2007年03月22日

自分の名前を発声する能力を身に付けた北京の猫 ― 何かに怯えると“アギ!”と鳴く【ビデオへのリンク追加】


北京のスンさんという男性が飼っている2歳の雄ネコは、自分の名前を発声できるという。そのネコの名は、「ミャオ」でも「ニャン」でもない。ネコ本来の鳴き声では、発声されるはずのない「アギ」という名前である。
飼い主のスンさんによると、アギが最初に自分の名を発したのは、昨年、嫌がるアギを風呂に入れようとしたときのことだった。アギは何度かミャオと鳴いた後、突然、実にクリアな発音で“アギ”と鳴いた。

「最初は、自分の耳を疑いましたよ。でも、アギは自分の名を呼び続けたのです。子供の発音みたいですが、はっきり聞き取れる発音でした」とスンさんは言う。

それ以来、アギは何かに驚いたり怯えたりしたときに、必ず“アギ!”と鳴くようになった。「風呂に入れるときのほか、獣医に注射されたときや、外で遊んでいて何かに怯えたときは、決まって“アギ!”と鳴くのです」とスンさん。

方庄動物医院で、実際にアギが“アギ!”と鳴く様子がビデオに撮影された。スンさんが風呂に入れるふりをして、アギを怖がらせて撮影したものである。

3月23日追記:アギが“アギ!”と様子を撮影したビデオがChina Dailyに掲載されている。下記リンクをクリックするとビデオを見ることができる。“アッギーー”のような発音である。つぶらな瞳が可愛い。



同動物医院の広報担当者によると、アギは自分の名前を人間の口から何度も聞くうちに覚えこんでいたが、ストレスが引き金になって、同じ音を発するようになったのではないかという。

「飼い主のスンさんが、もっとシステマチックにアギを訓練してあげれば、もっと中国語を話せるようになるはずです」と広報担当者はコメントしている。

脱力度9■■■■■■■■■□


『猿の惑星』でも、類人猿が地球を支配するようになったのは、人間に飼われていたチンパンジーの1匹が最初に言葉を覚えたのが発端だった。その後、類人猿たちがどんどんと言葉を覚えていき、やがて人類と立場が入れ替わった、という設定だった。(ただし、イヌやネコが絶滅したため、代わりに類人猿がペットとして飼われるようになったという設定でもあったが)。

アギに続いて、世界中のネコが言葉を発するようになるのだろうか。もし『猿の惑星』的な展開があるとしたら、まず最初に中国がネコに支配されることになるはずだ。

とりあえず中国は広いし、人口に比例して飼われているネコ(および野良猫)の数も途方もなく多いはずなので、今後の成り行きを冷静に見守りたいところである。




■ Source: http://www.ananova.com/news/
story/sm_2251501.html


【関連記事】


この記事の先頭に戻る
Google
WWW を検索 評点

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 鱈   2007年03月22日 09:45
昨日のことだ。階段の真ん中でマターリしている猫をどかそうとしたら、猫は「なんだよぉ」と恨めしげに人間の言葉をしゃべりやがった。
2. Posted by    2007年03月22日 22:45
5 いくらなんでも猫に支配される訳はない!でも猫かわいいから支配されてもいいかも。猿よりましだー。
3. Posted by    2007年03月25日 23:51
俺の友人の飼い猫は飼い主である彼女の名前を呼んだ事が有るとか言っていたんだが本当だろうか
4. Posted by Indigo   2007年03月27日 19:07
 ん〜、この程度の鳴き声は、割と普通というか、全然珍しくないです。避けられない中途半端なストレスに晒されると、猫はこの系統の妙な鳴き声を出すのは割と良くありますよ。
 
>「飼い主のスンさんが、もっとシステマチックにアギを訓練してあげれば、もっと中国語を話せるようになるはずです」

 ・・・。中国人って獣医ですら猫を食材としか見てないんでしょうか。こんなの通常の猫の発声の範囲にドップリ入ります。観察力ゼロですね。
5. Posted by い   2007年03月31日 13:45
ヒント:女神転生
6. Posted by あう   2007年03月31日 19:00
「アギ」と表記してますが、ちょっと違うように思います。中国語のローマナイズで「G」の音は、日本語だと「K」に近い音になる筈です。

中国語のピンインで「K」は有息音なので、そういうローマナイズになるのだと思いますが。

いずれにせよ、「アギ」ではなく「アクィ」と表記したほうが適切ではないかと思います。
7. Posted by 通りすがり   2008年02月23日 01:25
あぐぃ〜

って聞こえるような…。
にゃんこかわゆ…!!
確かにちっちゃな子供の声にも聞こえる気が。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔