2007年05月27日

米国で人工冬眠の研究が再燃、被験者を仮死状態にする人体実験を予定 ― あの生還劇がきっかけに


今、自ら死を選ぼうかと悩んでいる人は、もう少しだけ待つべきかもしれない。眠っているだけで新しい未来にたどり着ける技術が近いうちに実現されるかもしれないからだ。何のことを話しているかというと、かつてはNASAが惑星間の有人宇宙飛行に応用しようとしていたものの、研究を断念して久しい“人工冬眠”の話である。
“The Sunday Times”が伝えるところよると、米国では昨年晩秋以来、人工冬眠の実用化競争に再び火が点いた。いったんは、実用化があきらめられた人工冬眠だったが、ある男性の奇跡の生還が再びその可能性に光を当て、研究資金がつぎ込まれるようになったのだ。

この実用化競争には、ロサンゼルス、ボストン、およびピッツバーグの3つのチームが名乗りを上げている。

ボストンのチームを率いるのは、マサチューセッツ州の総合病院で外科医を務めると共に、米陸軍のコンサルタントを兼任しているハッサン・アラム医師である。彼は、ボランティアを募り、本年度末までに世界に先駆けて人工冬眠の人体実験を実施しようとしている。

アラム医師は、人工冬眠を救急医療に応用したいと考えている。彼のプランでは、救急車に“血漿増量剤”と呼ばれる清浄な食塩水を常備する。自動車事故などの現場で、この食塩水を重傷者の体内に注入する。

“血漿増量剤”を注入された患者の体温は、37℃から10℃まで急激に低下する。これにより、代謝が下がり、ショックの発現が遅れると共に、怪我によるダメージが抑制される。

アラム医師は、既に体重50キロのヨークシャー種豚を使った動物実験に成功している。この実験では、血漿増量剤の注入により豚の心拍と脳電気信号を最長で2時間にわたって停止させた(つまり“仮死状態”に至らしめた)。その後、血漿増量剤を暖かい血液で置換したところ、豚が元どおり息を吹き返した。長期にわたる影響は認められなかったという。

この血漿増量剤は、前線の兵士への応用も考えられている。戦地で重傷を負った兵士の多くは、治療を受けるまでの時間が長すぎることで命を落としているが、人工冬眠状態に至らしめることで生存可能性を高めることができると期待される。

このようにアラム医師のチームは、一刻の猶予も許さない救急搬送の現場で人工冬眠技術を応用することに主眼を置いている。

それに対し、カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校(UCLA)およびピッツバーグ大学サーファー蘇生学研究所のチームは、もっと応用範囲の広い青写真を描いている。UCLAメディカル・スクールの研究者曰く。「最初は20分程度で実験を行いますが、その後は、数日、数週間、数ヶ月というふうに冬眠期間を延ばして限界を確かめていきます。今のところ、限界は不明ですがね」

さて、20年も前にNASAが実用化をあきらめた人工冬眠技術が再び脚光を浴びているのは、昨年の晩秋に、ある男性が奇跡の生還を果たしたニュースが世界を駆け巡ったことによる、と“The Sunday Times”の記事は述べている。その男性の名は、打越三敬さん。そう日本人である。

神戸の六甲山で昨年10月7日に遭難して意識を失った後、同月31日に救出された、あの男性である。たとえば、当時の「日刊スポーツ」は次のように伝えている。

焼き肉のたれじゃなく冬眠で生き延びた

 兵庫県の六甲山で約3週間遭難し「焼き肉のたれで生き延びた」と伝えられた西宮市職員打越三敬さん(35)が19日退院し会見。遭難2日後の10月9日に意識を失い、31日に発見されるまで20日以上食べ物だけでなく、水すら飲んでいなかったことが分かった。

 会見に同席した医師は「体温が約22度という極度の低体温症だった。動物の冬眠に近かったのではないか。驚異的な生命力だ」と説明。保護時はほとんどの臓器が機能停止状態だったが、現在は後遺症を残さずに回復した。


“The Sunday Times”の記事には、“fell down a snowy mountain”(雪山で倒れた/転落した)とする不正確な記述もあるが(10月の六甲山に雪はない)、このニュースが世界を駆け巡ったおかげで、再び人工冬眠の実用化研究に資金が拠出されるようになったらしい。ただし、欧州宇宙機関では、既に2004年から人工冬眠の実用化に本腰を入れていた。

“The Sunday Times”の記事では、神戸の医師のコメントが次のように引用されている。「彼がそんなに長く生き延びた理由は、私たちにもわかりません。しかし、彼の体は1ヶ月近くにわたって氷漬けになっていました。そして、今は普通の生活に戻っています。この仕組みが理解できたらなら、将来、多くの人命を救うことができるようになります」

もしかしたら、数ヶ月などといわず、数年、数十年もの長期にわたる人工冬眠が可能になるかもしれない(『夏への扉』などのSFに出てくる“冷凍睡眠”とは異なるので、数十年はさすがに難しいかと思うが)。ただし、冬眠期間の限界を延ばしていくには、必ず人体実験が必要になる。誰が被験者になるのか。

本稿の冒頭では「眠っているだけで新しい未来にたどり着ける」と書いたが、これは実は不正確。人工冬眠では、実際には睡眠するのではなく、仮死状態に陥るのである。その状態で人体実験が失敗に終わると、それは被験者の死を意味する。

だが、現世に望みを持てない人や既に不治の病にかかっている人が長期にわたる人工冬眠の被験者に志願することは十分ありえる。むしろ、数日程度までの短期の人工冬眠実験の方がボランティアを集めにくそうに思える。




■ Source: Race to be first to ‘hibernate’ human beings

【関連記事】


この記事の先頭に戻る
Google
WWW を検索 評点

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by なずな   2007年05月27日 23:35
「冬眠被験者募集」と「仮死被験者募集」だと志願人数にかなりの開きがでそう。
街頭で「あなたもコールドスリープ体験!」なんてやっていたら、興味半分好奇心半分で参加するヒトもいそうですが。
2. Posted by     2007年05月29日 02:10
何気に読んでると気づかなかったけど、「自ら死を」って書き出し・・・
このブログの記事って、ときどき数日以内に起こる事件を予言しているみたいなことがありますね。
前にもデスノート少年の記事の数日後に奈良で少年が家に火をつけて母と姉を・・・という事件が。



3. Posted by 7氏   2007年05月30日 12:07
5 あの奇跡的な事件の続報、と捉える事も出来そうですね。
そのまま死亡してしまう確率が僅かでも残る場合、救急医療での使用が難しくなりそうで心配です。
しかしながら、もしこの技術が確立されれば何万光年離れた惑星への移動も不可能ではない、と考えると夢は広がるばかりです。
4. Posted by 三等兵   2007年06月05日 18:00
4 「冬眠被験者募集」「仮死被験者募集」
どちらでもいいですけど、応募できないもんでしょうか。
5. Posted by なつ   2007年06月12日 21:32
死刑にするほどでもない犯罪者を仮死刑にするとか。。。。懲役よりは重いけど死刑よりは軽いし。
6. Posted by 展子   2008年01月20日 23:04
5 良いですね!今すぐ仮死状態になりたいです!というのも今から8年前のある日中学生の時、学校帰りに犯罪被害に合って記念日反応という物に苦しめられてる最中です。犯罪記念日は来月の半ばなんですが毎日、記念日反応が辛くて↓急な吐き気や腹痛・事件当時を思い出したり犯罪被害で首を絞められたんですけど呼吸が苦しくなったり寒気がしたり↓毎日衰弱状態なので記念日まで仮死状態で意識ないまま過ごしたい!
7. Posted by 774   2009年08月26日 08:51
この、六甲山の遭難したの、同級生だったんだよな。最初心配してたんだけど2週間過ぎたくらいで、「ああ、もうだめなんだろうな」と思ってた。

見つかって蘇生したと聞いたときはびっくりしたよ。
8. Posted by     2010年08月28日 12:09
資産のあるSFマニアの老人が、
死ぬ前に未来の世界を見る事を希望して
無期限の冬眠を申し込むかも知れない。

もっと言えば、起きた時代に超延命処置が存在していてとんでもない幸福を掴むかも知れない。
9. Posted by Nike Shox   2012年05月26日 14:06
のに、どうして突如として絵が下手になったのだろうか」といつも不思議に思っていた。
x
10. Posted by grama sintetica   2012年12月21日 00:13
3 女性に対する敬意が全く感じられず、この文章から読み取れるのは
11. Posted by click through the next web page   2014年04月25日 18:28
vapor cigarettes なんでも評点:米国で人工冬眠の研究が再燃、被験者を仮死状態にする人体実験を予定 ― あの生還劇がきっかけに
12. Posted by blog   2014年04月26日 19:38
e-cigarette starter kit なんでも評点:米国で人工冬眠の研究が再燃、被験者を仮死状態にする人体実験を予定 ― あの生還劇がきっかけに
13. Posted by This Webpage   2014年04月27日 08:02
e cigarette vaporizer なんでも評点:米国で人工冬眠の研究が再燃、被験者を仮死状態にする人体実験を予定 ― あの生還劇がきっかけに
14. Posted by click through the following website page   2014年05月06日 05:50
e cigarette liquid なんでも評点:米国で人工冬眠の研究が再燃、被験者を仮死状態にする人体実験を予定 ― あの生還劇がきっかけに
15. Posted by description here   2014年05月06日 16:01
liquid silver なんでも評点:米国で人工冬眠の研究が再燃、被験者を仮死状態にする人体実験を予定 ― あの生還劇がきっかけに
16. Posted by mouse click the up coming web site   2014年05月07日 04:48
ecig juice なんでも評点:米国で人工冬眠の研究が再燃、被験者を仮死状態にする人体実験を予定 ― あの生還劇がきっかけに
17. Posted by navigate to these guys   2014年05月07日 15:52
e cigar なんでも評点:米国で人工冬眠の研究が再燃、被験者を仮死状態にする人体実験を予定 ― あの生還劇がきっかけに
18. Posted by More Information and facts   2014年05月07日 16:08
e juice recipes なんでも評点:米国で人工冬眠の研究が再燃、被験者を仮死状態にする人体実験を予定 ― あの生還劇がきっかけに
19. Posted by click the up coming webpage   2014年05月07日 18:57
blu e cig なんでも評点:米国で人工冬眠の研究が再燃、被験者を仮死状態にする人体実験を予定 ― あの生還劇がきっかけに
20. Posted by go   2014年05月08日 12:15
portable hookah pen なんでも評点:米国で人工冬眠の研究が再燃、被験者を仮死状態にする人体実験を予定 ― あの生還劇がきっかけに
21. Posted by click this site   2014年05月09日 17:35
liquid sandpaper なんでも評点:米国で人工冬眠の研究が再燃、被験者を仮死状態にする人体実験を予定 ― あの生還劇がきっかけに
22. Posted by click for more info   2014年05月10日 12:21
e juice reviews なんでも評点:米国で人工冬眠の研究が再燃、被験者を仮死状態にする人体実験を予定 ― あの生還劇がきっかけに
23. Posted by click here to investigate   2014年05月10日 13:58
electronic shisha pen なんでも評点:米国で人工冬眠の研究が再燃、被験者を仮死状態にする人体実験を予定 ― あの生還劇がきっかけに
24. Posted by sources tell me   2014年05月10日 14:47
totally wicked e liquid なんでも評点:米国で人工冬眠の研究が再燃、被験者を仮死状態にする人体実験を予定 ― あの生還劇がきっかけに
25. Posted by Related Site   2014年05月10日 19:10
e-cigarette brands なんでも評点:米国で人工冬眠の研究が再燃、被験者を仮死状態にする人体実験を予定 ― あの生還劇がきっかけに
26. Posted by over here   2014年05月10日 21:34
e cig juice なんでも評点:米国で人工冬眠の研究が再燃、被験者を仮死状態にする人体実験を予定 ― あの生還劇がきっかけに
27. Posted by mouse click the next web site   2014年05月10日 21:46
e smoke なんでも評点:米国で人工冬眠の研究が再燃、被験者を仮死状態にする人体実験を予定 ― あの生還劇がきっかけに
28. Posted by address here   2014年05月11日 16:56
electric cigarette rolling machine なんでも評点:米国で人工冬眠の研究が再燃、被験者を仮死状態にする人体実験を予定 ― あの生還劇がきっかけに
29. Posted by original site   2014年05月12日 06:09
e liquids なんでも評点:米国で人工冬眠の研究が再燃、被験者を仮死状態にする人体実験を予定 ― あの生還劇がきっかけに

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔