G- なんでも評点:女スパイ求む 既婚者歓迎 ― 英国秘密情報局(通称MI6)より求人

2007年05月15日

女スパイ求む 既婚者歓迎 ― 英国秘密情報局(通称MI6)より求人


SUN紙が伝えるところによると、英国秘密情報局(略称:SIS、通称:MI6)が女スパイを増員しようとしているらしい。女性スパイというと、お色気たっぷりなボンドガールたちをどうしても連想しがちである。
007シリーズなどの映画、ゴルゴ13などの劇画、およびその他のフィクションに描かれる女スパイたちは色仕掛けが得意で、男性側からすれば油断も隙もあったものではない。一方、今の生活はつまらないので、いっそのこと女スパイにでもなってやろうかしらと考える女性にとっても、工作活動のために好きでもない男と関係を持つのは非常に抵抗があるだろう。

SISでは、家庭人にも優しい職業という新しいイメージを打ち出して、女性スパイを増員しようとしている。子供がいても採用すると明言しているのである。

スパイ活動自体も危険に身をさらす任務とはならないと強調し、スパイを次の職として考える女性たちの不安を払拭しようとしている。

志望者から寄せられることが最も多い質問の1つは、やはり「色仕掛けは必要ないのですか?」という質問だが、「絶対にありません」というのがSISの回答。

そして、一部の例外を除き、配属先に配偶者や子供を同伴してもよいとのこと。

Sun紙によれば、SISのサイト(www.sis.gov.uk)には、女性スパイ職への応募を促進すべく、“Women In SIS”というコーナーが追加されたとのこと。

日本人でも女スパイになれるのかしらと期待に目を輝かせる女性もきっといることだろう。だが残念なことに、FAQ欄を見ると、英国籍が必須と書かれている。しかも、英国籍を持っているだけでは不十分で、両親の少なくとも一方が英国人でなければならない。




■ Source: Girls, you too can be Bond

【参考画像】歴代ボンドガールの皆さんたち

【関連記事】

■Amazon:007諜報転職ワーキングマザー

この記事の先頭に戻る

Google
WWW を検索 評点




トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by りんもん   2007年05月15日 09:06
やっぱり、スパイですから、国籍は重要でしょうね。二重スパイになられても、困るだろうし。
2. Posted by     2007年05月15日 22:16
いや・・スパイってそんな簡単かつ大きく募集するの?w
3. Posted by q   2007年05月16日 00:42
スパイっていうより調査員って感じなんでしょうね。
やってみたいなぁー、スパイ。
4. Posted by あ   2007年05月16日 14:20
昔トリビアでスパイを新聞広告で募集しているというネタがあって、会社(無論スパイ関係者)に電話しているのがあったな。
その時「どうしてスパイは身を隠す職業なのに、新聞で大々的に募集するんですか?」って聞いてた。
答えは「優秀な人材が沢山欲しいので、多くの人間が見ているモノで募集している」と、いたってまともなコメントだったと記憶してる。
審査基準は極秘だけどね。
5. Posted by クリスティ   2007年05月22日 13:48
タペンス登場

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔