2006年12月03日

先に臨終を迎えた妻と手を繋いだまま昏睡に落ちた夫が手をほどかれた30分後に臨終を迎える


カナダのCNEWSサイトに病院のスタッフたちが“涙なしには語れない”と形容する話が掲載されている。60年間寄り添った夫婦が病室で手を繋いだまま、相次いで息を引き取ったという話である。二人が事故に遭ったわけでもなければ、同じ伝染病を患ったわけでもない。

オンタリオ州セントトーマスで、ごくごく平凡に暮らしてきたベーカー夫妻は、妻のドロシーさんの方が夫のグレンさんより6つ年上だった。妻がどこかへ行くときには必ず夫が付いて来る――そんな夫婦だった。いつも一緒にいる二人だった。

1946年にダンスホールで出会ったときからして、グレンさんはドロシーさんの“後を追い”続けてきた。そのときグレンさんは、ダンスホールで偶然見かけたドロシーさんに一目惚れしてしまった。ダンスに誘ったが最初は断られた。でも、彼はあきらめることなく、ドロシーさんの後を追った。根負けしたドロシーさんは、結局、ダンスの誘いに応じた。これが二人の馴れ初めだった。

翌1947年の6月に晴れて夫婦となった。夫妻は、グレンさんのホームタウンであるセントトーマスに居を構えた。ドロシーさんは、いくつかの会社で事務員として働いた。グレンさんは、30年にわたってデパートの家具売り場で働いた。二人の間に生まれたのは、娘のリンさんただ一人である。

一人娘のリンさんが成人した後、旅行好きなドロシーさんが海外旅行に出かけるときは、必ずグレンさんが嬉しそうに付いて行った。そうして二人で世界中を旅してきた。

定年後のグレンさんは、家の中でいつもドロシーさんの傍にいたがった。ドロシーさんが付いて来てくれないと、外出したがらなかった。

しかし、ドロシーさんは老いと共に持病の肺疾患が悪化していった。今年の11月5日、ドロシーさんは体調を大きく崩してセントトーマス病院に入院した。彼女の肺はもはや治療可能な状態ではなく、緩和ケアを受けることになった。

家に残されたグレンさんは、その2日後に体の不調を訴えて同じくセントトーマス病院に運ばれるが、翌日に退院する。だが、体調が戻らず、11月14日に再入院することとなった。

緩和ケア病棟に入院したドロシーさんは、ますます容態が悪くなり昏睡状態に陥った。別病棟に入院していたグレンさんの方は、意識こそあったが衰弱が進んでいた。

そして、12月1日、いよいよドロシーさんの命の炎が消える時が近づいていることを悟った病院スタッフたちがグレンさんをベッドごとドロシーさんの病室に運び込んだ。そして、意識レベルが下がりつつあるグレンさんのベッドを昏睡状態のドロシーさんのベッドの横にぴったりと寄せて配置した。

グレンさんは薄れゆく意識の中、ドロシーさんの手に自分の手を伸ばし、手を繋いだ。

午後7時、ドロシーさんが息を引き取った。享年88歳。そのとき、グレンさんも既に昏睡に落ちていた。ナースたちは、亡くなった妻と昏睡状態の夫の手をすぐにほどこうとはしなかった。妻の臨終後2時間にわたって、夫婦の手は繋がれたままだった。

2時間後、ドロシーさんの遺体を安置所に移すためにナースたちが夫婦の手をほどいた。手がほどかれた直後、グレンさんの容態がみるみる急変した。30分後、グレンさんは、まさしくドロシーさんの後を追うように息を引き取った。享年82歳。安らかな死に顔だった。

一人娘のリンさんは言う。「両親は互いに尽くし合っていて、深く愛し合っていました。死さえも二人を分かつことはなかったということでしょうね」

ドロシーさんの緩和ケアを担当していた医師の1人は、グレンさんがドロシーさんの後を追うように息を引き取ったことについて、こんなふうなことを話している。「旦那さんは奥さんといつまでも一緒にいたかった。その強い思いが二人を天に導いた。医学的にあれこれ説明するよりも、そう考えて二人の冥福を祈りたいと思います」

リンさんは、衰弱していく父を死に瀕した母の病室に運んでくれたナースたちの思いやりに心から感謝している。病院スタッフたちにとって、二人の最後を見届けたことは涙なしには語れない体験となった。

緩和ケア担当のシャロン・ベーカー医師(夫婦と同姓だが親戚ではない)は、こう話している。「その場にいた皆の心に熱いものがこみ上げてきました。愛の絆・・・それがあるからこそ、私たちはこうして日夜この仕事に取り組んでいるのです」

二人の遺体は、セントトーマスの墓地に仲良く並んで埋葬されることになっている。

リンさんは言う。「父は、どんなときも母と一緒にいたがっていました。純粋な愛、真の愛の絆で二人は結ばれていました。こうして、両親は永遠に二人一緒にいることができるのです。そう考えると、悲しいことではない気がします」

不可分な二人だったということなのだろう。ここまで深く愛し合える相手に巡り合えて、一生を共に過ごすことができる人たちは、きわめてまれにしかいないだろう。美談に水を注すような評点を付けにくい話である。次のように評点して、本稿を終えるとしよう。

ありがたみ10■■■■■■■■■■





■ Source: Loving couple 'died together'

【関連記事】


この記事の先頭に戻る
Google
WWW を検索 評点

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 愛ってやつは  [ 日々徒然雑記 ]   2006年12月05日 14:46
カナダのCNEWSサイトに病院のスタッフたちが“涙なしには語れない”と形容する話が掲載されている。60年間寄り添った夫婦が病室で手を繋いだまま、相次いで息を引き取ったという話である。二人が事故に遭ったわけでもなければ、同じ伝染病を患ったわけでもない。 [記事全文]...
先に臨終を迎えた妻と手を繋いだまま昏睡に落ちた夫、手をほどかれて間もなく臨終を迎える 【詳細記事】 自らの死刑が執行される寸前に見事な縦笛演奏で遺族の心を打ち、死を免れた少年 【詳細記事】 サンフランシスコで「
3. 私もこんな夫婦になって死にたい  [ ぺこのぐうたら日記 ]   2006年12月05日 19:00
なんでも評点:先に臨終を迎えた妻と手を繋いだまま昏睡に落ちた夫が手をほどかれた30分後に臨終を迎える ケータイの人は見れないかもしれないのでコピペはっときます オンタリオ州セントトーマスで、ごくごく平凡に暮らしてきたベーカー夫妻は、妻のドロシーさんの方...
4. 私もこんな夫婦になって死にたい  [ ぺこのぐうたら日記 ]   2006年12月05日 19:01
なんでも評点:先に臨終を迎えた妻と手を繋いだまま昏睡に落ちた夫が手をほどかれた30分後に臨終を迎える ケータイの人は見れないかもしれないのでコピペはっときます オンタリオ州セントトーマスで、ごくごく平凡に暮らしてきたベーカー夫妻は、妻のドロシーさんの方...
5. 先に臨終を迎えた妻と手を繋いだまま昏睡に落ちた夫  [ 大辞典 ]   2006年12月05日 21:49
引用です。 http://rate.livedoor.biz/archives/50­322296.html オンタリオ州セントトーマスで、ごくごく平凡に暮らしてきたベーカー夫妻は、妻のドロシーさんの方が夫のグレンさんより6つ年上だった。妻がどこかへ行くときには必ず夫が付いて来る――そんな夫婦だ.....
6. 先に臨終を迎えた妻と手を繋いだまま昏睡に落ちた夫  [ 大辞典 ]   2006年12月05日 21:51
オンタリオ州セントトーマスで、ごくごく平凡に暮らしてきたベーカー夫妻は、妻のドロシーさんの方が夫のグレンさんより6つ年上だった。妻がどこかへ行くときには必ず夫が付いて来る――そんな夫婦だった。いつも一緒にいる二人だった。 1946年にダンスホールで出会ったと....
7. 先に臨終を迎えた妻と手を繋いだまま昏睡に落ちた夫  [ 大辞典 ]   2006年12月05日 21:51
引用です。 http://rate.livedoor.biz/archives/50­322296.html オンタリオ州セントトーマスで、ごくごく平凡に暮らしてきたベーカー夫妻は、妻のドロシーさんの方が夫のグレンさんより6つ年上だった。妻がどこかへ行くときには必ず夫が付いて来る――そんな夫婦だ.....
8. 先に臨終を迎えた妻と手を繋いだまま昏睡に落ちた夫  [ 大辞典 ]   2006年12月05日 21:51
引用です。 http://rate.livedoor.biz/archives/50­322296.html 1946年にダンスホールで出会ったときからして、グレンさんはドロシーさんの“後を追い”続けてきた。そのときグレンさんは、ダンスホールで偶然見かけたドロシーさんに一目惚れしてしまった。ダンスに....
9. 先に臨終を迎えた妻と手を繋いだまま昏睡に落ちた夫  [ 大辞典 ]   2006年12月05日 21:53
引用です。 http://rate.livedoor.biz/archives/50­322296.html 1946年にダンスホールで出会ったときからして、グレンさんはドロシーさんの“後を追い”続けてきた。そのときグレンさんは、ダンスホールで偶然見かけたドロシーさんに一目惚れしてしまった。ダンスに....
10. 死さえも二人を分かつことなく  [ エムスクール風な何か、 ]   2006年12月05日 22:09
いつもIT系の話ばかりですので、たまには違ったお話を。 ■先に臨終を迎えた妻と手を繋いだまま昏睡に落ちた夫が手をほどかれた30分後に臨終を迎える(なんでも評点) このなんでも評点さんは、「日本では知られていない海外のニュース」をいち早く翻訳して公開しています....
11. 涙腺  [ そこはかとなくワーホリでカナダ ]   2006年12月05日 23:05
年を取ると涙腺が弱くてね・・・ とりあえず↓を読んでみてください。 http://cnews.canoe.ca/CNEWS/Canada/2006/12/01/2575924-sun.html(英語です) 日本語がいい人はこちら http://rate.livedoor.biz/archives/50322296.html これを読んだとき思わず席を立って...
12. 死も分かてない愛  [ nowad@ys ]   2006年12月06日 17:11
なんでも評点:先に臨終を迎えた妻と手を繋いだまま昏睡に落ちた夫が手をほどかれた30分後に臨終を迎える ソースはこちら。 http://cnews.canoe.ca/CNEWS/Canada/2006/12/01/2575924-sun.html 気になるタイトルだったから記事を読み、号泣(´;ω;`) 筆舌に尽くしが....
13. 【痛いニュース+】先に臨終を迎えた妻と手を繋いだまま昏睡に落ち...  [ (´∀`)な生活を目指す日々。 ]   2006年12月06日 21:16
ソース元livedoorブログなんでも評点現行スレ【痛いニュース+】先に臨終を迎えた妻と手を繋いだまま昏睡に落ちた夫が手をほどかれた30分後に臨終を迎えるhttp://news18.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1165161881/1名前:◆HEN/WWheCs@変態仮面φ★[oinarisanda@hotmail....
14. 静かなる美しい光  [ アシタ晴れるからE屋 ]   2006年12月15日 01:42
まずは、これを読んでみてください ↓↓ 先に臨終を迎えた妻と手を繋いだまま昏睡に落ちた夫が手をほどかれた30分後に臨終を迎える (なんでも評点さん) 心に染み渡る話や・・・ ホントなんていうか・・羨まし
15. 死さえも二人を分かつことはなく  [ TANGERINE ]   2007年01月07日 16:25
カナダのCNEWSサイトに病院のスタッフたちが“涙なしには語れない”と形容する話が掲載されている。60年間寄り添った夫婦が病室で手を繋いだまま、相次いで息を引き取ったという話である。二人が事故に遭ったわけでもなければ、同じ伝染病を患ったわけでもない。オンタリ...
16. 昨日の車椅子の記事みつけたとこで…  [ 阿部自由帳 ]   2007年06月15日 13:29
今度は泣けるお話を発見しました。 http://rate.livedoor.biz/archives/50322296.html グレンさん本当に奥さんの事愛してたんでしょうね。 病院側の計らいもあってこそ、この感動は生まれたのではないかと。 ここの記事は関連記事というか自分が読んだ記事と似たようなジ...

この記事へのコメント

1. Posted by ・   2006年12月03日 22:50
ウワァァァン・゚・(ノД`)・゚・
2. Posted by #   2006年12月04日 02:00
5 ( ;ω;)ブワッ
3. Posted by ;   2006年12月04日 04:51
5 「死さえも二人を分かつことはなかった」
泣いた。
4. Posted by うぅっ…   2006年12月04日 05:27
5 (/_;)/~~
5. Posted by ミヤ   2006年12月04日 08:07
4 感動した…あたしも運命の人に出会えるといいなぁ
6. Posted by もせ   2006年12月04日 17:39
5 (´;ω;`)感動したよ
7. Posted by vip   2006年12月04日 17:58
青い月見つめ 静かに手を伸ばし 触れたい
あなたを探しいつまでも
懐かしい風に 愛しさ 縛られつづけても
あなたに向かい走り出す
ああ いつもいつも
待ちつづける あなたのそばで
永遠の誓い あの空に届け
8. Posted by k   2006年12月07日 21:44
・゚・(つД`)・゚・
9. Posted by    2006年12月08日 16:18
5 ・゚・(ノД`)・゚・
10. Posted by a   2006年12月09日 16:41
(´;ω;`)いつまでも 仲良くね
11. Posted by ・   2006年12月10日 12:10
5 来世でも連れ添えたらいいね
(´;ω;`)
12. Posted by ・   2006年12月10日 15:35
「死さえも二人を分かつことはなかった」
愛し合いすぎだろう……常識的に考えて……
(´;ω;`)
13. Posted by 3   2006年12月12日 00:30
天国でも仲良くね
うわぁああいいなぁこの話…
「赤い糸で繋がれた運命の人」なんだろうなぁ
14. Posted by ,   2006年12月20日 19:35
映画アンドリューみたいだな
15. Posted by うが   2007年02月18日 06:04
すてきなニュースを紹介してくれてありがとうございました。
16. Posted by リチャード   2007年03月16日 12:42
とても感動したので引用させていただきました。
17. Posted by あ   2007年06月01日 17:16
ストーカーのしつこい求婚に根負けした大人しいドローシーさん・・・一人になりたくて、旅行しようにも、ストーカーがいつも同行する
心労から、遂に病気になるも、これでやっと一人になれる・・・

はずだったのに・・・
18. Posted by     2007年10月26日 12:55
↑おいw
19. Posted by r   2008年04月13日 09:57
涙があふれてきた・・・
20. Posted by you can try here   2014年05月09日 17:57
masterbuilt electric smoker recipes なんでも評点:先に臨終を迎えた妻と手を繋いだまま昏睡に落ちた夫が手をほどかれた30分後に臨終を迎える
21. Posted by over at this website   2014年05月09日 22:27
e-hookah なんでも評点:先に臨終を迎えた妻と手を繋いだまま昏睡に落ちた夫が手をほどかれた30分後に臨終を迎える
over at this website http://ifc.com.jo/quality-of-the-volcano-ecigs-matters.asp
22. Posted by view site??view website   2014年05月10日 14:32
e cigs safe なんでも評点:先に臨終を迎えた妻と手を繋いだまま昏睡に落ちた夫が手をほどかれた30分後に臨終を迎える
23. Posted by our source   2014年05月10日 15:21
what is a hookah pen なんでも評点:先に臨終を迎えた妻と手を繋いだまま昏睡に落ちた夫が手をほどかれた30分後に臨終を迎える
24. Posted by click the up coming webpage   2014年05月11日 04:26
smooth e-hookah なんでも評点:先に臨終を迎えた妻と手を繋いだまま昏睡に落ちた夫が手をほどかれた30分後に臨終を迎える
25. Posted by find out this here   2014年05月11日 05:36
wicked e liquid なんでも評点:先に臨終を迎えた妻と手を繋いだまま昏睡に落ちた夫が手をほどかれた30分後に臨終を迎える
26. Posted by learn here   2014年05月11日 06:09
e-shisha pen なんでも評点:先に臨終を迎えた妻と手を繋いだまま昏睡に落ちた夫が手をほどかれた30分後に臨終を迎える
27. Posted by mouse click the next site   2014年05月11日 10:57
ecigarette brands なんでも評点:先に臨終を迎えた妻と手を繋いだまま昏睡に落ちた夫が手をほどかれた30分後に臨終を迎える
28. Posted by Click To See More   2014年05月11日 20:27
herbal vaporizer なんでも評点:先に臨終を迎えた妻と手を繋いだまま昏睡に落ちた夫が手をほどかれた30分後に臨終を迎える
29. Posted by websites   2014年05月12日 06:46
hookah pen amazon なんでも評点:先に臨終を迎えた妻と手を繋いだまま昏睡に落ちた夫が手をほどかれた30分後に臨終を迎える

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔