2006年10月26日

体重272キロの男性の過度の体脂肪が原因で火葬場から出火


健康維持やシェイプアップやメタボリック・シンドローム対策のために、体脂肪を燃焼させようと努力している人は多い。筆者もだいたい1日に1時間から1時間半ほど有酸素運動に勤しんでいる(筋力トレーニングも交えながら)。ただ、無理に運動などしなくても、体脂肪は最後には燃えてしまう。
ここで“最後”というのは、われわれの人生が終わったときである。むろん、体脂肪が“燃焼”するためには、火葬してもらうことが前提となる。有酸素運動で体脂肪を“燃焼”させる(エネルギーとして代謝させる)場合とは異なり、われわれの体脂肪がまさに炎となって燃焼する時が訪れる。

普通体の人や、さほど肥満していない人なら、火葬炉の中で燃える体脂肪の量も知れている。生前はあれほど燃やすのに苦労した体脂肪が、あっという間に燃えてしまうはずだ。たが、体重の半分以上を脂肪が占めるような過度の肥満体(たとえば、体重150キロで体脂肪率が50パーセントとか)の場合は、ちょっと事情が異なるらしい。

健康のために体脂肪率を抑えることは実際にとても重要で、体脂肪率が高すぎる人は心臓疾患やその他の成人病で早い死を迎えることが多い。もっとも、糖尿病などの慢性疾患から死に至る場合は、かつてのふくよかな面影がまったく認められないまでに痩せ衰えたり、脂肪の代わりに腹水で腹がぱんぱんに膨らんだりした状態で死んでいくのが普通である。

だが、極度に肥満した人が心臓発作や事故で突然亡くなって火葬される場合は、数十キロとか100キロ以上とかの大量の脂肪が火葬炉の中に投入されることになる。

前置きが長くなったが、10月24日のこと、米国ユタ州ソルトレーク・シティーの葬儀場で体重272キロの男性を火葬している最中に火災が発生した。火葬場が火事になるなんて、ミイラ取りがミイラになる話のようにも聞こえるが、火葬炉の処理能力をはるかに上回る量の体脂肪が原因だった。

体重が272キロもあれば、おそらく体脂肪の量は150キロをゆうに超えていたのではないかと思われる(厳密には人体の6割は水分なので、体脂肪組織の重さというべきかもしれないが)。われわれの体脂肪は通常時は半固体の状態で脂肪組織に蓄えられているが、本件では、火葬炉の熱により液状の油脂となって火葬炉の外に流れ出し、そこで火が点いた。

ソルトレーク・シティー消防署に通報があり、消防隊が現場に出動した。消防隊到着時には、既に従業員が消火器でほぼ鎮火した後だった。

専門家によると、遺体が極めて大柄で(極度に肥満していて)、火葬中の燃焼温度が異常に高くなると、このような火災が発生することがあるという。

ソルトレーク・シティー消防署のスポークスマン、スコット・フライターク氏はこう述べている。「溶け出した液体(液化した体脂肪)は、非常に可燃性が高く、油脂に引火した場合と同じような火災に至る可能性があります。当消防署管内でこのような火災が発生したのは随分久しぶりのことですが、大柄な遺体の場合に過度の煙や炎が発生することは決して珍しくありません」

火災が発生した火葬炉は外部から隔離されており、独自の廃液系統を備えているので、液化した体脂肪が流れ出しても下水道や上水道に流入する危険はないとのこと。

火葬場の従業員は怪我や火傷を負っていない。体重272キロの遺体も火災鎮火後、正常に遺骨と遺灰になったという。

体脂肪は燃えるものなのだということを改めて認識させてくれる話である。健康なうちに運動エネルギーとして燃やすか、死んだ後で炎として燃えるに任せるかという二者択一の選択肢ではない。いずれ人生の終わりを迎えて火葬されるときは、程度の差こそあれ、後者の燃え方をする。

ただ、過度の体脂肪が残ったまま最後を迎えると、この世に思わぬ置き土産をしてしまうことがあるということか。ま、やせ衰えて死のうが、体脂肪が過度に付いたまま死のうが、人生が“はかない”ことに違いはない。妙な評点の付け方で終わっておくとしよう。

はかなさ9■■■■■■■■■□





■ Sources:


【関連記事】


この記事の先頭に戻る
Google
WWW を検索 評点

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 大量の体脂肪が原因で火葬場から出火  [ 風風書堂‐ニュースログ‐ ]   2006年10月29日 01:37
 10月24日のこと、米国ユタ州ソルトレーク・シティーの葬儀場で体重272キロの男性を火葬している最中に火災が発生した。火葬場が火事になるなんて、ミイラ取りがミイラになる話のようにも聞こえるが、火葬炉の処理能力むŜ )
2. 燃焼系  [ akira racing mo's kart blog ]   2006年11月03日 21:45
燃焼系とはよく言ったもので、 ホントに燃えるのですね、体脂肪。 体内で、エネルギ...
3. 体脂肪率からカロリー計算  [ 体脂肪率 体脂肪を燃焼させて減らす ]   2007年01月21日 14:00
体脂肪率から消費するカロリーを計算すると、体重が50kgの場合、体脂肪率30%の場合、体脂肪15kgに相当します。

この記事へのコメント

1. Posted by ネルオフ   2006年10月26日 18:00
体脂肪って焼いたら溶けるんだ・・・。
2. Posted by     2006年10月27日 01:11
>当消防署管内でこのような火災が発生したのは随分久しぶりのことですが

これって、同じような事件がそれなりの数起こっているということだよな。
火葬の国日本じゃ聞いたことがないのだが―――さすが肥満の国アメリカ、ということか。
3. Posted by    2006年10月28日 02:12
そんなになるまで太りたくないなぁ。
4. Posted by もと   2006年10月31日 04:30
5 日本の葬儀屋さんも、これからは気をつけないと。
なんせ団塊の世代がこれから続々と。
団塊の世代は良い暮らしをし過ぎて太っている人多いし。
5. Posted by     2006年11月04日 14:25
リアル董卓ですね…
6. Posted by あ   2016年04月03日 11:23
すげええええええwwwww
7. Posted by 名無し   2016年04月03日 11:24
大変でしたね....

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔