なんでも評点:親たちと同じ言語を話さず、二人だけの独自の言語で意思疎通する双子兄弟

2006年03月04日

親たちと同じ言語を話さず、二人だけの独自の言語で意思疎通する双子兄弟


英国ウェストヨークシャー州クレックヒートンのライアン家には、リュークちゃんとジャックちゃんの双子の兄弟がいる。彼らは4歳になるが、二人の間でしか通じない言葉を話している。大人たちに話しかけられた英語の意味は普通の4歳児並に理解できるようなのだが、彼らの口からは英語が発せられない。

母ヘイリーさん(25歳)は、このまま正しい英語が話せなければ、学校に上がったときに困るのではないかと心配している。彼女には、二人が話していることが何となくわかることもあるが、理解できないことも多い。

リューク&ジャック兄弟は、とても言葉とは聞こえないような音声を発しながら、互いに正確に意思伝達をしている。

ヘイリーさんは言う。「二人が新しい遊びを始めるときは、ちゃんと何をしたいのかがお互い伝わっているみたいです。だけど、傍から見ていると、なんで意思伝達ができるのか、わけがわかりません」

「リュークとジャックが互いに理解できるのは、簡単な言葉のようなものを二人で作り上げたからです。二人は自分たちが話しているのが正しい言葉であって、私たちが話しているのは間違った言葉だと思っているのでしょう」

リューク&ジャック兄弟は、5週間の早産で生まれた。普通なら、4歳にもなれば、主語と述語のある正しいセンテンスを喋ることができているはずなのだが、自分たちだけに通じる言葉しか話そうとしない。

母ヘイリーさんと父リチャードさん(30歳)は、兄弟に絵本を読んで聞かせたり、言葉遊びを教えようとしてきた。だが、今のところ何の効果もない。、

保健視察員が家にやってきたときにアドバイスを受け、兄弟を特別な教室に行かせたこともあるが、正しい言葉を覚えさせるのは無理だった。

ヘイリーさんは、双子(おそらく一卵性双生児)として生まれた二人の間には、本当に強い絆のようなものがあるからこそ、二人の間だけで通じる言葉が出来上がったのだろうと考えている。(わが子のことを客観的に分析できる女性のようだ)。

「でも、現実問題、二人が正しい言葉を話せるようにならないと、今後の二人の人生に支障が生じます」とヘイリーさんは言う。

双子、特に未熟児として生まれた双子は、言語の発達に問題が生じがちなことが知られている。オランダで行われた研究によると、5組に2組の双子は、不完全かつ独自の語彙と文法を持つ言語(イディオグロシア:idioglossia)を発達させる時期があるという。

その究極例として、米国カリフォルニア州のグレイス&バージニア・ケネディ姉妹のケースが知られている。この双子姉妹は、6歳になっても独自の言語を使い続けていた。

だが、Multiple Births Foundation(多子出産財団)のジェーン・デントンさんによると、4歳の双子が独自の言語を話し続けていることでさえ、かなり珍しいという。「ほとんどの場合は、大人と会話する機会が増えるにつれて独自の言葉を使わなくなり、小学校に通い出すころには普通の言葉だけを話すようになります」

リューク&ジャック兄弟の間では、たとえば次のような会話が交わされる。

  • ジャックちゃん:"Ooh bah, dooh bar money bog cha."
  • リュークちゃん:"Bancing boo dah bar shah chin dubby yah."


周囲のネイティブスピーカーにも意味不明なのだから、日本語への翻訳は不能である。だが、リューク&ジャック兄弟が話す単語の中には、以下のように初めて聞く人でも意味を推測できるものもある。

  • nite [ナイト] = Nice(ナイス)
  • chewcha [チュウチャ] = Tuna(ツナ)
  • t-ha [ティーハ] = T-shirt(Tシャツ)
  • tair [テア] = Chair(椅子)
  • teddy [テディ] = Telly(テレビ)
  • money [マニー] = Mummy(ママ)
  • tee [ティー] = Cheese(チーズ)
  • hup [ハップ] = Cup(カップ)
  • dida Pat [ディダ・パット] = Postman Pat(郵便配達のパットさん)
  • wawa [ワワ] = Grandad(おじいちゃん)


これらは、単なる幼児語のようにも思える。大人たちが話している言葉と全く無関係に独自の言語を発達させたわけではなさそうだ。

やがてこの二人は普通の英語を話すようになると思いたいのだが、ご両親はさぞかし心配だろう。あの手この手で普通の言葉を喋らせようとしているが、今のところ効果がないわけである。心配であり、なおかつ歯がゆい思いをしておられるのではないかと想像する。

歯がゆさ8■■■■■■■■□□


ママのことをmoneyと呼ぶのが奇妙である。将来、普通の英語を話すようになり、やがて成長してお金を使ったり稼いだりする年齢になったら、お金にさぞかし深い愛着を示すかもしれない。




■ Sources:


【関連記事】


この記事の先頭に戻る

Google
WWW を検索 評点




トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by yumi   2006年10月17日 23:59
推測ですけど、お腹にいた間に外界の音声を聞き取って学習していたんじゃないでしょうか?羊水に入っているのでちょうど水の中にもぐった状態で水面から聞こえる音が、その後双子の共通言語になったとか、二人で同じ会話を聞き続けていたとしたら(父母の会話とか)発音も同じように聞き違えていても不思議じゃありません。
2. Posted by 。   2009年08月10日 14:38
森岡浩之の『ズーク』を思い出した
3. Posted by    2010年08月27日 07:11
子音+母音+子音の1音節の単語が多いから中国語みたいだ
4. Posted by news   2014年05月10日 02:33
e cigarette juice なんでも評点:親たちと同じ言語を話さず、二人だけの独自の言語で意思疎通する双子兄弟
news http://zsienergy.com/e-liquid/quality-of-the-hookah-pen-tricks-matters.html
5. Posted by check out this site   2014年05月10日 16:14
e cigarette starter kit なんでも評点:親たちと同じ言語を話さず、二人だけの独自の言語で意思疎通する双子兄弟
6. Posted by click web page   2014年05月11日 02:36
mister e liquid なんでも評点:親たちと同じ言語を話さず、二人だけの独自の言語で意思疎通する双子兄弟
7. Posted by simply click the following site   2014年05月11日 18:03
electronic cigarette forum なんでも評点:親たちと同じ言語を話さず、二人だけの独自の言語で意思疎通する双子兄弟
simply click the following site http://teddilynskennel.se/images/quality-of-the-volcano-e-cigs-matters.asp
8. Posted by Recommended Reading   2014年05月11日 23:12
e-liquid usa なんでも評点:親たちと同じ言語を話さず、二人だけの独自の言語で意思疎通する双子兄弟

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
◎-->