2007年02月23日

シドニーの名門女子校で不祥事:女生徒たちがキャンプ中に全裸スイムや調理鍋への排尿・脱糞


豪州シドニーにLoreto Kirribilliという小中高一貫教育の名門女子校がある。南半球の豪州は現在、夏の真っ盛り。同校では、エディンバラ公キャンプという課外活動を毎年、この時期に実施している。
このキャンプに参加した生徒たちは、さまざまなアウトドア活動のトレーニングを受けた後、道なき道を行くブッシュウォーキング(藪漕ぎ)、カヌー漕ぎ、サイクリング、ボート漕ぎ、または乗馬のいずれかの実地テストを受ける。これに合格すると、エディンバラ公銅賞が授与される。

去る2月16日・17日に、Year 9(中学3年に相当)の生徒を対象とするエディンバラ公キャンプが実施された。だが、宿泊日の夜にとんでもないことをやらかした女生徒が十数名にも上ったらしい。

2月22日に、すでに1名の生徒(14歳)が停学を言い渡されており、さらに多数の生徒に対しても続々と処分が言い渡されそうな見通しである。現在、おぼろげながらにリークされているところによると以下のような不適切な行動に及んだとのことである。

  • 夜遅くに宿泊施設から抜け出し、全裸になって川で泳いだ。

  • 調理用の鍋の中にふざけて排尿した。排便した生徒すらいた。


同校のジャネット・フリーマン校長は、現段階では、具体的に上記の行為があったかどうかを否定も肯定もしていないが、次のように述べている。「問題行動がありましたが、うわさやゴシップや憶測ではなく、真実をはっきり突き止めるために現在調査を進めています」

「伝えられている行為があったとしたら、実に嘆かわしいことです。事実であることが判明した場合は、関与した女生徒たちに厳しい処分を下すことになるでしょう」

同校では、生徒たちの保護者に宛てて書信を送り、キャンプ中に問題行動があったこと、内部調査を進めていること、関係した生徒に処分が言い渡されることを伝えている。ただし、具体的にどのような問題行動があったかには触れていない。

「私共は事実を隠蔽しようとしているのではありません。現段階では、具体的な言及ができないのです」とフリーマン校長は言う。

同校のWeb サイトを見ると、育ちの良さそうなお嬢さん方の写真がふんだんに掲載されている(フォトギャラリーもある)。気品ある名門校ということで安心して娘を通わせていた親御さんたちにしたら、まさに寝耳に水な話かもしれない。

青天の霹靂度8■■■■■■■■□□





■ Source: http://www.news.com.au/story/
0,23599,21273481-2,00.html


【関連記事】


この記事の先頭に戻る
Google
WWW を検索 評点

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 須田恭也   2007年02月23日 20:53
>調理用の鍋の中にふざけて排尿した。排便した生徒すらいた。
便所行けw
2. Posted by ・   2007年02月23日 23:37
後者はともかく前者は顔を真っ赤にして怒るようなことかなあ?着衣水泳と並んで体育教練の一貫としてやるべきだけど日中では人目があって恥ずかしくてできんだろう。
3. Posted by くろP   2007年02月25日 10:32
3 名門校だからと言っても、通う生徒が名門に相応しいとは限らないですよね。
夏休みは解放的になるにしても、排泄は決められた場所にしないとねぇ(^_^;
4. Posted by ・   2007年02月26日 21:57
名門とか関係ない気がする
鍋にウンコとかただの変態だろw

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔