできるだけ多く損をして頂かないと、最悪の未来を避けることはできないと考えます。

ところで、聖火リレーの記述が世界史の資料集(ニューステージ世界史 浜島書店発行)に載っている事から、36年のベルリンのときに聖火リレーを再開したような覚えがあるのですが・・・私も詳しくないので間違ってるやもしれませんが・・・
5. Posted by モッチ   2008年04月11日 01:02
「自分とは直接関係ない出来事」と普段思っているようなことでも、でも日本にとっては重大な問題であったりそして実は自分にとっても深刻な問題であったり…と改めて最近の様々な国際問題の難しさとか怖さを知ったような気がします。
それにしてもミッキーさんは南アで商談とか塾の先生とか今回は雇われマスターまで登場!様々な生き方があるけれど、なんかミッキーさんってワイルドでクールでスマートで、素敵な生き方だと思う
6. Posted by nakano   2008年04月11日 04:51
チベットだけでもこんなに問題になっている
のに台湾に進軍だなんて現実的にありえる
のですか?

キチンとしたソースなしに言っているので
あればあまりにも軽率です
匿名でなんでもコメント出来るからといっても
もう少し発言に気を付けるべきですよ
7. Posted by と   2008年04月11日 09:31
>チベットだけでもこんなに問題になっている
>のに台湾に進軍だなんて現実的にありえる
>のですか?

>キチンとしたソースなしに言っているので
>あればあまりにも軽率です
>匿名でなんでもコメント出来るからといっても
>もう少し発言に気を付けるべきですよ

公式に侵略しますよ なんて言うわけないからソースなんてあるわけない。
武力併合間違いなくやる言動を再三再四繰り返してるから、状況分析して台湾進軍といってるのでは?
つい2,3週間前も太平洋分割統治なんていいだしましたしね。
あれをするには台湾併合は必須条件な訳だし。
でないと、中国艦隊は他国を通らないと太平洋に出られない。


てか、ニュースをみていればこんな事は高校生以上なら誰でもわかりますよ。
いちいちソースなんて言う人はいない。
軽率です! なんて釘をさして日本人は黙るけどそうしたらつけあがるのが中国人で。
8. Posted by     2008年04月11日 09:45
ボイコットは大きな影響がある…
といってもさらに先を考えたらどうなんだろうなあ
「経済的な弱みを握られてるので逆らえません」
と言うようなものでどうにもマズイ
9. Posted by hasegawa   2008年04月11日 11:00
確かに、「間違いない」と書いてしまうのは問題がありますね。

その可能性が極めて高い、というところでしょうか。
こと台湾に関しては、TV・新聞の報道でも分るように、かなり高い確率で手中に収めようとするでしょう。
10. Posted by は   2008年04月11日 12:29
2 ソースならいくらでも見つかりますよ。
11. Posted by tochomomo   2008年04月11日 12:51
nakano様
下記よんで学習されたし。

 台湾有事
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E6%9C%89%E4%BA%8B

 中国共産党 対台湾ミサイルについて
http://jp.epochtimes.com/jp/2007/09/html/d53444.html

 中華思想
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E8%8F%AF%E6%80%9D%E6%83%B3
現中国は中華思想が元となっている。
東=日本、西=チベット等、南=ベトナム等、北=モンゴル
これらは支配下にあって当然というのが中国です。

以上を踏まえ、五輪による外貨獲得が成功した場合、台湾侵略もと考えるのは軽率か?
チベット・台湾の次は日本と考えるのが普通だ。
12. Posted by 通りすがり   2008年04月11日 13:19
3 中国のスポークスマンの型どおりの強気の発言、怯える中国指導部を想像してしまうのは私だけでしょうかw
オリンピックね〜、そりゃ感動しますけど、熱狂にごまかされずに、本当に意義があるのかは冷静に考えたほうがいいですね。
太鼓持ち学者の発表する経済効果の数字なんてあてになりませんよ〜とw
腐ったIOC、それに群がる企業・政治家、選手も観客も金儲けの道具に過ぎない・・・そんなのいらない!
13. Posted by 北   2008年04月11日 20:32
台湾進攻って(笑)あまり長い時間ネットに浸ってると現実と空想とが曖昧になってきてしまうのでしょうか、そんなゲームみたいに単純なら分かり易くていいんですけどね(笑)
14. Posted by (*´∀`*)   2008年04月12日 08:37

ブログ主さんの経歴が知りたいw
色々凄すぎる……。
15. Posted by 名無し@カゼタカさん   2008年04月12日 11:45
>堺にシャープの新しい工場が出来たり、JR大阪駅北側の貨物駅跡地を再開発したりといった話もあるにはあるのだが、焼け石に水のようにさえ聞こえてしまう。

シャープの新しい工場はソニーが資本参加。
JR大阪駅北側の貨物駅跡地はヨドバシが出店。

東京資本があると問題ないわけですね。
16. Posted by ぎん   2008年04月12日 12:58
政治経済。なる言葉がありましたが、
政治<経済な時代なんですな。

ある意味で健全かと思いますが、
長期間で見ると、不安が残りますね
17. Posted by なんかな   2008年04月12日 17:44
聖火リレーですら消火リレーになってるんですよね。しかも、聖火を奪おうとしたのも自作自演のようです。
http://jp.epochtimes.com/jp/2008/04/html/d32396.html

こんなんで仮にオリンピックをやってもその後恐慌に陥るでしょう。バブルは必ず弾けるものです。
なんにせよ、平和の祭典は虐殺侵略を止めてからにして欲しいですね。
19. Posted by モッチ   2008年04月13日 00:05
このようなブログを運営していくことって時に困難な状況も生じてしまうものなのですね…。『コメント欄について』を読んでコメント欄の凍結や果ては閉鎖をもやむを得ないような状況に追い込んでしまわないように読者側もミッキーさんが提供してくれる記事の主旨をよく理解して気をつけなければいけないのだなと改めて思いました。確かに読者は匿名だけれどミッキーさんはそうじゃない。本を買った人なら顔だって知ってますもん
20. Posted by 経済学者の妻より   2008年04月13日 00:59
限られた情報の中で、真実を読み取るために私たちは想像力を働かせますが、その想像したことをそのまま伝えれば誰かを傷つけたり、誤解されることも多いと思います。感情的になったり、思いついたことをそのままネットに書き込めば、その感情は瞬時に世界に広まってしまいます。

コメント欄で思うままに書き連ねる方が多いとコメントに対するコメントで、どんどん話が脱線、論理も飛躍し、筆者の意図するところとは別の次元の話になってしまうと思いました。そんなことが続けばコメントが本当に閉鎖されてしまうでしょう。
21. Posted by 経済学者の妻より   2008年04月13日 01:00
筆者さまは、文章の構成もかなり考慮されて、時間をかけて書かれていることと思います。だから、論理的な構成による文章はとてもクールです。それに実体験が豊富だから、その思考する術や見方というものが大変勉強になり面白いと感じます。

でも、経済や政治的な話は、思想的、民族的な話であり、なかなかネット上では難しいと感じました。でも、これに懲りずに、ミッキーさまの感じ方、大阪から世界を見るその見方について、今後も書いていただきたいところです。
22. Posted by nakano   2008年04月13日 04:59
中国が台湾を併合し日本や他の国を手中に
収めたいという思惑を否定しているわけでは
ありません

しかし経済的な制裁や圧力をかけることは
あっても進軍などしたら中国は国際的に孤立し
大きな損失を受けるのではないのでしょうか?

そのような危険を冒してまで進軍をするということは現実的には考えにくいと思います

中国のやり方は汚いですがだからといって
こちらまで汚れてしまってはいけないですよ

記事にもありますように今の世界はなにが
起きるか分かりませんし
中国の進軍の可能性も0ではありませんが
このような状況だからこそデマや憶測ではなく
キチンとした情報に基づいた考えを持つべきではないでしょうか




25. Posted by    2008年04月14日 00:22
台湾進軍で中国が国際的に孤立するかどうかは
まさにこの五輪が試金石なんじゃないの
何の理もない虐殺でこれだけの非難が渦巻いてる中で無事開催できたら
台湾に進軍しても別に孤立しない、と判断できるわけで。
26. Posted by みかん   2008年04月14日 19:33
現在進行形で、チベットやトルキスタンの人間を1000万人以上虐殺し続けている中国の事ですから、台湾に進軍しても驚きません。
こうなったら、全部の国がボイコットすれば良いんですけどね。日本なんて、ほとんど中国の侵略に関する事は余り報道しないですよね。
27. Posted by モッチ   2008年04月14日 20:27
新しい記事を書く気持ちになれないような事情がおありとのことですが…。

私は実はまだミッキーさんの本を読み終えていないので、本を読みながら静かに待ちたいと思います。

陰ながら応援しています。
28. Posted by check here   2014年05月11日 18:46
e-liquide なんでも評点:北京五輪の危うさ ― 誘致で北京に負けた大阪から眺めてみる(※コメント欄の凍結を解除しました)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔