G- なんでも評点:プールの排水口の上に座った6歳の少女が内臓を体外に吸い出される

2007年07月05日

プールの排水口の上に座った6歳の少女が内臓を体外に吸い出される


男性の場合、風呂に浸かりながらお湯を抜いていると、まれに睾丸が排水口に吸い込まれてしまうことがあるという。それに類する悲惨な状況が筒井康隆の短編小説「陰悩録」に描かれている(収録書籍:『陰悩録―リビドー短篇集』)。とはいえ、風呂の排水口程度なら、吸引力も知れている。めったなことで睾丸が吸い込まれることはないだろう。
だが、プールの排水口の吸引力は、家庭用の風呂の比ではない。排水口が格子鉄蓋や金網で覆われていない場合は、非常に危険だ。とりわけ、1つのプールに排水口が1つしかない場合は、水流と水圧が1ヶ所に集中するため、強烈な吸引力が生じる。

しかし、その吸引力は、どうしても子供の興味を引き付けてしまう。誰しも子供の頃にプールや大浴場の浴槽で、格子などによりカバーされた排水口の上に足を乗せたりして吸い込まれそうになる感覚を楽しんだ経験があるはずだ。

だからなおさら、排水口がカバーされていない場合は危険なのだ。米国では、カバーされていないプール排水口が、これまでに報告されているだけで数百件以上の事故を引き起こしている。

6月29日のこと、米国ミネソタ州のミネアポリス・ゴルフ・クラブの施設内に設けられた子供用プールで、アビゲール・テイラーという名の6歳の少女が他の子供たちと一緒に遊んでいた。彼女らも、排水口の吸引力に興味津々だった。

アビゲールちゃんは、排水口の真上に腰を下ろしたところ動けなくなってしまった。その猛烈な吸引力は、彼女の下半身をぴったりと吸い付けるだけでは飽き足らず、彼女の体内にまであるものまで吸い出し始めた。

アビゲールちゃんが助け出されたときには、既に彼女の腸の一部が体外に吸い出されてしまっていた。彼女は、ミネアポリス市内の小児病院に搬送された。

普通なら命を落としていてもおかしくないほどの重傷だった。だがアビゲールちゃんは、奇跡的に一命を取り留めた。現在、アビゲールちゃんは意識があり、会話もできる状態まで回復しているが、今後、何度かに分けて手術が行われる予定だという。

アビゲールちゃんの腸がどの程度まで失われたかは、ソースとして参照した2つの記事に記されていない。体外から負圧を受けたときに体内の圧力を最も逃がしやすい部位を経て、裏返しに吸い出されたのだと思われる。




■ Sources:


「超」怖い話M(ミュー) (竹書房文庫)
「超」怖い話M(ミュー) (竹書房文庫)
竹書房 2008-07-07
売り上げランキング : 136677

おすすめ平均 star
starもう少し
star読後の満足感が大きい一冊
star2周目からが素晴らしい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


なんでも評点 世界のありえな~い100選
なんでも評点 世界のありえな~い100選
宙出版 2008-01-31
売り上げランキング : 257837

おすすめ平均 star
star個人発トリビアの泉

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【関連記事】


この記事の先頭に戻る

Google
WWW を検索 評点




トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 腸ホラー  [ CELESTIAL FORTUNE-21st wayイラスト投稿者東陽子の雑記帖 ]   2007年07月05日 11:18
プールの排水口の上に座った6歳の少女が内臓を体外に吸い出される(なんでも評点) http://rate.livedoor.biz/archives/50394809.html  排水口の吸引力。  私も、風呂場でごく偶にやってしまいます。  排水口に手を当てたりしてね。  でも、スケールが大きくな...
2. プールの排水口の上に座った6歳の少女、内臓を体外に吸い出される 他  [ 神楽書堂‐ニュースログ‐ ]   2007年07月05日 21:31
プールの排水口の上に座った6歳の少女、内臓を体外に吸い出される 【詳細記事】 母親のボーイフレンド、3才女児の上唇を噛み切る 【詳細記事】 恐竜の骨からダシをとっていた村 【詳細記事】 【詳細記事】 女性が

この記事へのコメント

1. Posted by (`・ω・´)   2008年02月01日 13:26
たしか都市伝説に飛行機のトイレで腸を抜き取られて死ぬ話がありますね。この記事が元ネタかもしれませんね。

世の中には変わった性癖の人間がいて、欠損を性的興奮と捕える方々もいるようですよ。別の記事に対してのコメントですが。

ヨハネスの話がたまに出ますが、一見両方での生活経験から語られる話は公平に見えますが、その経験がない人間には『死の/もしくは精神、体に悪影響がある』時点で五十歩百歩なのも事実です。どこにいても危険はあるのと同様に。人々は突然の不幸を恐れるものです。

興味深い記事が多く読み耽ってしまいました。不適説と感じたらコメントを適当に消去してください。
2. Posted by 名無しさんex   2012年12月02日 14:55
うひゃあ こええなあ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔