2007年02月08日

恋に落ちた若い男女が村の自治組織に一方的に兄妹と認定され、極刑に処せられる


インドのアグラ近郊のナハラ村にヨゲシュという男性がいた。彼には、グディアという姪(めい)とマヘシュという甥(おい)がいた。ある人から見て血の繋がった甥と姪に当たる2人は兄妹/姉弟か、いとこ同士のいずれかである。いとこ同士なら日本でもインドでも結婚が可能である。さらに、どちらかが配偶者の兄弟/姉妹の子であれば、2人は血縁関係のない親戚同士となり、男女の仲となることに何ら問題はない。
姪のクディアと甥のマヘシュは、ともに20歳。双子ではないが同い年。つまり2人の続柄は、兄と妹でも姉と弟でもなかった。ソースには「遠縁の親戚」と書かれている。いとこ同士ですらなく、おそらくクディアはヨゲシュの妻の兄弟の子だったと思われる(ソースの記述があいまいなのだが)。クディアは、ヨゲシュの家に同居していた。マヘシュは、同じくアグラ近郊のビルニ村で暮らしていたが、叔父ヨゲシュの家を頻繁に訪れていた。

いつしか、姪クディアと甥マヘシュの間に恋心が芽生え、マヘシュはクディアに会いたくてヨゲシュの家にいっそう足繁く通うようになった。2人は相思相愛で互いのことを強く求め合うようになった。

しかし、ナハラ村の村人たちは、ヨゲシュの姪と甥なのだから2人は血の繋がった兄弟だと思い込んでいた。ヨゲシュも姪クディアと甥マヘシュの恋仲をこころよく思っていなかったようだ。

クディアがヨゲシュの家に同居していては、自分たちの恋を成就できない。周囲の邪魔にも耐えられない。そう思いつめた2人は、ついに駆け落ちするに至った。1月29日のことである。

クディアとマヘシュの2人は、バンディプールという名の別の村に達したところで、後を追ってきたヨゲシュの家の者たちに捕まり、ナハラ村に連れ戻された。村に着いたときには、もはや家庭内の問題だけでは済まされない状況になっていた。

兄と妹が恋に落ちて駆け落ちしたのだ! 村人たちは、そう信じ切っていた。

インドの田舎の村でこういう問題が生じたとき必ず裁きを下すのが、村の自治組織パンチャーヤットである。パンチャーヤットは、罪を犯したとされる者を裁く権限を持っている。パンチャーヤットが下す裁定は、近代的民主主義国家であるはずのインドの中央政府や州政府の法治権を超えた不条理なものになることがままある。

今回も、耳を疑うような裁定が下された。「クディアとマヘシュの2人は血を分けた兄と妹である。そんな2人が男女の仲になるなど、断じて許されることではない」

前述したように、2人は兄と妹ではなく、遠縁の親戚同士。だが、もはやそんな事実は消し飛んでいた。皆が2人は兄妹だと信じていれば、兄妹であるとするのが正しいということになってしまったのだろう。

パンチャーヤットは2人に命じた。「今すぐ、互いの関係を終わらせるのだ。互いを異性として愛することをやめるのだ!」

だが2人は首を縦に振らなかった。自分たちは兄妹ではないのだから(そしておそらく、いとこ同士ですらないのだから)、恋に落ちても何ら問題ないと信じて疑わなかったのだろう。

すると、パンチャーヤットは不条理極まりない最終裁定を言い渡した。「兄妹であるお前たち2人が恋仲を続けるのは、村の名誉を汚すことになる。死に値する大罪である。よって、ただちに刑を執行する」

激昂した村人たちが、寄ってたかって執行人となった。2人とも息絶えた後、細かいパーツにまで解体され、袋に入れられた。そして、翌1月30日、それらの袋が野原で焼かれた。

不条理度10■■■■■■■■■■


村人もヨゲシュ叔父もその家族も、誰ひとりとして事の顛末に疑義を呈さなかった。そんな中で、マヘシュの祖父が良心の呵責にさいなまれ、警察に届けを出すことを決心した。こうして、パンチャーヤットが2人の若い男女を不条理な理由で裁き、あまりにも残酷な形で死に至らしめたことが明るみになった。

【付記】

昨日の記事のコメント欄で、近頃、“世界珍ニュース市場”の競争が激化していることを心配してくださっている人がいる。確かに近頃は、優秀な“同業サイト”が増えてきている。ただ、以前にも記事に書いたことがあるが、ネタ選びで苦しむのは、どちらかというと、私自身の気持ちの問題である。前にも似たような話を取り上げたなあと思うと、食指が伸びなくなる。しかし、アーカイブが増えるにつれて似たような話に遭遇する率が増えていくのも仕方ないところ。

また、いつかもコメント欄で「感動系や雑学系を主体にしてほしい」という要望があった。ホンネを言えば、当ブログの広告収入という点では感動系や雑学系の方が格段に美味しい。私自身もそっち方面主体に軌道修正できるものならそうしたい。だが、読者を本当に感動させられる美談ネタはそうそう見つかるものではない。

雑学系も“ここでしか読めない情報”を目指す以上、なかなか題材に恵まれない。ここのところ雑学系が少し増えているわけだが、実を言うと何日もかけて少しづつ記事を作成していることが多い。けっこう時間がかかるわけである。

というわけで、本稿のような事件系やエグイ系の話でときどきお茶を濁すことになろうかと思う(ただし、上の話は、ソースが癖のあるインド英語だということもあり、おそらく当ブログ以外のサイトでは取り上げられないと思う)。

昨日の記事へのコメントには、「更新を突然に停止」しそうな雰囲気が感じ取られるようなことも書かれているが、1ヶ月とか一定期間、更新を休止するようなケースは近い将来あるかもしれない。ほったらかしにしている企画があり、先方がまだお蔵入りのつもりでないなら、一気呵成に仕上げてしまおうかというような事情もあるため)。

【誤記訂正】
コメント欄で指摘をいただいたが、2人の関係の記述が正確ではなかったので訂正させていただいた。




■ Source: http://www.hindustantimes.com/
news/7242_1917381,00180008.htm


【関連記事】


この記事の先頭に戻る
Google
WWW を検索 評点

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 市販のチョコレートバーの中から「人間の指」が 他  [ 風風書堂‐ニュースログ‐ ]   2007年02月08日 19:15
市販のチョコレートバーの中から「人間の指」が 【詳細記事】 【詳細記事】 恋に落ちた若い男女が村の自治組織に一方的に兄妹と認定され、極刑に処せられる 【詳細記事】 ドイツの女子学生、授業を無断欠席で収監へ 【

この記事へのコメント

1. Posted by びじ   2007年02月08日 04:22
付記に対するコメントですが、昨日は知ったかぶりしたようなコメントしてすみません。あたしも、筆者せんと同じで朝まで仕事場に詰めてしめきりに追い掛けられたて系の仕事なもので。よく本業以外に余裕あるなぁって感心しきり。あたしもサイトはあるんだけど更新長い間してません。
更新やめた理由は本業のほうが儲かるからですすみません。
でも、ネットの身分が低いのはなんでなんでしょうね?広告媒体としても潜在力あるのに日本では評価低い。
2. Posted by とおりすがり   2007年02月08日 04:37
ネットの身分低いのは偽物が多いから
でもテレビもあるあるだったりするのだ
3. Posted by #   2007年02月08日 08:16
自分はとても楽しく見せていただいてます。
真偽に深く突っ込む気はなく、読んだことを素直に感動してるだけ。
感動や雑学ネタの「綺麗事」だけじゃないところも良さのひとつだと思います。
自分は筆者さんのように知識豊富ではなく、語学に富むわけでもない。
テレビや新聞が語らない異国の風習や事件を知る機会のない自分にさまざまなことを教えてくれる有意義なサイトであると感じています。
これからも楽しみにしています
4. Posted by (`ω´)   2007年02月08日 10:24
とある一人の甥と姪同士なら、いとこの可能性もあるのでは?
5. Posted by miccckey   2007年02月08日 11:59
》4

ご指摘のとおりです。しかも、ほかにも誤記がありました。訂正しておきました。
6. Posted by 月夜   2007年02月08日 23:14
5 綺麗事より、今のほうが好きです。色々あるかと思いますが、これからも読みたいです
7. Posted by pi   2007年02月09日 00:05
5 インドって不思議な慣習がけっこうぁるんですね(`・ω・`) こちらの記事をぃつも楽しく読ませていただいています☆ゎたしゎ遺伝系ゃ未知な病気ゃ症状を勉強してぃるので、そぅぃぅ記事はメチャ参考になります。記事upなにかと大変かと思いますが、応援しています。
8. Posted by natRabbit   2007年02月12日 00:56
5 いつも興味深いお話を載せていただいて有難うございます。他人には見えない煩瑣で大変なことが多い思いますが、管理人さん(筆者)の方の真摯な姿勢がこのサイトを作る最大のキーとなっていると思いますので、これからも同様に活躍して欲しいと願っています。
9. Posted by idateasia   2012年08月07日 11:25
谢谢分享·
10. Posted by Beats By Dre   2012年12月14日 11:54
これは非常に正常です。"テレビはシベリアから来る寒冷前線だ "彼は言った、独自のテレビ局を覚える黒と白を排除している必要がありますマシン。"これは有名なカップルの小屋ですか
11. Posted by replica handbags UK   2013年01月14日 14:18
3 ほとんどの人があなたのインターネットサイトと同行する予定だ観察した。
12. Posted by click the next web page   2014年05月11日 06:44
electronic cigarette starter kit なんでも評点:恋に落ちた若い男女が村の自治組織に一方的に兄妹と認定され、極刑に処せられる

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔