G- なんでも評点:生まれつき口のない女の子が見つかる

2007年08月22日

生まれつき口のない女の子が見つかる


ウクライナ・ジミトール州のコロステン市で、先日、病院の玄関前に置き去りにされた赤ん坊(女児)が見つかった。だが、その捨て子は泣き声を一切発することがなかった。死んでいたのではない。ちゃんと生きていた。だが、泣き声を発することが物理的に不可能だったのである。
その子を最初に拾い上げた病院職員は、さぞかし驚いたに違いない。その女の子には口がなかった。地元の警察が女の子の母親をすぐに見つけ出したが、母親は「経済的に困窮しており、口のない我が子をどうしてやることもできない」という旨の陳情書を提出するに至った。

医師らが女児を診察すると、顔の骨の発育に先天異常があり、上顎と下顎の骨が正常に形成されていないことがわかった。つまり、女児の顎は上下に分かれていなかった。その上を皮膚が覆っているがゆえ、事実上、口が存在しないのである。

医師らによれば、相当な時間とお金と技術を要するものの、この女児の顔に外科的に口を形成することは十分可能だという。実際に何回かに分けて形成手術を実施する計画を立てている。もちろん、患者が赤ん坊であるため、非常に複雑でコストのかかる手術となることは避けられない。

既に応急処置として、女児の上顎と下顎の中間に当たる部分に通路を空ける手術が完了している。現在は、この通路にチューブを通して、女児に水分と栄養分を与えている。

医師らは女児にリサと名づけた。まだ口があるべき部分には狭い通路が穿たれているだけなので、泣き声を上げることはできない。彼女がベッドの中で体を動かす様子をみんなが見守っている。

本稿のソースとして参照しているPravdaの記事には、リサちゃんの写真も掲載されている。ただし、顔を反対側に向けたうつ伏せ姿勢で撮影された写真なので、口のない顔を確認することはできない。

Pravdaによれば、リサちゃんのような先天性形成不全は、非常に稀ながらも前例がいくつか存在する。Pravdaの記事には、2002年に英国で生まれた“顔のない女の子”ジュリアナちゃんのことにも言及がある。ジュリアナちゃんは、顔の骨の40パーセントが先天的に欠損した状態で生まれた。実際に顔がないのではなく、上顎、頬骨、眼窩が欠損しているため、顔らしい顔が形成されていなかった。ジュリアナちゃんについては、下記「参考リンク」に示した他サイト記事が詳しい。




■ Source: Girl without mouth born in Ukraine

【関連リンク】


【参考リンク】


この記事の先頭に戻る

Google
WWW を検索 評点




トラックバックURL

この記事へのトラックバック

事故で脳の半分が破壊されて知的能力を失った青年が奇跡的に回復、知能テストで稀に見る高得点を叩き出す 【詳細記事】 生まれつき口のない女の子が見つかる 【詳細記事】 4歳でウエストが95センチ。稀に見る「布加
2. 【今日のネタ】2007年8月22日  [ ネタのタネ ]   2007年08月23日 14:24
■オススメのネタ ●危険な航空会社リスト 海外へ逃亡(旅行とも言う)のが好きなのでこれは重要な情報。気のせいか安い会社は事故が多いような… ●Google マップの地図がブログなどへ簡単にコピペで埋め込み可能に 何??iv@

この記事へのコメント

1. Posted by さる   2007年09月20日 04:49
そのような子供が生まれるとは初めて聞きました。
外科手術で口をつくる…想像出来ません。
2. Posted by UNO   2007年12月06日 07:41
このような子供を手術して生かす事は、本当に子供にとって幸せなんでしょうかね・・・。
完全に正常にすることができれば良いのですが、そうでない場合は将来ハッキリと自分の事を自覚できるようになったときに、それでも生きてる喜びをかみ締めるか、もしくは辛い思いをすることもあるかもしれません。
もちろんこの子にとっての幸せが何かはこの子自身が決めることです。なのでいつか、この手術をしたことを悔やむことがないように願っています。
3. Posted by 名無しマッチョ   2012年08月12日 23:52
これが正真正銘のキモイってやつだな。これが悲しいって感じるなら、なぜ今をもっと一生懸命、全力で生きない?こんなとこで人のうわさの油売ってちゃいけんやろ?!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔