2007年11月08日

植物状態4年目の息子に母が自分の睡眠導入薬を与えると意識回復 ― その驚くべき副作用の臨床試験が進む


南アフリカ共和国では、昨年後半からゾルピデムという薬の臨床試験が行われている。ゾルピデム(マイスリー)は、日本でも不眠症患者に処方されている一般的な睡眠導入剤である。南アで始まった臨床試験では、この睡眠導入剤を“昏睡患者”に投与している。眠っている人をもっと深く眠らそうとしているのか? いやいや、昏睡患者に目を覚ましてもらうために睡眠導入剤を投与しているのである。
本来、人を眠らせるために開発された薬にまさか昏睡状態の人を目覚めさせる効果があるなんて、誰も想像すらしていなかった。1999年にシェニー・エンゲルブレクトという女性がゾルピデムを細かく砕いて植物状態の息子に飲ませるまでは・・・。

シェニーさんの愛息ルイス・ヴィルジョエンさんが永続的植物状態 (PVS)に陥ったのは、1995年のことだった。当時25歳だったルイスさんは、ある日、バイクでの帰宅途中にトラックと衝突して、頭部に損傷を負った。救急ヘリでヨハネスブルグの病院に搬送されたが、医師たちは母シェニーさんに「息子さんは二度と目を覚ますことがないでしょう」と告げた。

医師たちが告げたとおりだった。ルイスさんは目こそ開けることができるものの、視線は宙をさまよっていた。毎日病室を訪れる母の呼びかけに何の反応も示すことがなかった。

だが、事故から4年経った1999年に奇跡が起きる。

当時、シェニーさんは不眠症を患っていた。地元の病院で受診すると、ゾルピデムを処方してくれた。ゾルピデムを服用し始めたシェニーさんがある日ルイスさんの病室を訪れると、ルイスさんがベッドの上でのた打ち回っていた。かといって意識を回復したわけではない。不随意けいれんが生じていたのだ。

そこで、シェニーさんは独断でゾルピデムを息子に飲ませてみることにした。“眠くなって”大人しくなるだろうと勝手に判断したのだ。しかし、この素人判断が奇跡を呼ぶ。

シェニーさんが錠剤を細かく砕いてルイスさんに飲ませてからわずか数分後、4年間も無表情だったルイスさんの顔に変化が現れた。視線の定まらなかった目が大きく見開かれた。その目は母シェニーさんをしっかり見据えていた。そして、ルイスさんは何か声を出し、微笑んだ。

息子が植物状態に陥ってから4年間、シェニーさんが夢に見てきた息子の笑顔だった。だがこれは夢ではなかった。シェニーさんが「ルイス、目が覚めているの?」と呼びかけると、彼ははっきりと言葉を返した。「やあ、お母さん!」

その日以来、ルイスさんは医師らによってゾルビデムを投与されるようになった。最初のうちはゾルビデムを投与してしばらくすると、また元の植物状態に戻ってしまった。しかし、だんだんと覚醒している時間が長くなった。現在では投与を受けなくても意識を取り戻していることが多い。

ただ、まだ自力で歩くことはできない。母シェニーさんはきっと二度目の奇跡が起きてくれると信じている。

さて、南アで始まったゾルビデムの臨床試験は、ReGen Therapeutics というメディカル研究開発会社が率いているもので、現在では英国やその他の国でも臨床試験が進められている。

そしてつい先日、英国でも“奇跡”が起きた。目を覚ましたのは、エイミー・ピカードさんという現在23歳の女性。エイミーさんは6年間も呼吸器と栄養補給チューブをつながれ、昏睡状態が続いていた。

彼女が昏睡に落ちたのは、17歳のときだった。当時妊娠中の身であったにもかかわらず、ヘロインに手を出して卒倒し、意識不明に陥った。もう回復の見込みはないとされていたが、母セルマさんは決してあきらめなかった。

ある日、昏睡患者を目覚めさせる効果があると期待される薬の臨床試験が英国で開始されることを知り、娘へのゾルビデム投与を申請したのだった。エイミーさんの場合は、最初の投与で変化が現れたわけではない。

投与を開始してから4週間弱で変化が現れた。自発呼吸を開始したのである。喉に開けられた呼吸器接続用の穴が塞がれると、食べ物にも反応を示すようになった。そして、意識が回復している兆候も見られるようになった。

さらに数週間後には、ナースに両脇から支えてもらうと立ち上がることができるようになった。目の前の物や人に視線を注ぐことができるようになった。意味をなさないものの声も出すようになった。酸っぱい食べ物を与えられると顔をしかめ、甘い食べ物を与えられると微笑むようになった。

現在、この臨床試験には360名の患者が参加しているという。ただし、現時点で日本は臨床試験の対象国に含まれていないようだ。将来日本でも臨床試験が開始されれば、ぜひ自分の肉親にも投与を受けさせたいと願う人がきっと大勢いることだろう。

ゾルピデムにこのような効果がある理由については、調べている余裕がないので割愛させていただく。ゾルピデムの効果の詳細については、大分県の中津市民病院のWebサイトで、研修医の人が海外の論文を翻訳なさったものがPDF形式で公開されているので、そちらをご覧になると参考になるかもしれない。

ともあれ、生命維持装置を必要としている患者に対してゾルピデムを投与すると、生命維持装置が不要になる場合がある・・・という事実に筆者としては最も注目する。臨床試験によりゾルピデムの効果が確認されれば、従来のように身内の者が患者の生命維持装置を取り外すかどうかの決断を迫られることが少なくなるかもしれない。




■ Sources:


【関連記事】


この記事の先頭に戻る
Google
WWW を検索 評点

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

任天堂カスタマー伝説その2・睡眠導入薬で意識回復・ラブヒゲ危機一髪・などのメモ
2. 裁断機で事故  [ 無限堂の人々 ]   2007年11月16日 17:35
こんばんは、K太郎です。 相変わらず不調不調。早く誰か助っ人新人が来ないもんかな。 誰かいい人いたら紹介してね。 正規採用されたら紹介料払うよ! ところでこの仕事柄、鉄くずとかスクラップの処理場にはよく足を運ぶのですが・・・。 そこでこんな事故が・・・ ...

この記事へのコメント

1. Posted by みら   2007年11月08日 03:26
Tウイルスみたい
2. Posted by セドラス   2007年11月08日 12:14
5 良ければ、リンクの方に追加させて頂きます。
よろしくお願いします。
ちなみに自分のblogです
3. Posted by ふんわりユンユン   2007年11月08日 21:33
3 感動して鼻水トローリです。これからも頑張って欲しいですね(泣) http://blog.livedoor.jp/keisonlove/
4. Posted by くらい   2007年11月08日 21:43
レナードの朝ですね
5. Posted by コロン   2007年11月08日 22:43
記事自体の内容もさることながら、
いつも、「翻訳、内容の検証、考察」など
感心しながら拝見させていただいております。
お忙しそうですがこれからも毎日の楽しみにさせて頂きますね〜^^
6. Posted by O県   2007年11月09日 10:20
不眠薬で覚醒とは漫画にもないような不思議な話です。


しかし田舎の地元がこんなとこに出るとはw
7. Posted by な   2007年11月09日 16:35
俺も飲んでるが驚いた
8. Posted by 、   2007年11月09日 18:24
睡眠導入剤はたしか脳を覚醒させて疲れさせるんだったかな。
眠らせる結果ばかりが取り上げられるが、そこに至るプロセスにこそ何かの利点が眠っていたりするんだ。
9. Posted by    2007年11月10日 13:18
日本には三年峠という物語がありましてな
その峠で転ぶと3年で死ぬんだそうです
しかし裏を返せば3年は死なないということなわけで。

生きてる人に睡眠薬を与えると寝ますが
死んでる人(語弊はありますが)に睡眠薬を与えると眠り始めるんですかな?
10. Posted by にゅん   2007年11月10日 14:39
眠らせる薬が起こす薬にもなる 不思議だ。
飲ませるにも口に何も器具がない状態じゃないと無理だなぁー
植物状態は口には入れないの?チューブとか
流し込めればOKなのかな?
11. Posted by johnstevens   2009年06月23日 13:45
1
Saolun var olun teekk端r edrim?
Help me!
12. Posted by あいちゃん   2010年12月16日 21:31
5 私の母は9月末心筋梗塞で倒れ意識がもどらなくなり人工呼吸をして鼻から食事してます 目も明けますが見えていない感じですがまつげだけは反応があってわずかですが瞳孔反応があるときもあります 日本でも睡眠薬ゾルピデムの臨床試験してほしいです 目覚めることがないといわれてますので奇跡が起きるかも知れないならぜひお願いしたいと思いました。今は日増しに硬くなっていく体を少しマッサージしてあげるだけでやりきれない思いです。
13. Posted by air jordan 5 2013   2014年04月16日 22:17
なんでも評点:植物状態4年目の息子に母が自分の睡眠導入薬を与えると意識回復 ― その驚くべき副作用の臨床試験が進む
air jordan 5 2013 http://www.lavau.eu/wayfarer/air-jordan-5-2013.html
14. Posted by air max 1 femme noir   2014年04月16日 22:17
なんでも評点:植物状態4年目の息子に母が自分の睡眠導入薬を与えると意識回復 ― その驚くべき副作用の臨床試験が進む
air max 1 femme noir http://www.clinique-princess.com/imitation/air-max-1-femme-noir.html
15. Posted by aire max pas chere   2014年04月24日 08:33
なんでも評点:植物状態4年目の息子に母が自分の睡眠導入薬を与えると意識回復 ― その驚くべき副作用の臨床試験が進む
aire max pas chere http://www.camping-baretous-pyrenees.com/clubmaster/aire-max-pas-chere.html
16. Posted by nike air total max uptempo   2014年04月27日 22:57
なんでも評点:植物状態4年目の息子に母が自分の睡眠導入薬を与えると意識回復 ― その驚くべき副作用の臨床試験が進む
nike air total max uptempo http://www.tableau-noir.net/miroir/nike-air-total-max-uptempo.html
17. Posted by nike 6.0   2014年04月28日 09:29
なんでも評点:植物状態4年目の息子に母が自分の睡眠導入薬を与えると意識回復 ― その驚くべき副作用の臨床試験が進む
18. Posted by jordan 1 flight   2014年05月06日 01:56
なんでも評点:植物状態4年目の息子に母が自分の睡眠導入薬を与えると意識回復 ― その驚くべき副作用の臨床試験が進む
jordan 1 flight http://tnhistoirexx.tableau-noir.net/clubmaster/jordan-1-flight.html

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔