G- なんでも評点:最近体重が増えて腹痛を訴えるようになった10歳女児を診察すると妊娠9ヶ月であることが判明、まもなく出産

2007年10月03日

最近体重が増えて腹痛を訴えるようになった10歳女児を診察すると妊娠9ヶ月であることが判明、まもなく出産


ベルギー南部、エノー州シャルルロア市の病院で働くロバート・シェフ医師は、昨年のある日、原因不明の腹痛を訴えている10歳の女児を診察した。母親が心配して病院に連れてきたのだ。女児の異常は腹痛だけではなかった。しばらく前から女児の体重が急に増え始めたため、母親が女児をダイエットさせようとしたが、ほとんど効果がなかったという。
決して早熟には見えない女の子だった。「10歳でも15や16に見える女の子がいたりします。でも、その女の子は、どう見ても年相応でした」とシェフ医師は振り返る。

とてもあどけない少女だったのだ。だから、診察の結果、彼女が妊娠中であることが判明したとき、シェフ医師は心底驚いた。しかも、妊娠9ヶ月目に達しており、そろそろ臨月に入ろうとしていたのである。

そしてまもなく、母になるにはあまりにも幼すぎるはずのその体から新しい命が生まれる時が来た。特別な処置を要したものの、出産自体は実にスムーズに完了したという。

シェフ医師らは、出産後の少女を産科病棟に入院させるのはまずいと判断し、小児病棟に入院させることにした。どうみても10歳にしか見えない女児を産科病棟に入院させたら、周囲から奇異の視線を浴びること必至だったからである。

ベルギーでは、低年齢の少女が妊娠する場合、その多くは近親姦が原因だという。しかし、この10歳の女児が産んだ赤ん坊の父親は、彼女自身の父親であったり兄弟であったりはしなかった。同じ学校の上級生である13歳の少年が赤ん坊の父親だった。

しかも、この“13歳の父親”は逃げも隠れもしなかった。頻繁に病院を訪れて、少女と“我が子”に面会していたという。

さらに、少女の両親も怒ったりせず、現実を穏やかに受け止めていた。「少女の祖母が赤ん坊を育てることになりました。自分の子供として育てるつもりだと話しておられましたね」とシェフ医師は言う。

ベルギーでも、さすがに10歳の少女が出産するのは尋常ではない。しかし、妊娠に至る“プロセス”だけに注目すると、決して上記の少女が稀有な例とは言い切れない実情があるらしい。

“予備軍”がたくさんいそうなことを示すデータが週刊医学誌『De Huisarts 』の9月27日号で発表されている。昨年、ベルギー国内で避妊ピルの投薬を受けた10歳女児は57人に上る。しかも、医療上の理由から投薬を受けた女児も含まれていたが、それ以外は純然たる妊娠防止を目的としていたという。

さて、出産最年少記録は、上記の少女より5歳も若い。ブラジルで5歳の女児が出産したのが世界記録である。ペルーで9歳の女児が出産した例もある。ロシアで11歳の少女が出産した例もある。

12、13歳以上になれば、低年齢妊娠率が極めて高いことで知られる英国の独壇場かもしれない。




■ Source: 10-year-old gives birth

【関連記事】


この記事の先頭に戻る

Google
WWW を検索 評点




トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 平成19年10月4日 木曜日  [ 面白ニュース ]   2007年10月04日 07:40
 
2. 神楽書堂‐ニュースログ‐  [ 神楽書堂‐ニュースログ‐ ]   2007年10月04日 19:23
 
3. と言うか父親は・・・おい?  [ CELESTIAL FORTUNE-21st wayイラスト投稿者東陽子の雑記帖 ]   2007年10月05日 21:50
最近体重が増えて腹痛を訴えるようになった10歳女児を診察すると妊娠9ヶ月であることが判明、まもなく出産(なんでも評点) http://rate.livedoor.biz/archives/50444640.html  つい先日も、13歳で子供を出産して、16歳で亡くなるまで癌と闘いながら娘と思い出を作...
4. 今週!気になるニュース・話題  [ はなまる 夫婦 ]   2007年10月06日 00:13
 
5. 10月10日のニュース  [ ごった煮 ]   2007年10月10日 13:37
悪い恋愛関係、心臓発作の要因になる可能性 まあ対人関係は体ぶっ壊す原因でもかなり上位に食い込むしね〜 「観光収益悪化」と旧藩主、大分・中津城を3億円売却計画 イギリス...

この記事へのコメント

1. Posted by ハンド   2007年10月03日 18:22
日本なら、逆にニュースにはならないかな!

隠すのかなぁ(-.-;)
2. Posted by 赤   2007年10月03日 18:56
〜平安時代など、日本も昔の貴族なら10歳前後
で結婚・出産させられる事が普通だったと思う
と、不思議な感じがしますね。
昔も今も、身体的機能を差し引くと、立場上と
いう事になりましょうか。社会構造の違いもあ
りますかねぇ。
精神的・経済的自立又は支援・・上手くまとまり
ませんが@
3. Posted by     2007年10月04日 03:07
米2
昔の低年齢結婚と、実際の性交年齢は別ですよ。
大抵性交は、十代中盤位までおあずけです。
4. Posted by あも   2007年10月04日 07:48
5歳で出産て・・・・・。
いったい何歳で生理が始まったんだ?
5. Posted by 、   2007年10月04日 10:22
5歳で出産・・・
どっかのゲームにそんなのあったな。
6. Posted by えええ   2007年10月04日 13:36
生理が来てなきゃ子供って生めないですよね!?
5歳っていったいどーなってんだ・・・
7. Posted by w   2007年10月04日 15:40
ロリコンに朗報?w
8. Posted by (・ω・)   2007年10月05日 10:25
5歳で出産した子については筆者さんが貼ってくれてるリンクに詳しいですよ
8ヶ月で初経を迎えたそうです
9. Posted by ちーちー   2007年10月05日 18:55
4 9ヶ月になるまで医者に行ってなかったのが不思議ですね。
妊娠には気付かなくても、肉のつき方が肥満とは違うことで変だと気付きそうなものだけど。

5歳の子のほうは思春期早発症でしょうかね?
11. Posted by 評価 大志尊徳   2011年02月08日 15:14
>ベルギー南部、エノー州シャルルロア市の病院で働くロバート・シェフ医師は、昨年のある日、原因不明の腹痛を訴えている10歳の女児を診察した。母

>とてもあどけない少女だったのだ。だから、診察の結果、彼女が妊娠中であることが判明したとき、シェフ医師は心底驚いた。しかも、妊娠9ヶ月目に達しており、そろそろ臨月に入ろうとしていたのである。

どうもこのニュースの文章は怪しいですね。ベルギー人は日本人よりも平均初経は1年以上遅れます。特殊ケースとなるとうなずけますが臨月で腹痛となるとこれはもう陣痛のケースですよ釣りネタが海外ニュースに織り込まれているような感じです。

>昨年、ベルギー国内で避妊ピルの投薬を受けた10歳女児は57人に上る。しかも、医療上の理由から投薬を受けた女児も含まれていたが、それ以外は純然たる妊娠防止を目的としていたという。

副作用が強いピルでベルギーでピルの検索しても実際の少女に避妊ピル投与はベルギーでは法律で禁止されています。フィリピンでもよく聞くピルですが幼女への投与は将来不妊症になる副作用も確認されており幼女には投与しないように国連が呼びかけています。ベルギーは先進国です。

ロシアの11歳小6少女は事実で今では最年少の母に記録されています。しかし、他の低年齢出産記録は今は抹消されてリナ・メディナは生きているが子供はもう何十年も前に死亡して記録事態も分からない幻状態です。また10歳で安産は奇跡です。

このように文章を分析すると釣りネタが、かなり織り交ぜられて日本にニュースが伝わり事実と食い違いがある気がします。たとえば日本人の男児は母親と思春期になるとセックスをみんな行っていると間違った情報を信じている欧米先進諸国が多いのには驚きます。このニュースも誤報ニュースの可能性は高いと思います。
12. Posted by SMC solenoid valve   2012年07月25日 16:05
5 ところで、子供服には独特の言い回しがあって、ベビー、トドラー、スクール、ジュニアなど年齢で区分している
13. Posted by ユナ   2012年08月04日 14:27
1  
エロイ・・・
14. Posted by jkl   2012年09月14日 01:21
ほう、ベルギーか…
15. Posted by ケン   2012年10月29日 20:54
[釣りネタ]か... 勉強になりました。ネット怖ぇ〜。
16. Posted by Bathroom Remodeling   2012年12月20日 01:38
妊娠には気付かなくても、肉のつき方が肥満とは違うことで変だと気付きそうなものだけど。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔