2007年09月20日

胸の谷間に爬虫類を挟み込んだまま空を旅した女性


胸に抱くのは大志だけではない。豊かなバストに恵まれた女性なら、その谷間に何かを抱(いだ)くこともできるだろう。たとえば爬虫類を挟みこむこともできるはずである。もちろん、その爬虫類に愛情を注いでいればの話だが。
9月14日のこと、英国のブラックプール空港で、ロシア発の到着便から降りてきた1人の女性の様子が不自然なことに警備員が気づいた。女性の胸を覆っている服の下で何かが動いているように見えた。

警備員が女性を呼び止めて、その動きの原因を確かめようとしていると、動きの主が女性のブラの中から顔を覗かせた。緑色のイグアナだった。

女性は、自分のペットを非合法に英国内に持ち込もうとしたことをあっさり認めた。しかし、イグアナを地元の動物園に寄付することに同意したことで、起訴は免れることになった。

空港職員の1人は、こう話している。「空港ではセキュリティ上、たいがいいろんなものを押収する毎日ですが、まさかイグアナを衣服の下に隠しているとは」

本件はごく短く伝えられているだけだが、注目すべきは、この女性が胸の谷間あたりにイグアナを挟んだまま、空の旅を続けてきたという事実である。何時間もの間、胸の谷間の中でイグアナがよくぞおとなしくしていたものである。よほど、居心地が良かったのだろうか。

ところで、「緑色のイグアナ」ということは、草食性のグリーン・イグアナだと思われるが、グリーン・イグアナは全長120〜180cmにも達する。さすがに、この女性は成獣を胸の谷間に挟んでいたのではなさそうだ。おそらく、彼女が胸に挟みたくなるほど可愛らしい子供のイグアナだったのだろう。




■ Sources:


【関連記事】


この記事の先頭に戻る
Google
WWW を検索 評点

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ペニスから高圧電流を放出することにより九死に一生を得た男性 他  [ 神楽書堂‐ニュースログ‐ ]   2007年09月20日 23:11
ペニスから高圧電流を放出することにより九死に一生を得た男性 【詳細記事】 女児の肺の中ですくすく成長していた雑草 【詳細記事】 【詳細記事】 神を提訴したネブラスカの州議会議員 【詳細記事】 【詳細記事】 【詳助I!
2. ニュース  [ 超暇つぶしブログ ]   2007年09月21日 12:15
末期ガンで余命数ヶ月と宣告された46歳の教授が沈痛さのかけらもなく元気たっぷりに「人生最後のレクチャ」  http://rate.livedoor.biz/archives/50424027.html 胸の谷間に爬虫類を挟み込んだまま空を旅した女性 http://rate.livedoor.biz/archives/50421373.html ...

この記事へのコメント

1. Posted by    2007年09月21日 19:17
僕も谷間に挟まれたいてす><
2. Posted by teen   2011年10月07日 06:27
1 剌瑜葹! 退 闔驟鱶鱚譛 ! :)
3. Posted by teen   2011年10月07日 15:26
1 剌瑜葹! 退 闔驟鱶鱚譛 ! :)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔