2006年03月04日

ひ弱な息子を守るために空手を習得した母がその威力を見せ付けた


ロシアの女性菓子職人バルンティナさん(50歳)は、愛する息子を守るために空手道場に通い始めた。息子ダニラさんは、幼いときから引っ込み思案な性格だった。外に出かけるたびに、同年代のいじめっ子たちの襲撃を受けていた。
あまりにいじめがひどいので、家を引っ越したことさえある。だが、ダニラさんを取り巻く状況に改善は見られなかった。

あるとき、ダニラさんがゴミを捨てるために外に出たきり、なかなか帰って来なかったことがあった。周囲が暗くなり始めても戻らなかったので、バルンティナさんが外に見に行くと、屈強そうな若者がひ弱な息子に一方的な攻撃を加えていた。ほかに少年や少女が何人もいて、げらげら笑いながら見物していた。

バルンティナさんは、それを見てもう黙っているわけには行かないと思った。息子を守るために空手を習おうと決心した。

バルンティナさんは、地元の空手道場に足繁く通い始めた。練習にはダニラさんも付いてくる。だが、彼は怖がって空手を習おうとしない。母が練習しているのを見学しているだけである。

そして、めきめき上達していったバルンティナさんが、いじめっ子たちに空手の威力を見せ付ける日がきた。彼らのうち1人を見事に空手で撃退したのである。

それ以来、いじめっ子たちはダニラさんに手出ししなくなった。しかも、バルンティナさんにノックアウトされた若者は、今では彼女の“パシリ”になっている。菓子材料が入った重い袋を運ぶときは、その若者が手伝いに来るのである。

まさに“母は強し”である。だが、かなり心配な点がある。あえて伏せておいたがダニラさんの年齢は、情けなくも22歳。過保護な母、自立できない息子という構図がぴったり当てはまるかもしれない。

たしかにバルンティナさんは“けなげ”な母だが、大幅に差し引いて評点しておこう。

けなげさ6■■■■■■□□□□





■ Source: http://www.mosnews.com/news/2006/03/03/mother
karate.shtml


【関連記事】


この記事の先頭に戻る
Google
WWW を検索 評点

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 母は強し(ちょっと難あり)  [ 【札幌発】育児・子育て・健康ファン ]   2006年03月05日 21:59
ひ弱な息子を守るために空手を習得した母がその威力を見せ付けた (なんでも評点) ロシアの話。 ひ弱な息子→いじめられる→母見かねる→母、空手を習っていじめっこを撃退する→しかし息子は22才…。 自分...
http://rate.livedoor.biz/archives/50194606.html (俺的ニュースの盛りwよ...
http://rate.livedoor.biz/archives/501946...

この記事へのコメント

1. Posted by informative post   2014年05月12日 07:35
ecigarette brands なんでも評点:ひ弱な息子を守るために空手を習得した母がその威力を見せ付けた

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔