なんでも評点:女性美容師が女性客のニップルにキスして美顔術?

2006年01月04日

女性美容師が女性客のニップルにキスして美顔術?


英国ノッティンガムの美容室で働いているサリーアン・コックスという女性美容師が女性客から訴えられている。その30代の女性客は、誕生日に夫から美顔術の費用をプレゼントされ、その美容室を訪れた。
女性客の訴えによると、彼女はいきなり小さなタオルを渡され、服を脱ぐように促された。美顔術なのにおかしいと思いつつ、言われるままにTシャツを脱いだ。ブラは外さずに、小さなタオルで上半身を覆った。

女性客は、こう述べている。「仰向けに横たわりました。美容師は私の頭の方に立ちました。私の顔にコットンのタオルを乗せ、ブラシでメーキャップを落としました。その後、鎖骨のあたりをマッサージしてきました。そして、美容師の手が徐々に下の方に移動し、ブラの中に入りました」

女性客によると、コックス被告は次のようなことを言った。「普通は、この処置は美顔術に含まれていませんよ。でも、あなたには必要な処置です。心を落ち着かせる必要があるから」

そう言いながらコックス被告は両手をブラの下に滑り込ませてきたという。女性客は、こう付け加えている。「バストの上で美容師の手が動いていました。ニップルにも触れてきました。そして、左側のニップルに、いきなりキスをしてきたのです。その瞬間、私は飛び上がり、美容師を振りほどきました」

そのとき、ブラは既に外れていたはずだと女性客は話している。コックス被告は、その場で、こんなふうに口走ったという。「ホルモンのめぐりが悪いということにしておきましょう」

女性客は、ただちに夫に電話をかけ、美容師に変なことをされたと告げた。

コックス被告(47歳)は警察の聴取を受けたとき、「私は異性愛者です」と言い切り、自分は何も変なことをしていないと容疑を否定した。まだ判決は出ていない。

ま、どういう動機や目的でコックス被告が被害者のニップルにキスをしてきたのかは、はっきりとわからない。そうすることで本当に美顔効果が高まると信じていた可能性も完全には否定できないが、ま、自分の中の欲求と衝動に突き動かされたと見るのが妥当な線だろうか。

独りよがりな妄想を抱いていた可能性が濃厚である。相手も喜んでくれると信じていたのだろう。

独りよがり指数8■■■■■■■■□□


「ホルモンのめぐり」云々のセリフは、女性客の方を指した言葉なのか、それとも自分がそんな行為に出たことに対する弁解だったのか、はっきりしない。




■ Source: The Sun Online - Facial girl kissed my...

【関連記事】


この記事の先頭に戻る

Google
WWW を検索 評点




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
◎-->