G- なんでも評点:科学実験で裏付けられた“モテの法則”大特集【第1部】

2007年01月23日

科学実験で裏付けられた“モテの法則”大特集【第1部】


“モテる法則”とか“モテるためのノウハウ”みたいな情報は辟易しそうなくらい巷にあふれている。ネットで検索しても無数にヒットする。しかし、モテるための法則なりノウハウなりを知識として得ることはできても、それを実践するのは容易ではない。こういった法則の多くは、異性を魅了する側にとっても、異性に魅了されてしまう側にとっても無意識的に作用していることが多いからだ。

しかもネットや巷にあふれているその手のノウハウのほとんどは、経験則に基づくものである。自分は異性によくモテると自称している人の口から語られることが多い。その人が本当にモテているとしても、その人のやり方が普遍性を持つ保証はない。そもそも自分はよくモテると自称していること自体がうさんくさい。
当ブログでは、男女それぞれがどのような異性に惹かれるか(あるいは、どのような異性を敬遠するか)に関して科学的な手法で実施された実験の結果を過去に何度も取り上げてきた。特に英国や米国(そしてチェコ)などでは、この手の実験が盛んに行なわれている。

最近も、女性が男性に好感を抱くときの要因に関する興味深い実験結果を、英国アバディーン大学の研究者たちが発表した。その実験の結果をわかりやすく一言で述べると、男性のそばに女性がいて、微笑むなど好感をあらわにした表情で彼を見つめている場合、その2人を眺めている別の女性も、その男性に対して高い好感を抱く。いわば好感が伝染するのである。

注:この実験の詳細は既に日本語でも伝えられている。AFP BB NEWSサイトの『異性選びの基準」に関する真面目な研究 - 英国』という記事で取り上げられているので、そちらを参照されたい。


この実験結果が女性の対異性心理を支配する法則を示しているのだとすれば、かなり応用が利きそうである。仮にあなたが女性にモテる自信のない男性だとしよう。そして、ある女性と食事に行く約束をなんとか取り付けた。その女性をぜひ自分の恋人にしたい。

ならば、自分が別の女性に微笑みかけられているシーンをその彼女に見せればいい。ただし、引きつり笑いだったら逆効果だし、演技見え見えでもまずいだろう。そこで考えられるのが、次のように一見非常識に感じられるかもしれない作戦である。(というか、実際には、上記のような実験結果が得られるよりはるか昔から、これと同様な手法が一部の裕福な男性たちの間で常套的に駆使されているのだが)。

たいていどんな男性でも、女性に愛想よく微笑んでもらえる場所がある。クラブやラウンジなど、女性が接客をしてくれるお店である(キャバクラは、ちょっとどうかと思うが)。そういうお店にターゲットの女性を連れて行けばいい。ターゲットの女性がお水の人だと無理だと思うが、そうでない限り、お店の女性に微笑んで取り巻かれているあなたを見た彼女は、あなたを素晴らしく魅力的な男性だと感じてしまうはずである。

さて、上記の実験結果は既に日本で伝えられているので、“他所でなかなか読めない珍しい話”を提供することをモットーとしている当ブログの記事の主題にするつもりはない。この話が日本語で伝えられていることをまだ確認していない段階で下調べをしていたところ、英国スコットランドの日刊紙DailyRecordのオンライン版で、興味深い記事を見つけた。

THE LOOK OF LOVE」と題する記事である。この記事の前半部分では、英国アバディーン大学の研究者たちが実施した心理学実験の結果が取り上げられている。だが記事全体は、“モテ・非モテ”に関する最新の実験結果や科学的発見などの“まとめ記事”として構成されているのである。

導入部が長くなってしまったが、本稿ではDailyRecordの記事をベースにして、“モテる法則”を紹介していきたい。ただし、あくまで“ベース(下敷き)”であって、完全にソースとして依拠しているわけではない。“THE LOOK OF LOVE”に取り上げられているもののほか、当ブログでこれまでに取り上げた“法則”についても触れていく。また、筆者なりの突っ込みと検証も加えていく。

これらには、男性が女性にモテる法則だけではなく、女性が男性にモテる法則も含まれている。もちろん、男女どちらにも適用する法則もある。次の凡例に示すような記号で情報を区別することにする。

  • ●:“THE LOOK OF LOVE”で取り上げられている法則。
  • ◎:「なんでも評点」で過去に取り上げた法則。
  • [♂←♀]:男性が女性にモテるための法則。
  • [♀←♂]:女性が男性にモテるための法則。
  • [♂&♀]:男女どちらについても適用する法則。
  • [♂⇔♀]:互いに強く惹かれ合う男女の組み合わせを決定付ける条件。


なお、これらの“法則”を読むうちに違和感を覚える読者も多いかと思う。いずれも科学的手法による調査の結果に基づくものなわけだが、その根本には“還元論”的な考え方がある。これに関しては、本稿の末尾(連続投稿した3つの記事のうち、一番下の記事の末尾)でコメントしたい。

ご注意:なお、本稿は非常に分量が多くなったため、3つの記事に分けて連続投稿することにした。時系列順に記事が並ぶというブログシステムの仕様上、一番最後に投稿した本記事が本稿の先頭ということになる。


●左右対称な顔がモテる

[♂&♀] この法則は、既にご存知な人が多いだろうし目新しいものではない。この法則について詳しく述べている書籍(『シンメトリーな男』など)もある。

顔が左右対称であるほど、その顔の持ち主は健康に見える。人類に限らず生物は、生殖のパートナーを選ぶとき、より健康な相手を選ぼうとする。だから人類においても、左右対称な顔は大きな魅力を放つことになる・・・というわけである。

まあしかし、完全に左右対称な顔の人はそうそういるものではない。美人でも左右非対称な顔の持ち主がいたりする。もし、そんな彼女の顔が左右対称だったら、絶世の美女と呼ばれることになるのだろう。

また、顔の造りだけ見ていると、さほどハンサムでも美人でもないのに、なぜか魅力的に見える人がいる。そういう場合は、左右対称度が相当に高いことが多いはずである。

●口の大きさが鼻の幅の1.618倍の男がモテる

[♂←♀] DailyRecordの記事によれば、男性の場合は鼻の幅に比した口の大きさが左右対称度にも増して重要だという。口の大きさが鼻の幅の1.618倍に近いほど、女性にモテるのだそうだ。

[♂&♀] この“1.618”というのは、黄金比として知られる比率である。DailyRecordの記事では男性の口と鼻に関してのみ、この比率に言及しているわけだが、実際にはそれに限らない。男女ともに、目、鼻、唇など顔の各部の位置関係が黄金四角形に近いほど、美しい顔として認識される傾向があると言われている。

・・・・・続きを読む・・・・・


この記事の先頭に戻る

Google
WWW を検索 評点




トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 風風書堂‐ニュースログ‐  [ 風風書堂‐ニュースログ‐ ]   2007年01月23日 19:30
 
INTER-GATE運営事務局です。このニュースはショッキングです。 Yahoo...
3. 遂に完成!待望の「ハレ晴レユカイダンス」  [ ラグタイム ]   2007年01月26日 20:26
甘い物大好きなんですが、 ちょっとひかえようかと思い始めました。 太りすぎ;にきびも凄くなってきました; 【画像】 ニンテンドーDSネコ(pya!様)[ネタと寝様] 可愛いw一緒にゲームやりたいですw お前は公園??I

この記事へのコメント

2. Posted by ´・ω・   2007年01月24日 08:33
5 ここの記事のURLをよそのブログや掲示板に貼り付けても構わないかな?
特にこの記事をモテない男や女性の活路にしてあげたいと切に思うのだけど……。
宣伝になる可能性と荒らされる可能性を足して二で割って、かける幾つまでが許容範囲かな。

ゼロでと言われたのなら仕方ないので。
その場合はスルー、もしくはこのコメントを載せない方向でお願いします。
3. Posted by miccckey   2007年01月24日 11:04
》1

リンクに関しては無制限にOKです。というか、このサイトの多くの記事は、某巨大も含めて、あちこちの掲示板にURLが貼られてます。普通にOKです。

引用に関しては左のサイドバーにある告知文を御覧ください。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔