G- なんでも評点:愛のメッセージを記そうとした若者、彼女の名前が長すぎたため死亡

2007年05月09日

愛のメッセージを記そうとした若者、彼女の名前が長すぎたため死亡


米国オハイオ州にアーサー・ルイスという名の21歳の若者がいた。彼には、交際3年以上の恋人がいた。彼女のファーストネームはケイリー。“Kaylee”と綴る。このたった6文字がアーサーさんには長すぎた。あと1文字か2文字短い名前だったら、若い命が失われることはなかっただろう。
オハイオ州タスカラワス郡にMackin's Rockという岩壁がある。この岩壁は、近頃、愛のメッセージ・ボード代わりに使われるようになっていた。若者たちがペンキを持って岩壁に登り、恋人に宛てた愛のメッセージを記していく。

その日、アーサー・ルイスさんは友人のリチャード・バーキーさんとMackin's Rockを訪れ、最上部付近まで岩壁をよじ登った。この岩壁に愛のメッセージを記して、恋人のケイリーさんを驚かせてやるつもりだった。

彼が記そうとしていたのは、“Art loves Kaylee”というメッセージ。ここで、“Art”は彼自身のファーストネーム“Arthur”を略したものである。自分の名前は略記が可能だったが、“Kaylee”という名前は略記のしようがなかった。

リチャードさんによると、アーサーさんは“Art loves”の部分まで書いた後、“Kaylee”の部分に差し掛かると「彼女の名前は長すぎるよ」とぼやき始めた。

アーサーさんは彼女の名前の1文字1文字を記していったが、最後の方になると、文字を記すべき位置に手が届きにくくなった。なんとか最後の1文字か2文字を書こうとして手を懸命に延ばした次の瞬間、足を滑らせて転落した。

リチャードさんは岩壁の下に降り、アーサーさんに駆け寄った。だが、助けを呼ぼうにも携帯電話は圏外になっていた。そこで、ピックアップトラックの荷台にアーサーさんを乗せ、最寄のガソリンスタンドに駆け込んだ。

そこからアクロンの病院にヘリで搬送されたが、彼が息を吹き返すことはついぞなかった。アーサーさんの落下距離は8メートルないしは9メートル程度だったと見られている。

なお、この事故が起きたのは4月4日のことであり、APが4月6日付けで伝えた。少し古いニュースを取り上げたわけだが、日本のメディアやサイトでは取り上げられていない模様。APの記事には、アーサーさんの恋人ケイリーさんのコメント等は含まれていない。

愛のメッセージのはずが、結果的にダイイング・メッセージになってしまった。岩壁には、彼女の名前が途中までしか記されていないペンキ書きメッセージが今も残されているだろうか? 

なんとも皮肉で、なんとも痛ましい話である。

注:本件で腑に落ちないのは、友人のリチャードさんがアーサーさんをピックアップの“荷台”に乗せた点かもしれない。APの記事には“in the back of his pickup truck ”と書かれている。





■Source: girlfriend's name was too long

【関連記事】

■Amazon:ロッククライミング愛のメッセージ

この記事の先頭に戻る

Google
WWW を検索 評点




トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by あ   2007年05月09日 23:09
5 不謹慎なことに吹き出してしまいましたっ〃
おもしろかったです☆☆☆
2. Posted by あおば・くー   2007年05月10日 11:26
4 荷台に乗せたのは、意識を失って
座席に座らせることができなかったからでは?
3. Posted by 柘榴   2007年05月12日 22:50
4 オハイオ州に住んでて、今21歳です
一瞬見たとき知り合い!?と思ったけど違ってちょっと安心♪

それにしてもケイリーと発音する綴りって凄く多いですよねKayleeは初めてみましたが

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔