2006年05月17日

毎晩遅くまで美女をこつこつ蒐集するのが長生きの秘訣という94歳の老人


中華日報の英語版Webサイトchinadaily.comが伝えるところによると、美女の写真を収集することで長寿を保っている老人が台湾にいる。94歳のファン老人(例によってソースが英語なので漢字名は不明)は、20年前から新聞や雑誌で美女の写真を見つけては切り取ってスクラップしている。
ファン老人は言う。「新聞や雑誌から収集した美人の写真は、これまでで10万枚を超えました。毎日写真を眺めて暮らしています。おかげで、視力も聴力も衰えていません」

ファン老人が特にお気に入りなのは、台湾出身のモデル林志玲、ハリウッド女優のキャメロン・ディアス、ペネロペ・クルスらの写真。

息子さんによると、ファン老人は夜遅くまで写真のスクラップ作業に熱中している日が多い。オスカー賞などの授賞式の期間中は、朝方まで没頭していることもある。それでも、楽しくて仕方がない様子だという。

「美女の写真のスクラックブックが家宝として我が家に受け継がれ、孫たちにも鑑賞される日が来ることを願っています」とファン老人。

ファン老人は、若いころレストランのシェフをしていたが、そのうちかなりの年数を日本で過ごした。日本で過ごしていたころから美女が登場する雑誌、ポスター、カレンダーのコレクションを始めたという。

それにしても、紙ベースの媒体から写真をこつこつ切り抜いてスクラップするなんて、インターネットを常用している我々からすれば、ノスタルジックな話ではないか。特にお気に入りという林志玲、キャメロン・ディアス、ペネロペ・クルスの写真だって、googleでイメージ検索すれば無数にヒットする。写真10万枚をスクラップブックに収めているというのは凄い数字だが、ネットを使えば1ヶ月で10万枚だって可能かもしれない。

だが、ファン老人がスクラップブック作りを始めたのは20年前のこと。その当時は、雑誌や新聞から切り抜く以外に美女の写真を集める方法はなかっただろう。しかも、考えてみれば20年前や15年前の時点で美の頂点にいた美女たちの写真だって蒐集されているわけだ。意外と、ファン老人のスクラップブックには値打ちのある写真が含まれているかもしれない。

それに、オンラインで簡単に収集できてしまうと、“ありがたみ”が薄れるものである。ファン老人は、“こっちの世界”を知らずにいた方が幸せだといえるかもしれない。手間がかかる方が“ありがたみ”が増すというものである。

ありがたみ8■■■■■■■■□□


下記ソースには、開かれたスクラックブックと一緒にファン老人が映っている写真がある。余談だが、ソースのchinadaily.comでは、台湾を“China's Taiwan Province”と表現している。




■ Source: http://www.chinadaily.com.cn/china/
2006-05/16/content_591472.htm


【関連記事】


この記事の先頭に戻る
Google
WWW を検索 評点

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 詐欺   2006年05月17日 19:31
1 おばあちゃんが美男子を集めてて~って無いのかなぁ?有ったら見せてもらいたい…
2. Posted by click here to find out more   2014年05月11日 02:12
totally wicked e-liquid なんでも評点:毎晩遅くまで美女をこつこつ蒐集するのが長生きの秘訣という94歳の老人

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔