なんでも評点:生後9週間の赤ちゃんが突然死したのは1歳4ヶ月の兄が窒息させたせいなのか?

2005年12月04日

生後9週間の赤ちゃんが突然死したのは1歳4ヶ月の兄が窒息させたせいなのか?


英国東北部のストックトンオンティーズ(Stockton-on-Tees)市で、睡眠中に死亡した赤ちゃんの死因審問が行われた。死亡したのは、ジョン・モーガンさん(22歳)とドナ・アリソンさん(21歳)のカップルの間に4番目の子供として生まれたルイスちゃん。生後わずか9週間でこの世を去ってしまった。

このカップルの間にはルイスちゃんのほかに、ゾー、デミ、ジョシュアの3人の子供がいる。ジョシュアちゃんは1歳4ヶ月(ルイスちゃんが亡くなった当時)。

父親のモーガンさんは、その日、ルイスちゃんに寄り添いながらソファの上で眠っていた。朝方、ふと気がつくと、ジョシュアちゃんがルイスちゃんの側で眠っていた。そして、ルイスちゃんは呼吸を停止していた。

モーガンさんは警察にこう話した。「ジョシュアの左腕がルイスの顔の上に乗っていました」

モーガンさんとアリソンさんのカップルが生後間もない子供を失うのは、今回が2回目。2000年にも乳幼児突然死で子供を亡くしているのである。警察は、2000年のケースも今回のケースも、事件性を疑わせる要素はまったくないとしている。

審問には病理学者のクリストファー・ライト博士が呼ばれ、所見を次のように述べた。

  • ルイスちゃんの死因は、乳幼児突然死症候群(SIDS:Sudden Infant Death Syndrome)によるものか、当時1歳4ヶ月の兄ジョシュアちゃんが窒息させたかのどちらかである。

  • ジョシュアちゃんの腕がルイスちゃんの顔を覆ったことで、ルイスちゃんの呼吸が妨げられた可能性を否定することはできない。


死因審問の後、母親のアリソンさんは兄のジョシュアちゃんのことを聞かれて、こう話した。「彼がこれから先、心の支えを必要とするようになることがあったら、彼を精一杯支えてあげたいと思います」

元記事には、ルイスちゃんが亡くなった日時が明記されていないのだが、仮に半年ほど前のこととすると、ジョシュアちゃんは現在2歳前後。まだ、物心がつく年齢ではなさそうだ。まさか、弟を死に至らしめた“容疑”が自分にかけられているなんてことは理解もできないだろう。

だが、こうして実名入りで報道されてしまっている。自分に疑いがかけられたことが記録として残っている。

自分が1歳4ヶ月のときに生まれて間もない弟が死んだという事実は、いずれジョシュアちゃんが知るところとなるだろう。年上の兄弟もいるし、両親がそれを隠すことは難しい。だが、こんな“容疑”がかかったことは、絶対に両親の口から漏らされることはないはず。

母親が「これから先、心の支えを必要とするようになることがあったら」と考えている中には、たとえば10年後、15年後くらいに偶然、ジョシュアちゃんが過去の記録を目にするというシナリオも含まれているだろう。あるいは、周りの者が彼に余計なことをささやくかもしれない。

両親は、これから先、薄氷を踏む思いでジョシュアちゃんの成長を見守っていくことになるのかもしれない。彼が自分にかかった“容疑”を知るかどうかは、とりわけインターネットなど、電子媒体で過去の情報に簡単にアクセスできる現代においては紙一重である。

紙一重指数9■■■■■■■■■□


最後に、当ブログでしばしば参照させていただいている『メルクマニュアル家庭版』の「乳児突然死症候群」の項から、参考になる情報を一部抜粋しておこう。

乳児突然死症候群(SIDS)とは、健康だと思われていた乳児が睡眠中に予期せず突然死亡することです。

SIDSは非常にまれですが、生後2週間から1年の乳児の死亡原因として最もよくみられるものです。月齢2〜4カ月の乳児に最も多く起こります。この症候群は世界的にみられます。

絶対ではないですが、子供を硬いマットレスにあお向けに寝かせると多くの場合は防げます。SIDSによる死亡数は、子供をあお向けに寝かせる親が増えてから減少しています。まくら、べビーベッドの安全パッド、おもちゃなど、乳児の呼吸を妨げるおそれがあるものも置かないようにすべきです。乳児が高体温にならないように防ぐことも効果がある場合がありますが、これは実証されていません。タバコの煙で子供の呼吸が妨げられないようにすることは、予防効果がある上、そのほかの面でも健康に良いことです。




■ Source: The Sun Online - Tot in baby smother shock
(ジョシュアちゃんが在りし日のルイスちゃんと一緒に映っている写真あり)

【関連記事】


この記事の先頭に戻る

Google
WWW を検索 評点




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
◎-->