G- なんでも評点:赤ん坊の実の母親が5歳の女の子だったり、生まれざる胎児だったりする時代が来る? ― 未成熟卵細胞の試験管内培養に成功

2007年07月01日

赤ん坊の実の母親が5歳の女の子だったり、生まれざる胎児だったりする時代が来る? ― 未成熟卵細胞の試験管内培養に成功


不妊に悩む成人女性が卵子の提供を受ける場合、卵子提供者は現在のところ同じく成人女性である。だが、イスラエルの医師たちが開発した新しい医療技術を“悪用”すると、生まれた赤ちゃんの遺伝上の母親が実はたった数年前にこの世に生を受けたばかりの幼い女の子だったということにもなりかねない。いや、それどころか、この世に生を受けることのなかった胎児が別の胎児の母親になることすら可能である。

世界初の試みに成功

エルサレムのハダッサ大学病院で産婦人科学の講師を勤めているアリエル・レベル医師らの研究チームは、このたび、小児がんにかかった5歳の女の子の卵巣から卵細胞を採取し、生殖可能な卵に成長するまで試験管内で培養することに成功した。培養した卵は冷凍保存され、この女の子が病魔を乗り越えて成人になり、妊娠を希望したときに彼女の体内に戻されることになる。

特に画期的とされるのは、わずか5歳の女の子の卵巣から取り出した卵細胞を試験管内で成長させることに成功した点である。レベル医師らは、5歳の女の子の卵細胞を20歳の女性の卵と変わらないレベルまで成長させることに成功したと主張している。

これまでの定説では、思春期前の少女の卵細胞は未熟すぎて、卵巣から取り出しても将来の不妊治療に使用できないとされていた。卵細胞が生殖可能な卵子になるには、思春期を迎え、体内のホルモンに変化が起きることが必須だと考えられてきた。

少女たちを将来の不妊から救う

白血病やその他の小児がんにかかった女の子たちが放射線/化学療法を受けながら闘病する姿は、映画やドラマなどでしばしば涙腺に訴える描写の対象となる。しかし、放射線/化学療法が幼い女の子たちに及ぼす副作用に関しては、髪の毛が抜けることくらいしか触れられていないことが多い。

放射線/化学療法は、かなりの高確率で少女たちを不妊に至らしめる。レベル医師らがこの技術を開発したのは、小児がんにかかった女の子たちを将来の不妊から救うためである。

本件を伝えているThe Sunday Timesの記事によると、英国では毎年約1500人の子供たちが放射線/抗がん剤によるがん治療を受けている。病魔を乗り越えても、将来的に不妊になってしまう子供たちは75パーセントに上る。

レベル医師らは7月第1週にフランスのリヨンで開催される「欧州ヒト生殖学会議(the European Society of Human Reproduction and Embryology)で、この研究の成果を発表する。

高まる期待

英国のがん治療医や不妊治療医たちは、この画期的新技術の登場を歓迎している。ロンドンのブリッジ不妊治療センターで医療ディレクタを勤めるゲディス・グルヂンスカス教授は言う。「通常なら思春期を経なければ起きない卵細胞の変化を試験管の中で起こすことに初めて成功したのですから、非常に大きな意義があります」

レベル医師らより前にも、これと似た試みが行われている。ただし、卵巣から卵細胞を取り出すのではなく、卵巣の組織の一部を採取して冷凍する方法である。実際に、小児がんにかかった女の子たちの体内から卵巣組織を採取して冷凍保存した医師たちがいる。女の子たちが成長し、妊娠を欲したときに彼女らの体内に卵巣組織が再移植されることになる。

しかし、今のところ成人女性においても、冷凍しておいた卵巣組織の再移植から妊娠に成功した例は2つしか報告されていない。しかも、がんにかかっていた場合は、卵巣組織にがん細胞が紛れ込んでいる危険性がある。だが、卵細胞だけを取り出して冷凍保存する技術には、そのリスクがない。

エジンバラ王立小児病院の小児腫瘍医ハミッシュ・ウォレス医師も、レベル医師らの新技術に高い関心を示している。「がん細胞が含まれている可能性のある卵巣組織を体内に戻すと、がんの再発を招くおそれがありますが、この技術ではその心配がなくなります」

懸念

とはいえ、冒頭で述べたように、この技術には悪用されるリスクも付随する。“Comment on Reproductive Ethics”という生殖倫理組織に所属するジョセフィーヌ・クィンタバル女史は、こう警鐘を鳴らす。「生まれた赤ちゃんの実の母親が6歳の女の子だったらどうします? その子が死んだら、今度はその子の卵を誰かに寄付したりするのでしょうか?

5歳とかいう年齢の子供にとって、これが最優先すべきことだとは思えません。がん治療を受けようとしている子供です。体への負担が増えるだけです。私は、こんな技術の開発に不快感を覚えます」

胎児がこの世に生を受けずして母親になる日

5歳やそこらの女の子が卵細胞提供を経て赤ん坊の遺伝上の母親になってしまうことだけでも十分にショッキングな話だ。だが、イスラエルの医学者たちは、もっと恐ろしい技術応用プランを口にし始めている。この世に生を受ける前に人工中絶された女の胎児の卵巣から卵細胞を取り出して培養してはどうかと言うのだ。

クファル・サバのメイア病院の医師たちも、中絶胎児から取り出された卵細胞が成人女性の胎内に新たな命を宿す日がやってくる可能性があることを認めている。しかし、なんでわざわざ胎児の卵細胞なのか?

それには確かに理由がある。女性が一生のうちで最も多くの卵細胞を有するのは、まだ生まれる前、妊娠5ヶ月目の胎児のときなのだ。そのとき、約500万個の卵細胞が存在している。誕生までに、その500万のうち400万の卵細胞が分解される。そして、少女が思春期を迎えるころには、30万個しか残っていない。

その後、女性は毎月1個ずつ卵子を排卵していき、40代半ばに至ったときは、もう数えるほどしか残っていない。女性が一生のうちに排卵する卵子の数は約500個であり、残りはすべて分解される。




■ Source: Doctors freeze eggs of girls, 5

【関連記事】


この記事の先頭に戻る

Google
WWW を検索 評点




トラックバックURL

この記事へのトラックバック

「5歳児」や「胎児」が母親になる時代がやって来る? 未成熟卵細胞の試験管内培養に成功 【詳細記事】 「父さんと同じ気持ちになろうぜ」息子にヘ口インを注射した父親
2. 7/1の気になった記事  [ エニシングゴーズ ]   2007年07月01日 22:39
■赤ん坊の実の母親が5歳の女の子だったり、生まれざる胎児だったりする時代が来る? ― 未成熟卵細胞の試験管内培養に成功(なんでも評点) └もう生命は少しも神の領域ではないのですね。良いことに使われるのなら良いです。 ■ライティング能力を上げるための15の習慣『A...
3. 正に「生む機械」  [ CELESTIAL FORTUNE-21st wayイラスト投稿者東陽子の雑記帖 ]   2007年07月03日 15:45
赤ん坊の実の母親が5歳の女の子だったり、生まれざる胎児だったりする時代が来る? ― 未成熟卵細胞の試験管内培養に成功(なんでも評点) http://rate.livedoor.biz/archives/50393905.html  え・・・・・・?  9歳の女の子が赤ちゃん産んで、日本のテレビ番組に出...

この記事へのコメント

1. Posted by  t    2007年07月02日 00:06
中絶胎児から取り出された卵細胞って、これじゃ、本当に生む機械だよ。
2. Posted by Urza   2007年07月02日 23:22
>恐ろしいことに、中絶胎児から取り出された卵細胞
ん?特に問題はないような気がしますが・・・。
3. Posted by 323   2007年07月03日 00:08
そう言えば、新谷かおるさんのエリア88の敵さんの組織の計画にプロジェクト4なるものがありましたが、まさにそれができる技術だと・・・。兵士になるためだけに作られた人間。恐ろしい世の中になったものだ・・・。
4. Posted by ー   2007年07月07日 12:47
産む機械というよりは、人間の材料って感じだな
この方法で生まれた子供がすくすく育てるとは思えん
5. Posted by     2007年07月07日 19:08
>この方法で生まれた子供がすくすく育てるとは思えん

そうか?
健康上の問題がなくて、ちゃんとした環境にあればすくすく育つよ。
どうして「すくすく育てるとは思えない」のか、考えてみては?
6. Posted by     2007年07月09日 18:11
>ジョセフィーヌ・クィンタバル女史
小児ガンというだけでも絶望感を味わうだろうに、
大きくなったら子供が産めないと分かった時は下手すりゃ自殺ものだろう。
最優先とは思わないが、この技術を否定するには根拠が弱いと思うな。

幼児や胎児の卵子で不妊治療することについても、
遺伝子的に未成年どころじゃない母親が誕生する事にはなるが、
実際産むのは普通に成人した女性。
そのあたりは法改正で十分対応できる話だろう。

倫理的になんだかんだとか言う人は結局当人の事なんか考えてないわな。
7. Posted by he said   2014年05月10日 21:52
ecig mod なんでも評点:赤ん坊の実の母親が5歳の女の子だったり、生まれざる胎児だったりする時代が来る? ― 未成熟卵細胞の試験管内培養に成功
8. Posted by Get Source   2014年05月11日 06:00
liquid starch なんでも評点:赤ん坊の実の母親が5歳の女の子だったり、生まれざる胎児だったりする時代が来る? ― 未成熟卵細胞の試験管内培養に成功
9. Posted by hop over to this website   2014年05月11日 14:23
e-shisha pens なんでも評点:赤ん坊の実の母親が5歳の女の子だったり、生まれざる胎児だったりする時代が来る? ― 未成熟卵細胞の試験管内培養に成功

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔